ホト ちゃん。 アメトーーク視聴率が絶好調!ホトちゃん(蛍原)が覚醒した理由は何?

アメトーーク視聴率が絶好調!ホトちゃん(蛍原)が覚醒した理由は何?

ホト ちゃん

闇営業などの問題で謹慎処分となっている、お笑いコンビ・のさんが司会を務める「アメトーーク!」(テレビ朝日系列)の放送が、6月27日に行われました。 宮迫さんの謹慎処分が6月24日に発表されてから、1発目の放送ということで、どのような内容になるのか?注目が集まっていましたが、ネットではその内容がもはや「ホトトーーク!」になっていると話題になっています。 この日の放送は、「ネタ書いてない芸人」と題し、やダイアン、や、ジャングルポケットなどのお笑いコンビが登場。 漫才やコントのネタを書いている方と書いていない方に分かれて、爆笑トークが繰り広げられました。 番組が始まると、最初にテロップで「この番組は5月30日に収録したものです」と出ていたため、宮迫さんが映っている部分も放送されるのかな?と思いましたが、放送中、宮迫さんは画面に映ることは無く、相方の蛍原徹さんが映る時は画面が2分割になり、蛍原さんと他の出演者が映る形になっていました。 この編集に、Twitter上では「なかなかミラクルなカット割り」「謎2分割www」「この分割はwww」と、やはり違和感を覚えた人が続出したようでした。 しかし、この短期間にカット割りや構成など、1からVTRを作り直したスタッフさんの苦労を思うと……。 その一方で、いつもより蛍原さんの登場回数が多くなっている番組に対して、「ホトトーークになってるの最高」「蛍原さんの優しい審判のような存在感、僕は好きです」「ホトトーーク見たけど蛍原映る度に笑ってしまってトークの内容あんまり頭に入ってこなかったw」と、宮迫さんがいなくなって改めて分かった蛍原さんの存在感に、好意的な印象を受ける人もたくさんいました。 宮迫さんの謹慎がいつまで続くのか?代わりの司会者を入れるのか?蛍原さんの進行だけで続けていくのか?番組が今後どうなるのかは分かりませんが、今後も見守っていきたいですね。 (佐藤圭亮).

次の

「アメトーーク!」が「ホトトーーク!」に!?ホトちゃん一人MCで継続か?

ホト ちゃん

アメトーーク! 絶好調 理由 視聴者だけでなく、テレビ局関係者も 『ホトちゃんだけで「アメトーーク!」を続けることは無理だろう』 と思っていたはず! ところが蓋を開けてみると、何と宮迫さんが降板してからのほうが、視聴率が伸びているらしい。 9月26日、「ツッコミ芸人が選ぶ このツッコミがスゴイ!」 平均視聴率は何と 9・0% 番組では 今年最高の数字を記録した。 ライバル局の関係者によれば、 「『アメトーーク!』は宮迫さんの姿が消えてから、ひな壇芸人さんたちが伸び伸びと喋るようになりましたね。 やはり宮迫さんがMCだった時は、良くも悪くも、どこかに緊張感が漲っていました。 宮迫さんといえば、お笑いのトップランナーの1人。 彼に評価してもらおうと、ひな壇芸人が競い合っていた。 それが番組の魅力だったことも事実ですが、蛍原さんとサポートMCに変わると、やっぱり、みんな楽しそうなんですよね。 とても自由な雰囲気のスタジオに生まれ変わり、視聴者も評価しているのではないでしょうか」 と語っています。 また、 宮迫さんと蛍原さんがMCだった頃は、クオリティの追求やマンネリ化の懸念をやりすぎたんだと思います。 テーマを練りに練ったことで、逆に袋小路に入ってしまったような印象を受ける回も目立ちました。 ところが宮迫さんが抜けてから、シンプルに視聴率を獲れるテーマに戻しているようです。 宮迫さんがいたら、千鳥の2人はあそこまで全面に出られなかったでしょう」 かつては 「 宮迫がいないから『アメトーーク!』は打ち切られる」と言われていたのが、 今では冗談とはいえ、 「 宮迫が復帰すると『アメトーーク!』が打ち切られる」 と囁かれ始めたという 他の芸人もホトちゃんの為にも、頑張っている印象が見受けられます。 前はどこか宮迫さんに遠慮がちでしたが、今は伸び伸びやれているのでしょう。 宮迫が帰って来る場所はない?! 2019年10月17日 放送分.

次の

アメトーーク! 絶好調 ホトちゃん覚醒!宮迫はいらなかった?!

ホト ちゃん

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)ら吉本興業の芸人13人による闇営業問題で、雨上がりの冠バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の最新情報をキャッチした。 吉本の芸人を使いたくない本音がある一方で、当面は相方の蛍原徹(51)が1人でMCを務め、番組名を「ホトトーーク!」に改める窮余の策だ。 人気番組を続行させる苦肉の善後策が浮上した。 宮迫が24日から活動停止の謹慎に入ったため、「アメトーーク!」の行方に注目が集まっている。 27日放送分では宮迫の出演シーンがカットされたが平均視聴率は8・4%で、前週20日放送分の7・6%から0・8ポイントアップ。 このまま、闇営業に関与しなかった蛍原の単独MCの体制を取る可能性が出てきた。 「9月の改編期までは蛍原がピンでMCを担当してしのぐ案が持ち上がっている。 もちろん宮迫がいなくてもトークも回るだろう、というわけだ」(テレビ局関係者) そうなると蛍原が1人で番組の看板を背負うことになるため、タイトルを「ホトトーーク!」にマイナーチェンジする、まさかのプランもささやかれているというから驚きだ。 お茶の間に広く浸透している現タイトルに比べ、どこか牧歌的な雰囲気が漂う。 では、9月の改編期以降はどうなるのか。 テレ朝としては簡単に切りたくないだろう。 放送時間は深夜帯ながら視聴率はシングル(1桁)後半をマーク。 5月24日にオンエアされたゴールデンタイムの2時間スペシャルでは12・3%を叩き出している。 そうはいっても番組の顔である宮迫の復帰時期は、まったく見通しが立っていない。 「宮迫が金銭の受領をめぐって虚偽の説明をしたため、世間の心証は最悪だ。 スポンサーも引き揚げかねない。 9月の改編期で打ち切る話まで浮上してきている。 幸い、まだ3か月あり、新番組を立ち上げる猶予期間としては十分」(制作会社スタッフ) とはいえ、宮迫のイメージを消し去れば、人気番組のまま続行できる可能性も残る。 一方、謹慎中の宮迫にとって「アメトーーク!」は、自身のキャリアを代表する番組だ。 「これを失うとほかのレギュラー番組も追随して終了しかねない。 宮迫が復帰するころには、仕事はゼロに近いかもしれない」(同) テレ朝広報部に質問状を送付し、「秋改編の9月まで宮迫の出演は見合わせ、蛍原が1人でMCを継続して収録するか」と尋ねたが、「当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることにいたします」とだけ回答。 蛍原の単独MC説は否定しなかった。 「秋改編の9月までは番組名を『ホトトーーク!』に改題するか」「その体制で秋改編の9月いっぱいまで放送し、同月いっぱいで番組を終了するか」とぶつけたが、「ご指摘のような事実はございません」と否定した。 賛否両論あるだろうが、現時点では番組を継続する構えということか。 しかし、闇営業問題の今後の行方やスポンサーの対応次第で打ち切りは現実味を帯びてくる。 yahoo. 世間も…特に女性からの好感度は最悪に悪くなったから、よりスポンサーは使うの許さないよ。 松っちゃんの言う通り、不倫問題潔く認めなかった事から彼の奈落への道は始まっていたのだと思う。 蛍ちゃんのイメージてウンナンの内村さんに通じるモノがあるから、今後はピンで活躍すれば良いと思う。 ホトトーク、私は良いと思う。 アメトークは売れない芸人らの救いの場でもあるし、もはや設定が他にない貴重な番組でもあるから番組名を変更して継続してもらいたい。 蛍ちゃんも、宮迫に気を使う必要なんてないよ!宮迫より蛍ちゃん自身と蛍ちゃんの家族の事だけを考えるべし!!.

次の