キック バック と は。 キックバックを営業&販促に使う!注意すべき「違法になる事例」3選

キックバックは悪魔のささやき。安易に選択すると大変なことになりますよ!

キック バック と は

キックバックの意味とは キックバックをわかりやすく言うと、「謝礼や販促金などを、取引先の会社やビジネスパートナーに渡す行為」を言います。 ビジネスの現場では当たり前に使われている「キックバック」ですが、日本独特の商習慣と言われており、基本的な目的は販売促進を強化することにあります。 キックバックを渡す相手は取引先やパートナーですが、あくまでも販売に協力してくれた謝礼として渡します。 このキックバックが貰えることをメリットに感じて、相手との取引に応じたり、販売を強化したりしてくれます。 キックバックの他にも、「バックマージン」「インセンティブ」「賄賂(わいろ)」「リベート」などの言い方がありますが、若干意味合いが違いますので詳しくチェックしていきましょう。 関連記事: リベートとの違い キックバックとリベートの意味はほとんど同じで、謝礼や販促金などを金銭で渡す行為になります。 しかし、リベートという言葉には少し悪い印象があり、「リベート=賄賂(わいろ)」というイメージを思い浮かべる方も多いと思います。 賄賂は政治家や公務員が受け取った結果、逮捕されるような事件も起きており、その辺りから連鎖的にリベートのイメージダウンが起こっていると思われます。 関連記事: 関連記事: サラリーマンは貰って大丈夫なの? サラリーマンや正社員で働いていると、販売担当者(商談相手)から個人的なキックバックを提示されるケースがあります。 独立起業している自営業者であれば何の躊躇もないと思いますが、会社員は悩ましいところです。 会社の備品やツール、システムなどを比較検討している時に提示されるケースが多く、「これを受け取ったら会社での評価が下がるのでは?」と気にしてしまう仕入れ担当者も多いはずです。 年収や所得があまり高くない人にとっては、個人的なキックバックはとても魅力的ですよね。 しかし、 このようなキックバックは果たして貰っても良いものなのでしょうか? 答えは「YES」です。 キックバックとは、あくまでも健全な商行為であり、貰うこと自体は全然問題ありません。 ただし、場合によっては違法になるケースもあるので、その内容を十分理解してから貰うようにしましょう。 詳しくは後の事例でご紹介してきたいと思います。 おすすめのキックバック活用例 キックバックには様々な活用例があり、アイデア次第では売上増加の起爆剤にもなり得ます。 ここではおすすめのビジネス活用例を、わかりやすくご紹介していきたいと思います。 ぜひポイントを押さえて参考にしてみてください。 関連記事: ビジネスでの活用例 キックバックを活用する目的は、ズバリ「販売促進」になります。 よって、売上をシェアすることで、本業の売り上げ増加が期待できなければ意味がありません。 そうすると、キックバックを渡す先は、「購入先」「代理店」の2種類に絞られてきます。 購入先は、自社の製品・サービスを買ってくれるエンドユーザーになります。 この相手とは商談を進めていくことになりますが、最後の決定打を欠いてしまうケースが稀にあります。 そんな時には、購入を促すタイミングで、たくさん購入してもらうことを条件にリベートを設定したりします。 購入先としては実質的に安く仕入れることができるメリットがあり、販売する側は一回あたりの取引量が増えるので双方にとってメリットがあるということになります。 また、代理店のケースも同様です。 代理店には販売実績を増やしてもらったお礼として報酬をキックバックします。 これは代理店のモチベーションアップに利用させるケースなので、別名「インセンティブ」と呼ばれることもあります。 どちらのケースも効率的な販売促進効果があり、売上増が期待できます。 このようにキックバックは上手く活用することで、全体的な販売量を増やすことができます。 関連記事: 関連記事: 営業のキックバック キックバックは社内向け制度としても有効です。 社内向けでは一般的に「インセンティブ」と言われることが多いですが、実績に応じて支払われる販売奨励金になります。 営業部がある企業ではほとんどの企業で導入されてるのがインセンティブ制度で、これが欲しい為に営業職に転じる人もいるほどです。 実際に 営業職のインセンティブは高額で、毎月数十万のインセンティブが支給されている例は珍しくありません。 営業はインセンティブで稼ぐ インセンティブが高額な不動産や保険、金融などの業界では、月の固定給よりもインセンティブの方が高いという現象も起きています。 しかし、 売れない営業職ではインセンティブを受け取ることができません。 そもそも、営業職の給与はインセンティブを受け取る前提(売ることが前提)で設定されていることが多いので、売れなければ極端に低い給与になるケースもあります。 そういう意味では、営業職はハイリスクハイリターンな給与体系とも言えます。 関連記事: 関連記事: 副業で稼げる仕組みがある 副業解禁や働き方改革の関係で、副業支援サイトが増えてきました。 その中でも「営業系の副業支援サービス」が注目されています。 そのようなサイトは と呼ばれていて、新規開拓の手伝いをするとキックバックが貰えるという仕組みになります。 営業リソースをシェアリングするようなサービスなので、副業感覚で気軽に稼ぐことができますが、中には「見込顧客を紹介するだけで数十万円」のキックバックが受け取れるケースもあります。 キックバックは違法!? キックバックは違法という人がいますが、 キックバック(リベート)自体に違法性はなく、健全な商行為になります。 しかし、キックバックは使い方次第で、違法行為になり得るということに注意しましょう。 ここではそのような事例を、わかりやすく紹介していきたいと思います。 関連記事: 違法になる例1 購買担当者が、取引先から商品を仕入れる際にキックバックをもらうとします。 この キックバック金額を両者が共謀して仕入れ代金に上乗せするような行為は詐欺罪や背任罪に当たる可能性があります。 本来支払う必要のない金額を会社に支払わせ、損害を与えたとみなされるからです。 違法になる例2 購買担当者が、取引先から商品を仕入れる際に複数回の高額接待を受けたとします。 この接待を自社で支払っていれば問題ないですが、取引先が全額負担するケースもあります。 その後、正式発注に至った場合には要注意です。 その際に 2人が共謀して、取引先が本来の代金のように接待代を上乗せした請求をしてしまった場合、それは違法となる可能性があります。 これも本来会社が支払うべきではない接待代が含まれた請求になっているので、会社に損害を与えた(実質的に会社のお金で飲食した)という事に該当するので詐欺罪や背任罪に当たる可能性があります。 違法になる例3 メーカーが下請け会社に対してキックバックを設定する際にも要注意です。 メーカーが競合退社に負けないようにキックバックを活用すること自体は問題ありませんが、 取引を強制する目的でキックバックを利用したことで、正常な市場競争が阻害される場合には独占禁止法違反になる可能性があります。 このようなケースは複雑な要件がありますので、詳しくは弁護士にご相談ください。 まとめ キックバックは、ビジネスの現場で当たり前に行われている商行為です。 しかし、使い方を間違えてしまうと、法令違反になる可能性もありますので十分注意が必要です。 その一方で、 正しい使い方をすればキックバックは販売促進の起爆剤となり、業績に対する大きなインパクトをもたらします。 よって、あくまでも将来への投資&マーケティングコストとして割り切って活用しましょう。 ぜひ正しい使い方を押さえた上で、キックバックを積極的にご活用ください。

次の

ダンベルキックバックのやり方【かっこいい腕になるコツと注意点】

キック バック と は

DIY初心者に「丸ノコ」を勧められないたった1つの理由 結論から言うと、 「プロが使っても丸ノコは事故が多いから」 です。 ほんとコレだけ。 昨今のDIYブームの影響でキュレーションサイトとかに「初心者が揃えたい電動工具10選!」などの記事で必ず丸ノコがランクインしてますが、サクッと「丸ノコでできること」を軽く並べただけの簡素な説明をよく見かけます。 もちろん丸ノコを使えばできることも増えますし、作業スピードも大幅にアップして効率が良くなることは間違いありません。 が マジで危険な電動工具であることをご理解いただきたい。 道具の構造や用途を考えれば想像に容易いと思いますが、丸ノコや卓上スライドなどの道具を使うときは一瞬の気の弛みが大事故に直結します。 最悪、死に至るケースもあります。 そんなこんなで個人的には「素人が使うには超危ないから木工DIY初心者は丸ノコ使わないほうがいいぞ!」と常日頃思ってます。 なぜなら、 「大工のぼくは 実体験含め色んな事故のケースを見聞きしてきているから」 です。 丸ノコの危険性を知ってもらうために、その事例を何点か搔い摘んで紹介しようと思います。 とその前に、丸ノコ使用時に発生する「 キックバック」という現象について説明します。 丸ノコ使用時におこる「キックバック」について 丸ノコの事故の原因で一番多いと言われているのが「 キックバック」と呼ばれる現象から発生するもの。 以下引用です。 キックバックは刃が材料に噛んだ(挟まる)瞬間に発生します。 回転している刃が材料に噛んだりせったりすると、反発力が生じ後ろに丸ノコが走ります。 この様に刃が挟まったり硬いものにぶつかって、機械が後ろに飛んでくることをキックバックと言います。 丸ノコや昇降盤などでキックバックを起こすと、丸ノコや材料が飛んでくることがあるので、大怪我をしたり、亡くなったかたもいます。 キックバックを防止するには、切り口の幅が狭くならないよう切断しなければいけません。 また、キックバックが発生しても丸のこの後ろに手や体がなければ、怪我をする確立がぐっと減ります。 正しい切断をおこなえば、キックバックは滅多に発生しません。 よくおこるキックバックは、以下の要因で刃が材料に噛んでしまい発生します。 刃がかたむいたとき• 刃の進行方向が曲がったとき• 材料がかたむいたとき• 反った堅木を切断したとき DIY工具倶楽部さんより引用 という現象なんですね。 次項でご紹介する事故のケースも全て「 キックバック」から発生したものです。 ちょっとグロテスクな表現・描写もあるので、苦手な方は閲覧注意でお願いします。 丸ノコの使い方、種類etcの詳しい説明は上記を引用させてもらった「DIY工具倶楽部」に書いてありますので、そちらをご参照ください。 事故事例その1:キックバックからの手首内側裂傷 丸ノコを縦に、進行方向は上から下に使用。 キックバックによる跳ね返りで丸ノコの本体が後方回転、手首内側の動脈を裂傷。 血が天井に到達するまで吹き出し、処置が数分遅れていたら死んでいたそうです。 ご家庭のDIYでは丸ノコを「縦に」使うことなんてまず無いと思いますが「下手すりゃ死んでた事例」として紹介しておきます。 ちなみにですが、この事故の当事者は師匠であるぼくの親父の若かりし頃ですw この事故で死んでたらぼくは存在しなかったので、ぼくも親父も「生きててラッキー」です。 事故事例その2:キックバックで小指切断 これは知り合いの大工さんですが、切断する材料を押さえる利き手ではない手を、不注意で回転中の丸ノコ後方に置いてしまった直後にキックバック発生。 小指第一関節から先を切断してしまったケース。 事故事例その3:キックバックで足の内側面裂傷 これも知り合いの大工さん(上の人とは別)ですが、狭いスペースの床の開口施行時にキックバック発生。 近くにあった足の内側面を裂傷。 傷が深くはなかったので大事にはならなかったそうですが、今も傷跡には後遺症のような違和感があるそうです。 元大工がDIY初心者に「丸ノコ」を勧められないたった1つの理由。 キックバックはめっちゃ危ないぞ!、のまとめ という感じで、丸ノコ使用時の「 キックバックによる事故の例」をご紹介しました。 ぼくは幸いにも丸ノコで大事故を起こしたことはないですが、こういう事故の例を鑑みると、やはり「 丸ノコって便利だから超オススメだぜ!」と、 常に隣り合わせの死に至る可能性のある危険性を知るプロの大工としては、人に安易に進めることはできないのです。 初心者には比較的扱いやすい「 ジグソー」という電動工具もありますが、丸ノコほどではないにしろ、切断系の電動工具は基本「 当たりどころが悪いと命に直結する」くらいの覚悟で扱ったほうがいいと思います。 ただ、昨今のホームセンターは木材のカットサービスも常設されているところが多いので、DIY初心者のかたはそういうサービスを利用して「 木材を組み立てる」ところから始めるのがいいんじゃないかなぁ、と思います。 どうしても家でセルフカットしたいなら、できる範囲を「 手ノコ」で切る、とかね。 「なにがなんでも丸ノコみたいな電動工具が欲しい!」 という方は、使うときには必ず誰かにそばにいてもらうようにしてください。 体験談として、血がドバドバでるとけっこうパニックになりますからねw どうしても家で木材の長さをセルフカットでDIYしたいって人は、まったく危険性がないわけではないですが「 スライド丸ノコ」の方が構造的に丸ノコよりは初心者向きかと思います。 とにもかくにも、 自己責任と安全第一でDIYをエンジョイしてくださいね。

次の

トライセプスキックバックの肩を痛めない正しいやり方【重量・フォーム・呼吸法】

キック バック と は

キックバック kickback は、謝礼名目で授受される金銭のこと。 売上、仕入割戻、。 のこと。 、、などを稼動中にを生じる現象。 に詳しい。 で、アウトレーン(プレー中のボールが、本来なら没収される経路)に落ちたボールを、文字通り「蹴り返し」てプレイフィールドに戻すための装置。 諜報工作兵キックバック - 『』シリーズの登場人物。 を参照。 () - アメリカ合衆国の・バンドが2001年に発売したアルバム。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の