川越 の おすすめ スポット。 川越のおすすめデートスポット20選!川越を月2回訪れるリピーターが紹介

2020年 川越市で絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

川越 の おすすめ スポット

東京駅から1時間30分程でアクセスできる「川越」。 古き良き時代の香りが漂う観光地として人気のエリアです。 今回は川越エリアを散策する際におすすめのポイントをピックアップ! 観光スポットはもちろん、是非とも立ち寄りたいグルメスポットをまとめました。 まずは定番!川越の観光スポットめぐり 蔵造りの街並(川越一番街) 写真提供:PIXTA どっしりとした瓦屋根に黒漆の建物。 江戸の街並みが残る「蔵造りの街並み」は、川越の代表的なスポットのひとつ! 通りにはいくつもの商店が立ち並び、活気良く呼び込みを行っています。 コロッケやお団子、クラフトビールなどを食べ歩きしながら楽しめるフードも盛りだくさん。 江戸時代にタイムスリップしたかのような気分を味わいながら、美味しいものを味わうことができますよ。 時の鐘 写真提供:PIXTA 江戸時代に建てられ明治時代に建て直された「時の鐘」は、川越のシンボルともいえる建物。 時計が無かった時代は、この鐘の音が時間を知らせる役割を果たしていたそう。 現在も1日に4回 6:00、12:00、15:00、18:00 情緒的な鐘の音を川越に響かせています。 「大正浪漫夢通り」は、蔵造りの街並みとは異なる、大正ロマンの雰囲気漂う通りです。 古き良き時代の香りが残るこの街並みは、テレビや映画のロケ地になることも多いそう。 ただ歩くだけでも楽しめますが、商店では川越名物のお土産やこだわりの逸品などを見て回るとより楽しめるはずです。 川越商工会議所 写真提供:PIXTA 鉄筋コンクリート製でどっしりとした存在感がある「川越商工会議所」。 元は旧武州銀行川越支店だったそうで、今では国指定有形文化財に指定されています。 ギリシャ神殿風の建物にバロック風の飾り。 建物について詳しくなくとも、思わず写真に収めたくなる魅力があります。 こちらは現在も使用されている建物なので、建物の前を見学する際はなるべくお静かに。 基本情報 住所:埼玉県川越市幸町5-2 アクセス: 営業時間:10:00~19:00 料金:220円 どこに行こうか迷ったら、「川越散策ツアー」がおすすめ ここまでご紹介したように川越は見どころがたくさん! 多すぎてどこに行けばいいのかわからない方や、もっと深く散策したい方にはガイド付きの少人数ツアー(TABICAの街歩き体験)がおすすめです。 ここでは、TABICAで行われているおすすめのツアーをご紹介します。 一眼レフのコツを学ぶ、フォトジェニックな川越散策 出典: 川越市内を散策しながら、プロのカメラテクニックを学べるツアーです。 一眼レフを買ったはいいけれど、いまいち上手く撮れないとお悩みの方は、川越を散策しながらプロの技を学んでみませんか?.

次の

川越のおすすめ観光スポット・名所 29選&イベント・お祭り4選

川越 の おすすめ スポット

蔵造りの美しい景色だけでなく、美味しいグルメがたくさんあるので、食べ歩きにも最適な場所となっています。 明治・大正・昭和に建てられた建造物が一体となっている景色は圧巻で、ドラマや映画のロケ地にもよく使われています。 大正七年(1918)に建てられた洋風建築の建物は国の登録有形文化財となっています。 高さ25メートルで、青銅色のドーム型の屋根が目印です。 明治初期に養寿院の門前丁として栄えた場所で、幕末に鈴木藤左衛門が江戸っ子好みの菓子を作ったのが菓子屋横丁の始まりといわれています。 昔懐かしい風景と香りを楽しみ、飴菓子やカルメ焼きを食べながら散策して見てはいかがでしょうか。 思わず誰もが童心に帰ることができるスポットです。 かつては、アーケード街の銀座通り商店街でしたが、平成七年(1995)に「大正浪漫通り」としてリニューアルしました。 ここを歩けば大正時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。 昭和二年(1927)に渋沢栄一が設立に関わった旧武州銀行川越支店として建造されたギリシャの神殿風の建物です。 美しい花や紅葉を楽しむことができる境内も多いので、四季を通して観光することができます。 <詳しくはコチラ>.

次の

川越市観光スポットランキング★散策におすすめ10選

川越 の おすすめ スポット

蔵造りの美しい景色だけでなく、美味しいグルメがたくさんあるので、食べ歩きにも最適な場所となっています。 明治・大正・昭和に建てられた建造物が一体となっている景色は圧巻で、ドラマや映画のロケ地にもよく使われています。 大正七年(1918)に建てられた洋風建築の建物は国の登録有形文化財となっています。 高さ25メートルで、青銅色のドーム型の屋根が目印です。 明治初期に養寿院の門前丁として栄えた場所で、幕末に鈴木藤左衛門が江戸っ子好みの菓子を作ったのが菓子屋横丁の始まりといわれています。 昔懐かしい風景と香りを楽しみ、飴菓子やカルメ焼きを食べながら散策して見てはいかがでしょうか。 思わず誰もが童心に帰ることができるスポットです。 かつては、アーケード街の銀座通り商店街でしたが、平成七年(1995)に「大正浪漫通り」としてリニューアルしました。 ここを歩けば大正時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。 昭和二年(1927)に渋沢栄一が設立に関わった旧武州銀行川越支店として建造されたギリシャの神殿風の建物です。 美しい花や紅葉を楽しむことができる境内も多いので、四季を通して観光することができます。 <詳しくはコチラ>.

次の