羽生 結 弦 リアルタイム。 羽生選手に包囲網? 羽生結弦リアルタイム

羽生結弦選手のすごさをフィギュアファン歴20年の人が語るよ

羽生 結 弦 リアルタイム

音羽さんのブログやフモさんのコラムを読んで「どうした私!!」と思うくらい泣けて仕方ない 羽生くんのメッセージを見て 羽生くんの心ある優しさ溢れる言葉にやられてしまってるかな。 羽生くんが元気で幸せでいてくれたらそれでいい。 ものすごくお気に入りだったのに、いつの間にか無くしてしまった 羽生結弦君モデルの磁気ネックレス。 無くしてから1ヶ月、どんだけ探しても見つからないからAmazonで再注文した。 酔っ払い、これだから嫌だ。。。 来月の自分への誕プレ。。。 【速報】 ワイ、完全敗北のお知らせ。 たった今、 羽生結弦を女性化してみたところ、「いい女過ぎる」ことが判明致しました。 これにより多くの女性の自信が失われる事件が発生しています。 被告人であるDeppa氏は「軽い好奇心でやった」と供述しています。 羽生結弦は、酒いやだ。

次の

「羽生結弦」のYahoo!検索(リアルタイム)

羽生 結 弦 リアルタイム

1544人• 251• 218• 403• 192• 131• 273• 162• 192• フィギュアスケート 159• 277• 119• 116• 183• 241• 279• 129• 356• 302• 1160• 339•

次の

羽生結弦選手のすごさをフィギュアファン歴20年の人が語るよ

羽生 結 弦 リアルタイム

最新のニュースを一つ、、、 「女性自身」が28日00:00付で jisin. とても気になったのは、 なぜかその記事が非常にネガティブなとらえ方と 表現をしているからです。 出典:toyokeizai. net 現地記者のコメント まず冒頭では、氷上練習の再開が6月下旬になり、 予定の6月上旬からずれ込んだこと。 まだ本格復帰とはいえず、新プログラム作りもまだで 出遅れている、との現地記者のコメントから始まっています。 そして記事は続きます。 早期復帰が期待されるなか、回復が思うように進んでいない羽生。 そんな彼に追い打ちをかけるような事態が起きていたという。 フィギュア関係者が明かす。 引用:jisin. jp 冒頭の記者が直接羽生選手やブライアン・オーサーにもともとの 予定を聞いてのコメンであればそのとおりかもしれませんが、 一般的なスケジュールからそうコメントしているのかもしれません。 記事中にも記載がある通り、実際には4月下旬に正式に 左足リスフラン関節靭帯損傷で全治2カ月と診断されています。 その発表があってから実際に2ヶ月後の復帰でしたので ほぼ予定通りと考えるのが普通です。 復帰が遅れたとか、回復が思うように進んでいないというのは かなり実際とは違うように思います。 いかに精神的に強靭な羽生選手でも、怪我の全治には2ヶ月と 診断されていたとすれば、6月上旬に練習再開を計画していたとは 考えにくいです。 出典:asahi. com 羽生結弦に不利なルール改正? さて、前出の引用文最後にある、フィギュア関係者が 明かしたとする「羽生選手に追い打ちをかけるような事態」 です。 フィギュア関係者がルール改正について明らかにしたのは 事実かもしれませんが、 「羽生選手に追い打ちをかけるような事態」とは おそらく「女性自身」の表現であって、 記事を読む限りはそのフィギュア関係者が そう表現したものではないようです。 2)特定選手に肩入れした不正な採点を無くすため 採点の匿名性を廃止する。 3)正確な技術判定が求められるテクニカル・コントローラーに 70歳定年制を導入する。 4)フリーのジャンプの本数を制限するという案が可決された。 現行では最大8本まで認められていたものが、 再来年以降7本に削減される。 5)ペアと男子シングルの演技時間が短くなる。 これは今シーズンから適用され、ショートが10秒短縮。 今後もフリーを最大30秒短縮する案が浮上している。 6)現行だと何回転倒しても1回の転倒につきマイナス1ポイントと カウントされていたが、 今後は3~4回以降の転倒でマイナス2ポイント、 5回目以降でマイナス3ポイントと転倒時の減点幅が拡大される。 7)18年の平昌五輪後には、演技前の6分間練習もショートで4分間、 フリーで5分間に短縮される予定。 引用:jisin. 羽生は昨年末のグランプリファイナルで歴代最高330. 43点を叩き出しており、満点まで残り9. 01と迫っていた。 こうした高得点の流れに、連盟が歯止めをかけたい狙いもあるという。 引用:jisin. jp 確かに羽生選手は歴代最高得点の更新を続けています。 しかし、他の選手も高得点を上げていて、例えば ハビエル・フェルナンデスが2016世界選手権で314. 93、 パトリック・チャンが2013GPエリック杯で295. 27です。 選手全体のスキルが上がれば、評価尺度のハードルも上がるのは 自明の理です。 仮に評価尺度を放置して当たり前のように満点が出るように なってはどうしようもありません。 ジャンプ回数や演技時間が減ると、総合得点はダウン するでしょうが、それは何も羽生選手だけに限らず 全選手レベルでダウンします。 ジャンプ回数や演技時間が減ることで、 下位の選手が有利になることはそもそもの実力差から 有り得るでしょうか。 現行で8本まで認められているジャンプが7本になっても、 数ではなく質が問われるだけで数で勝負している選手には 不利かもしれませんが、羽生選手はそうではありません。 上限の8回を飛んでもそれ以上に質にこだわっています。 演技時間が減ることが羽生選手に不利でしょうか。 体力面でよほど自信がある選手には、演技時間を削られるのは 不利かもしれませんが、体力勝負ではない羽生選手にはかえって 有利になるのではないでしょうか。 出典:sportiva. shueisha. jp "18年の平昌五輪後には、演技前の6分間練習もショートで4分間、 フリーで5分間に短縮される予定です。 羽生選手は試合前のルーティンを重視しており、たかが1分間という問題ではありません」 引用:jisin. jp これもそのとおりでしょうが、それに順応できない 羽生選手でしょうか? こうしたルール改正の目的は単純に「羽生潰し」なんでしょうか。 そして記事の最後に、 平昌五輪を前に暗雲立ち込めるなか、羽生はどう立ち向かって行くのだろうか。 と結んでいます。 このルール改正を自分に不利と考えマイナスに陥る羽生選手なのか、 それともいつも通りに物事を謙虚に受け止めて その前向きの姿勢で順応するのか、、、 「ゆづ」ファンならずしてもその答えは簡単ですね。 記事としてセンセーショナルなものにしたい意図は 分からないではないですが、、、 ルールの改正で暗雲が立ち込めている とはとても言えないと思いますし、 羽生選手ならルールの改正をさらりと受け止め それを超越して自身のさらなる境地を切り開いていくことでしょう。 とは言っても、羽生選手が4月下旬から6月下旬までの2ヶ月間 実際に練習から遠ざかっていたことは事実でしょうから、 そのブランクを埋めるべくキャッチャップしなければなりません。 特に「女性自身」をよく読む方ではありませんが 特別に論調にネガティブな特徴があるメディアだ と聞いたことはありません。 ですので jisin. jp の記事は、 単に羽生結弦選手を心配してのことなのだと信じます。

次の