ウーバー イーツ 小牧。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文方法とお届けまでの流れ【2020年保存版】

Uber Eats(ウーバーイーツ)を専業でやるのはお勧めしない話。|cocoの日常

ウーバー イーツ 小牧

ウーバーイーツとは?【意味・仕組みを図解で説明】 ウーバーイーツとは新時代の料理のデリバリーサービスです。 ウーバーイーツの全体の仕組み解説図 この図のようにスマホアプリやWebから注文するとレストランと配達する人がマッチングされ効率良く料理が届けられる仕組みです。 1品からでも気軽に注文可能でカード払いなら受け取りも一瞬です。 スマホの普及により実現した最先端のマッチングサービスと言えると思います。 さらに詳細な配達側の細かい仕組みについてはこちら。 運営会社のウーバーは配車サービスで有名 ウーバーイーツの大元の運営会社ウーバー・テクノロジーズは配車サービスで有名なアメリカ企業です。 ウーバイーツと同様にITとGPSを駆使して「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせ、タクシーに代わる移動手段を提供するのがメイン事業です。 ウーバーイーツの日本での展開 日本でのウーバーイーツは2016年に東京で開始されました。 現在は東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・埼玉・千葉をはじめ全国的に展開されています。 地域の名店のレストランからマクドナルド・ケンタッキー・大戸屋などのチェーン店まで幅広く連携しています。 今では日本でもとても身近なフードデリバリーサービスになっていると感じます。 ウーバーイーツのメリットとデメリット【3つの視点から解説】 僕の考えで3つの視点から整理してみました。 注文する人 注文する人のメリット ・1品から気軽に注文できる(最低注文金額なし) ・仕事・育児で忙しい時や、寝起きのベッドの上からもスマホで簡単に注文可能 ・受取りは一瞬、身支度する必要がない(カード払いの時) ・玄関先やオフィスまで来てくれるので、他の作業をしながら待っていれば時間を有効活用できる 注文する人のデメリット ・時間保証や超速スピードを期待している人は満足できない可能性がある ・台風や大雨などの悪天候の日に配達する人が少ないと時間がかかる、もしくは頼めない このようにウーバーイーツは食事を買いに行く手間より優先すべきことがある人、忙しい現代人に便利な最新テクノロジーだと思います。 配達パートナー 配達する人のメリット ・配達する時間・場所を自分で自由に調整できる ・副業としても最適 ・週単位ですぐに報酬を手に入れられる ・上司がいるわけでもないので人間関係で悩むことが少ない ・適度な運動になり痩せる ・好きな自転車(原付バイク)を使える 配達する人のデメリット ・報酬が保証されているわけではない ・天候に左右されやすい ・交通事故にあった際は自己責任(配達中の補償は存在) このようにウーバーイーツの配達パートナーは副業時代の新しい働き方の象徴と言えると思います。 レストラン レストランのメリット ・簡単な手続きと少ない初期投資でデリバリーを始めることができる ・配達用のスタッフやバイクなどを用意する必要がない ・注文数が増えて儲けが上がる可能性がある ・都合が悪い時は一時停止もできる レストランのデメリット ・悪天候などで配達する人が少なかった場合に注文を受けられないことがあり得る ・長距離配達での時間保証やスピード勝負タイムチャレンジを売りにしたい商品とは合わない可能性がある (自社配達と上手く併用しているレストランは存在します) このようにレストランとして加盟するのは配達パートナーが増えてきた今ではメリットが増えていると思います。 あのスターバックス・吉野家・ピザハットも参入しています。 レストランの運営についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 ウーバーイーツとは何か理解した後に使いこなす方法【3つの手順で解説】 注文する 注文の手順はシンプルです。 スマホアプリでクリックしていくだけです。 こちらの記事で注文する方法をまとめてあります。 どんな料理があるかを知る どんな料理があるかはアプリやwebで眺められます。 すごくたくさんのレストランがあるので、見ているだけでも楽しいです。 僕のおすすめレストランをこちらの記事にまとめています。 予算や場所に合わせて使い分ける 注文に慣れてきたら、予算に応じて4段階で料理を探すのもおすすめです。 奮発して豪華な料理を食べたい時などに料金別フィルターは便利です。 また手数料は距離などによる変動制なので、今いる場所に合わせてお得なレストランを探せます。 アプリのダウンロード.

次の

ウーバーイーツ エリア地域|UberEats配達エリア範囲拡大

ウーバー イーツ 小牧

CHAPTER(チャプター)• UberEatsのアカウント登録 UberEatsユーザー UberEats配達パートナー ウーバーイーツで料理を注文したい人 ウーバーイーツで配達をしたい人 まだ「UberEats」で注文したことがない初回注文者限定 UberEatsレストランパートナー 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用したい人は、「ユーザー登録」か「配達パートナー登録」が必須になります。 これから、サービスを利用したい側で、まずは「アカウント登録」をしてください。 ウーバーイーツ注文方法|UberEatsネット注文方法・商品頼み方・配達エリア 「UberEats(ウーバーイーツ)」は、「行列のできる有名店」から「ファーストフード店」までの「料理」や「飲み物」などを、「UberEats(ウーバーイーツ)の注文アプリ」を使って、出前注文できる「Delivery food services(デリバリー・フード・サービス)」になります。 ウーバーイーツ注文方法・頼み方|UberEatsとは もともと「UberEats(ウーバーイーツ)」は、米国(アメリカ)の「自動車プラットフォーム企業」である「ウーバー・テクノロジーズ」が開発した「自動車配車アプリケーション」から分離する形で誕生した「注文アプリケーション」を使った、オンラインの出前サービスとして誕生しました。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の特徴としては、「GPS機能の付いたアプリケーション」を使い、「自宅」はもちろん、「オフィス」や「公園」、「ピクニック」、「花見会場」など、「UberEats(ウーバーイーツ)」のサービスエリア内であれば、外出先でも、配達を行ってくれる点です。 このように「UberEats(ウーバーイーツ)」は、長めの会議や、残業で小腹が空いた時、忙しい時の家での食事、人を呼んでのホームパーティーなどの、様々な場面で、簡単に利用できる便利なオンラインサービスとして、今、広がりを見せているのです。 また、日本では、2016年9月からサービスを開始しており、順次、サービスエリア(地域)も拡大中となっております。 シェアリングエコノミーとは 「シェアリングエコノミー」とは、「インターネット」を介して「個人と個人の間」で、使っていないモノ・場所・スキルなどを、貸し借りするサービスです。 「モノ」や「スペース」や「スキル」や「時間」など、あらゆる資産を「シェア(共有)」する「考え」や「消費スタイル」を背景に、急速に広がりを見せています。 「ウーバーイーツ(UberEats)」は、「一般社団法人シェアリングエコノミー協会」が定める「シェアリングエコノミー認証制度」において、「認証マーク」を取得しています。 「シェアリングエコノミー認証制度」とは、「シェアリングエコノミー」に基づくサービスが、「内閣官房IT総合戦略室」が「モデルガイドライン」として策定した「遵守すべき事項」に基づいており、シェアリングエコノミー協会が認定した「自主ルール」に適合していることを証明する制度です。 認証マークを付与されたサービスは、事業者自らが展開するサービスの「法的リスク」や「安全性」に関するリスクを、適切に把握し、それに対応しているほか、「トラブル」発生時に速やかな体制を、整えていることをなどを保証しています。 ウーバーイーツ UberEats ネット注文方法・商品頼み方・注文やり方 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「ネット注文方法」を解説していきます。 ウーバーイーツ UberEats ネット注文方法・頼み方 「UberEats(ウーバーイーツ)」は、「インターネットに繋がったブラウザ」や「アプリ」から「注文」を行うことが出来ます。 ウーバーイーツ UberEats 配達員の会員登録 初めて「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用する人は、まずは「WEB」から「会員登録」を行ってください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「会員登録」の方法は、以下の流れとなります。 UberEats(ウーバーイーツ)会員登録の3ステップ 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して「商品」を注文した場合の「商品の届け先」は、「自宅」と「勤務先」の住所が、「2つ」まで保存可能です。 最初に、1度、住所を登録しておけば、次回以降の注文時に、住所の入力を行う必要はありませんので、よく利用しそうな住所は、全て登録しておきましょう。 また、「UberEats(ウーバーイーツ)」で「商品」を注文して、「マンション」や「オフィス(会社)」に、「商品」の配達を希望する場合は、「建物名」や「階数」「部屋番号」などを、「住所欄」に、忘れずに入力するようにしましょう。 マンションへの侵入経路や、入り口などが分かりにくい場所に住んでいる人は、配達で来てくれる「配達パートナー(配達員)」の人が、「あなたの元」も辿り着けるように、「配達メモ」という機能を使って、「受取時の要望」を追加しておきましょう。 「例:部外者はオフィスエリアには入れませんので、ビルの受付に到着したら電話を鳴らしてください。 1階まで取りに行きます」など。 こうすることで、「配達パートナー(配達員)」の人が、「注文の商品」を、スムーズに「注文者」へ受渡し易くなります。 また、「特定の食べ物にアレルギーがある人」など、料理やレストランに対する要望がある人は、要望を、カート内の「追記」に記入することも出来ます。 ただし、全ての要望に対して、お店側が応えられるわけではなく、応えられるのは、「レストランパートナー」が対応できる限りの要望となりますので、注意してください。 最初の「会員登録」が完了し、注文する準備が出来たら、アプリから「飲食店(店舗)」と「商品」探して注文してみましょう。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」を使った、具体的な「注文方法」や「注文のやり方」は、次の項目で、画像付きで詳しく解説していきます。 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用して、いつでも、どこでも、好きな料理を楽しんでください。 ウーバーイーツ UberEats ネット注文方法・頼み方 いよいよ具体的に、「スマホ」や「タブレット」からでも簡単にネット注文が行える「アプリ」を利用して、注文方法を説明していきます。 まずは、「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」をインストールして、起動させてください。 まだ「会員登録」が済んでいない人は「 」から会員登録を、先に済ませてくださいね。 注文を確定した後でも、「レストラン」が商品を準備する前なら、アプリの「注文をキャンセルする」から、キャンセルすることが可能です。 「レストラン」が注文を受けた後に、注文内容の変更を希望する場合は、アプリ上の「ヘルプ」の項目から、サポートセンターまで問い合わせてください。 「割引プロモーションコード」初回注文を無料で頼む 「ウーバーイーツ(UberEats)」では、「注文した商品代金が割引になる」「配送手数料が無料になる」という、お得な「プロモーションコード(クーポンコード)」なるモノがあります。 この「プロモーションコード(クーポンコード)」には、「初回の注文しか使えないプロモーションコード」や「期間限定のプロモーションコード」など、様々な種類があります。 これらの「プロモーションコード(クーポンコード)」は、「様々なキャンペーン」で、誰でも獲得することが出来ます。 また「お友達紹介クーポン」という「プロモーションコード(クーポンコード)」を利用すると、あなたの紹介コードを使って、友達が、初めて「ウーバーイーツ(UberEats)」を利用すると、「あなた」と「友達」の両方が、「割引クーポン」を獲得することが出来ます。 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「プロモーションコード(クーポンコード)」を使用したい人は、注文を確定する前に、「プロモーションコード(クーポンコード)」や「友達紹介コード」を適用して、お得に美味しい料理を楽しんでください。 例えば、「 」を、注文前に適用させてから「商品」の注文をすると、商品代金が1000円割引となるので、「マクドナルド(マック)」などで、安い商品を購入すると、初回の配達に限り、「無料(タダ)」もしくは「半額」などで、商品を注文することも可能です。 上記の「1000円割引プロモーションコード」は、「ウーバーイーツ(UberEats)」で、初めて注文する人のみが、利用可能となっていますので、注意してください。 割引プロモーションコードの使い方• 友達紹介コードは、初めて「ウーバーイーツ(UberEats)」を使う人のみが利用可能です。 すでに「ウーバーイーツ(UberEats)」で注文をしたことがある人は、利用できません。 有効期限は、「友達紹介コード」を入力した日から「3ヵ月間」となります。 割引金額は予告なく変更になる場合があります。 また、都市やアカウントによって、金額や内容が異なることもあります。 注文した「商品の金額」が、「割引クーポン」または「プロモーションコード」の割引額を、下回った場合でも、差額分の払い戻し、および繰越しはできません。 1度に、複数枚の割引クーポンの併用は、できません。 「注文時」に領収書が欲しい場合は? 「ウーバーイーツ(UberEats)」で注文された「商品」の「領収書」は、「レストラン(飲食店)」からではなく、「ウーバーイーツ(UberEats)」から「発行」されます。 「レストラン(飲食店)」から「領収書」が発行されるわけではないので、その点は、注意してください。 「領収書」が欲しい場合は、最初に登録した「メールアドレス」に「ウーバーイーツ(UberEats)」から「領収書メール」が来ているので、それを確認してください。 また、「メールアドレス」に来ている「領収書メール」をチェックする以外にも、「ウーバーイーツ(UberEats)」の「注文者専用アプリ」からも「各注文」の「領収書」を確認することが可能です。 「注文した商品」と「中身」が違う場合 注文した「商品」と、「配達パートナー(配達員)」の人が届けてくれた商品の中身が違った場合、「配達パートナー(配達員)」に、その事を伝え、注文した「商品」に記載されている「注文番号」を、「配達パートナー(配達員)」に確認してもらってください。 「注文した料理」が「ぐちゃぐちゃ」になっていた場合 注文した「料理」が配達で「ぐちゃぐちゃ」になり、こぼれていた場合は、「注文者専用アプリ」から、「サポートセンター」に連絡してください。 「注文時」や「注文後」配達パートナーへの連絡方法 「配達パートナー(配達員)」が、到着予定時刻から大幅に遅れていたり、アプリから見て、誤った方法に進んでいる場合などに、「注文者」の方から、「配達パートナー(配達員)」に、直接連絡することも可能です。 配達パートナーへ直接連絡する方法 「クレジットカードまたはデビットカード」をタップしてください 「クレジットカードまたはデビットカード」をタップすると、支払い方法の追加画面が表示されますので、ご自身のカード情報を入力してから「保存する」ボタンをクリックしてください。 これで「支払い方法」が登録されましたので、「注文を確定する」ことができるようになりました。 ウーバーイーツ UberEats 注文時の「支払い方法」 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「支払い方法」は、サービス開始当初は「デビットカード」と「クレジットカード」の「カード払い」しかありませんでした。 しかし、最近では、上記のカード支払い以外にも、「ウーバーイーツ(UberEats)」の「支払い」で、「現金払い」と「Apple Pay払い」「LINE Pay払い」「PayPay払い」が追加され、「現金」や「電子マネー」でも、商品代金を支払うことが出来るようになりました。 ウーバーイーツ UberEats 注文時「支払い方法」• 「最低注文金額」がなく、「商品1個」からでも注文可能• 配達は「配達パートナー」が担当するため、飲食店は料理を作ることに専念できる• 店舗独自には出前をやっていない「居酒屋」「チェーン店以外のお店」「個人経営のお店」なども掲載しているため、出前サービスでは食べられない「商品」も自宅で食べられる• 「注文する店舗数」と「配達距離」に応じて「配送料金」が決まるため、「1店舗あたりで商品を注文する数」が多くなると「配送料」は「割安」になっていく 上記が、僕が考える「ウーバーイーツ(UberEats)」の「メリット」です。 「ウーバーイーツ(UberEats)」注文のデメリット 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「デメリット」について、考えられることを、以下に記載させてもらいました。 ウーバーイーツ UberEats 注文方法・頼み方~配達の流れ 「UberEats(ウーバーイーツ)」の注文から配達までの流れを説明します。 まず「ユーザー(注文者)」が「UberEats(ウーバーイーツ)アプリ」を使って、「レストラン」へ注文を出します。 「レストラン」が「ユーザー(注文者)」からの注文を受けると、「UberEatsのアプリケーション」を通じて、レストランへ注文が入ったことの連絡が届きます。 「注文の連絡が入る」と、「レストランパートナー」はすぐさま、注文された料理の調理を開始します。 「ユーザー(注文者)」が料理を注文し、「ユーザー(注文者)」からの料理の注文が、「レストランパートナー」に届くと、サービスエリア(地域)内にいる「Uber Driver アプリ」を起動している「配達パートナー全員」に「配達可能か配達不可能か」の確認が、アプリを通して流れます。 「配達可能」の意思表示をまっさきに行った「配達パートナー」に、料理の「配達」が指示されます。 その「配達パートナー」の「Uber Driver アプリ」へ「レストランと注文情報」が送られてきます。 「レストラン情報」が届いたら、「配達パートナー」は、その情報をもとに、指示された「レストラン」へ「料理」を受け取りに行きます。 「配達パートナー」が「レストラン」で料理を受け取ると、今度は、料理を注文した「ユーザー(注文者)」の情報が「配達パートナー」へと届きます。 その「ユーザー(注文者)」情報をもとに、料理が冷めないうちに、無事に注文の品を届けて、配達のお仕事が完了します。 このように、料理を作ってくてる「レストランパートナー」と、料理を配達してくれる「配達パートナー」の、存在もあり、「UberEats(ウーバーイーツ)」のサービスは成り立っているわけなのです。 ウーバーイーツ UberEats 注文方法「日用品の配達」 「ウーバーイーツ(UberEats)」というと、「料理」や「飲み物」など、「食料品」を「デリバリー」してくれる「サービス」というイメージが強いのですが、最近の「ウーバーイーツ(UberEats)」では、実験的に「日用品」の「デリバリー」もしてくれているのを、ご存知でしょうか? 最近の「ウーバーイーツ(UberEats)」は、東京都内で、コンビニ大手の「ローソン」と組んで、「食品」以外にも「日用品」の配達を始めたり、ドラッグストアと組んで、こちらも「日用品」の配達サービスを、始めたりしています。 まだ、実験段階ですので、他のサービスエリアでは、展開されていませんが、これが成功すると、おそらく他のサービスエリアでも、「ローソン」の商品などが「ウーバーイーツ(UberEats)」の「配達パートナー(配達員)」によって、配達されることになっていくと思います。 最近は、アマゾンと提携している「ヤマト運輸」が配送料を値上げしたことにより、これまで「ヤマト運輸」に依存していた「アマゾン」も、将来を見据えて「ドローンでの配達」や、「ウーバーイーツ(UberEats)」のような「個人事業主」を使った「配送網の構築」に力を入れ始めています。 おそらく将来、「ウーバーイーツ(UberEats)」は「食品」以外でも、自身の「プラットフォーム」にいる「配達パートナー(配達員)」の人達を利用して、様々なモノを、配送する仕組みを整えていくと思われます。 そうなると「ヤマト運輸」や「佐川急便」のライバルは、自身の配送網を持つ「ウーバーイーツ(UberEats)」や「Amazon(アマゾン)」になる可能性も、無きにしも非ずだと思われます。 ウーバーイーツ注文方法・頼み方|UberEats注文時のサービスエリア(配達対象地域) 「UberEats(ウーバーイーツ)」のサービスは、現在、以下のサービスエリア(地域)で、展開中です。 東北: 宮城県• 関東: 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県• 関西: 京都府、兵庫県、大阪府• 北陸: 石川県、富山県• 中部: 愛知県、静岡県(静岡市6月9日~、浜松市6月16日~)• 中国: 広島県、岡山県• 四国: 香川県、愛媛県• このように「UberEats(ウーバーイーツ)」は「サービスエリア(地域)」でしか、サービスを展開していないため、あなたの居る場所が、サービスエリアの中なのかどうかが、わからない人がいましたら、下記の方法で、サービスエリアかどうかを、まずは確認してみてください。 今いる場所が「サービスエリア(地域)」内か、どうかを調べたい時は、Googleマップで、現在地の住所を調べて、住所の情報を「コピー&ペースト」してください。 「UberEats(ウーバーイーツ)」の「アプリ」か「公式サイト」に移動して、コピー&ペーストした「現在地の住所」を、検索窓に、貼り付けて、検索をかけると、現在の場所が「サービスエリア」の中かどうかが、わかります。 あなたの居る場所が「サービスエリア外」の場合は、このような文言が表示されます ウーバーイーツ UberEats 注文範囲外・エリア外の市区町村 UberEats ウーバーイーツ サービスエリア外の市区町村 エリア・地域 都道府県 主なサービスエリア外の市区町村 北海道エリア 北海道 札幌市、旭川市、函館市、釧路市、苫小牧市、帯広市、小樽市、北見市、江別市、千歳市 東北エリア 青森県 青森市、八戸市、弘前市、十和田市、むつ市、五所川原市、三沢市、黒石市、つがる市、平川市 秋田県 秋田市、横手市、大仙市、由利本荘市、大館市、能代市、湯沢市、北秋田市、潟上市 岩手県 盛岡市、一関市、奥州市、花巻市、北上市、宮古市、滝沢市、大船渡市、釜石市、久慈市 山形県 山形市、鶴岡市、酒田市、米沢市、天童市、東根市、寒河江市、新庄市、南陽市、上山市 宮城県 石巻市、大崎市、登米市、名取市、栗原市、気仙沼市、多賀城市、塩竃市、富谷市 福島県 いわき市、郡山市、福島市、会津若松市、須賀川市、伊達市、白河市、二本松市、南相馬市、喜多方市 関東エリア 茨城県 水戸市、つくば市、日立市、ひたちなか市、古河市、土浦市、取手市、筑西市、神栖市、牛久市 栃木県 小山市、栃木市、足利市、佐野市、那須塩原市、鹿沼市、日光市、真岡市、大田原市 群馬県 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市、渋川市、館林市、藤岡市、安中市、みどり市 埼玉県 上尾市、熊谷市、狭山市、久喜市、入間市、深谷市 神奈川県 藤沢市、横須賀市、平塚市、茅ケ崎市、大和市、厚木市、小田原市、鎌倉市、秦野市 千葉県 松戸市、柏市、市原市、八千代市、流山市、佐倉市、野田市、木更津市、我孫子市、成田市 東京都 青梅市、あきる野市、清瀬市 東海エリア 山梨県 甲府市、甲斐市、南アルプス市、笛吹市、富士吉田市、北杜市、山梨市、都留市、甲州市、中央市 長野県 長野市、松本市、上田市、飯田市、佐久市、安曇野市、伊那市、塩尻市、千曲市、茅野市 静岡県 、、富士市、沼津市、磐田市、藤枝市、焼津市、富士宮市、掛川市、三島市 岐阜県 岐阜市、大垣市、各務原市、多治見市、可児市、関市、高山市、中津川市、羽島市、土岐市 愛知県 豊田市、岡崎市、一宮市、豊橋市、春日井市、安城市、豊川市、西尾市、刈谷市、小牧市 北陸エリア 新潟県 新潟市、長岡市、上越市、三条市、新発田市、柏崎市、燕市、村上市、南魚沼市、佐渡市 富山県 高岡市、射水市、南砺市、砺波市、氷見市、魚津市、黒部市、滑川市、小矢部市 石川県 白山市、小松市、加賀市、七尾市、野々市市、能美市、かほく市、輪島市、羽咋市 福井県 福井市、坂井市、越前市、鯖江市、敦賀市、大野市、小浜市、あわら市、勝山市、越前町 関西エリア 滋賀県 大津市、草津市、長浜市、東近江市、彦根市、甲賀市、近江八幡市、守山市、栗東市、湖南市 三重県 四日市市、津市、鈴鹿市、松阪市、桑名市、伊勢市、伊賀市、名張市、亀山市、志摩市 奈良県 、橿原市、生駒市、大和郡山市、香芝市、天理市、大和高田市、桜井市、葛城市、広陵町 和歌山県 和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市、岩出市、海南市、新宮市、有田市、有田川町、御坊市 京都府 亀岡市、舞鶴市、福知山市、木津川市、八幡市、京田辺市、精華町 大阪府 高槻市、茨木市、岸和田市、和泉市、箕面市 兵庫県 、明石市、加古川市、宝塚市、伊丹市、川西市、三田市、高砂市、豊岡市、たつの市 中国エリア 鳥取県 鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、琴浦町、八頭町、湯梨浜町、大山町、北栄町、岩美町 岡山県 倉敷市、津山市、総社市、玉野市、笠岡市、真庭市、赤磐市、井原市、瀬戸内市 島根県 松江市、出雲市、浜田市、益田市、安来市、雲南市、大田市、江津市、隠岐の島町、奥出雲町 広島県 呉市、東広島市、尾道市、甘日市、三原市、三次市、府中町、府中市、庄原市 山口県 下関市、山口市、宇部市、周南市、岩国市、防府市、山陽小野田市、下松市、光市、萩市 四国エリア 香川県 丸亀市、三豊市、観音寺市、坂出市、さぬき市、善通寺市、東かがわ市、三木町、綾川町 徳島県 徳島市、阿南市、鳴門市、吉野川市、小松島市、阿波市、藍住町、美馬市、三好市、石井町 愛媛県 今治市、新居浜市、西条市、四国中央市、宇和島市、大洲市、伊予市、八幡浜市、東温市 高知県 高知市、南国市、四万十市、香南市、香美市、土佐市、いの町、須崎市、宿毛市、安芸市 九州エリア 福岡県 飯塚市、大牟田市、春日市、宗像市、糸島市 佐賀県 佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市、武雄市、小城市、神埼市、鹿島市、嬉野市、みやき町 大分県 大分市、別府市、中津市、佐伯市、日田市、宇佐市、臼杵市、豊後大野市、由布市、杵築市 長崎県 長崎市、佐世保市、諫早市、大村市、南島原市、島原市、雲仙市、長与町、五島市、平戸市 熊本県 熊本市、八代市、天草市、玉名市、宇城市、合志市、荒尾市、山鹿市、菊池市、菊陽町 宮崎県 宮崎市、都城市、延岡市、日向市、日南市、小林市、西都市、三股町、高鍋町、国富町 鹿児島県 鹿児島市、霧島市、鹿屋市、薩摩川内市、姶良市、日置市、奄美市、指宿市、曽於市、南九州市 沖縄エリア 沖縄県 那覇市、沖縄市、うるま市、浦添市、宜野湾市、名護市、豊見城市、糸満市、宮古島市、石垣市 ウーバーイーツ注文方法・頼み方|UberEats配達エリア営業時間・注文可能時間 「UberEats(ウーバーイーツ)」の営業時間は、基本的には「毎日9:00~24:00」です。 ウーバーイーツ UberEats 「営業時間」と「注文可能時間」の「違い」 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「営業時間」と「注文可能時間」の「違い」について、簡単に説明していきます。 「ウーバーイーツ(UberEats)」の「営業時間」とは、先ほども説明しましたが、「ウーバーイーツ(UberEats)」という「サービス」自体が利用できる時間のことです。 対して、「注文可能時間」とは、「店舗営業時間」とも言うことができます。 この「注文可能時間」は、店舗ごとに違うので、注意が必要です。 先ほどは「ウーバーイーツ(UberEats)」の「営業時間」だったのですが、今回は「ウーバーイーツ(UberEats)」の中の「店舗」の「営業時間」ということです。 例えば、先ほど紹介した「ウーバーイーツ(UberEats)」の「営業時間」は「9:00~24:00(神奈川エリアは10:00~23:00)」なのですが、実際に店舗に注文ができる「注文可能時間」は、店舗ごとに違います。 店舗ごとの「注文可能時間」を確認する方法は、「ウーバーイーツ(UberEats)」の「注文者専用アプリ」から、「注文可能時間」を調べたいお店の「詳細ページ」をタップで開きます。 店舗の「詳細ページ」が開いたら、「レストラン情報」の右横にある「詳細情報」を、続けてタップしてください。 「レストラン情報」の右横にある「詳細情報」をタップすると、表示される「情報」の欄に、その店舗の「ウーバーイーツ(UberEats)」内での「注文可能時間」が記載されています。 上記の図の「赤枠」で囲った部分が、その店舗の「注文可能時間」となります。 この時間内であれば、「ウーバーイーツ(UberEats)」を利用して、お店に「注文」を出すことが出来ます。 また、「ウーバーイーツ(UberEats)」の「注文可能時間」は、実店舗の「営業時間」とは、異なっていることがほとんどですので、その点は、十分注意してください。 UberEatsのアカウント登録 UberEatsユーザー UberEats配達パートナー ウーバーイーツで料理を注文したい人 ウーバーイーツで配達をしたい人 まだ「UberEats」で注文したことがない初回注文者限定 UberEatsレストランパートナー 「UberEats(ウーバーイーツ)」を利用したい人は、「ユーザー登録」か「配達パートナー登録」が必須になります。 これから、サービスを利用したい側で、まずは「アカウント登録」をしてください。

次の

ウーバーイーツ愛知県エリア|UberEats愛知県・配達エリア・配達範囲

ウーバー イーツ 小牧

ウーバーイーツの利用開始に向け、案内準備などを進める今村哲郎さん(右)=5月末、浜松市中区のラボラトリー 事前登録の配達員が飲食店の料理を家庭やオフィスに届ける北米発祥の宅配サービス「ウーバーイーツ」が静岡県内でも静岡市で9日、浜松市で16日に始まる。 新型コロナウイルス感染の第2波、第3波が懸念される中、初期投資や人件費をかけずに売り上げ回復を図れる新サービスとして、苦境に立つ飲食店の期待は大きい。 利用者にとってもテークアウトや宅配分野の新サービスが次々と登場し、選択肢が広がりを見せる。 「先行きは本当に不透明。 お客のためになることは全てやる」 浜松市中区の汁なし担々麺専門店「ラボラトリー」の今村哲郎代表(35)はウーバーイーツのサービス開始に向け、準備を進める。 昼時に連日行列を作っていた店舗営業は4月中旬に休止。 再開後の客数はほぼ半減の状況だ。 客席はカウンターの3席のみにするなど感染防止策に万全を期すが、「外出をためらう人はまだ多い。 第2波が来たら経営は成り立たない」と漏らす。 店舗休業中に試行したテークアウトは、多い日で150食の注文を受けるなど予想以上の反響だった。 感謝の連絡が相次ぎ、飲食店の社会的使命を感じたという。 「災害発生時に食材を届けることもできる」と話し、ウーバーの長期的、多角的な活用を視野に入れる。 売り上げの一部が配送手数料で引かれるが、浜口嘉文オーナー(42)は「自前で配達員を雇う方が負担」と話す。 キャッシュレス決済で感染の心配も少ないとみる。 登録配達員は、副業目的の会社員や学生ら柔軟に収入を得たい人が担う。 両市で事前研修が進む。 休業や営業自粛が続く業種もあるだけに「配達員希望者は多い」(県中部のサービス業関係者)との声も聞かれる。 浜松市は民間事業者と協力し、テークアウトを行う市内飲食店と消費者、宅配事業者をオンラインで結ぶ「デリバリープラットフォーム」の構築作業を進める。 実証実験を重ね、6~7月ごろの本格運用を目指す。 こうした動きは「消費マインド向上につながる」と歓迎される一方、飲食店側にはコロナ収束後も、「3密」回避のための客席の間引きや滞留時間の短縮などが求められる。 業績回復には経営改善の工夫や新規顧客の開拓などが迫られそうだ。 同市内の飲食店経営者は「これからが厳しい。 他店と同じことをして満足していたら、お客は戻ってこない」と危機感を募らせる。 <メモ>米配車大手ウーバー・テクノロジーズが世界45の国と地域、6千以上の都市で展開する飲食店の料理宅配サービス。 2016年に日本進出し、17都府県に拡大。 提携飲食店は2万店以上で、静岡市葵・駿河両区では駅近隣の40店舗以上、浜松市は中区の70店舗以上で開始の見通し。 利用者がスマートフォンの専用アプリから料理を注文し、登録配達員が30分前後で指定場所に届ける仕組み。 配達状況や到着予定はスマホで確認できる。 飲食店の売り上げの一部がウーバー側の収益となり、配達員には距離や時間帯などに応じ手数料を支払う。 静岡経済の記事一覧•

次の