コズミック トラベル。 コズミック・イー・トラベル, 南田島2027

SOUL'd OUT コズミックトラベル SOUL'd_OUT ニコニコ動画のニコッター

コズミック トラベル

概要 [ ] BSプレミアムの7つのジャンルのひとつ「」をテーマにする番組として4年間放送した『』がリニューアルした番組で、・や、宇宙に関する・などを扱う。 ナレーション [ ] 現在 [ ]• 2015年4月2日〜• 2020年5月14日〜• 2019年4月25日〜 過去 [ ]• 2015年4月2日〜2018年3月15日• 2018年11月22日• 2018年6月14日〜2020年3月26日• 2018年4月5日〜2020年3月26日 コーナー [ ] 宇宙(ほし)の街紀行 宇宙(ほし)の街紀行は世界各地の天文台や宇宙開発機関のとっておきのエピソードを紹介するコーナー。 私の宇宙絶景 著名人のこだわりや今に至るきっかけになった宇宙絶景を紹介するコーナー。 みんなの宇宙画像 視聴者から番組に寄せられた宇宙に関する画像の中で選りすぐりのものを紹介するコーナー。 エンティング終了後に発表。 月面で起きる謎の発光現象 () を最新科学で徹底解析。 地球の環境に似た惑星探しの最前線とは。 土星のミステリー 土星のミステリーとその衛星などの生命存在の可能性。 世界初の有人宇宙飛行の真実とは。 数式と理論により、遠くの観測不可能な宇宙の姿を解明する。 超巨大ブラックホール 誕生の謎 2011年、しし座の方向に宇宙誕生からわずか8億年後に出現した、太陽の20億倍の質量を持つ超巨大が見つかった。 人類最古の天文図のミステリーを解明する。 1回目は宇宙と生命をテーマに138億年という宇宙の歴史と生命誕生について。 光をも飲み込んでしまうブラックホールの謎を解明する。 銀河系の奇妙な姿 明らかになってきたの姿。 銀河系の過去と未来について。 様々な発想で地球誕生の秘密に迫る方法を解説。 何もない宇宙空間でどのように航行するのか。 発見から約40年、の謎を解明する。 大宇宙の宝探し 小惑星から貴重な資源を入手するための計画とは。 最強の宇宙動画決定戦 日本科学未来館での公開収録番組。 25の感動宇宙動画候補を選出して5部門に分類、事前投票で部門ごとに最も人気のあった宇宙動画を紹介し、観客投票によって最高に感動的な「宇宙動画」を決定。 宇宙最初の星 ファーストスター 宇宙誕生直後に誕生した最初の星について。 宇宙人の高度文明 の減光との可能性。 ブラックホールの意外な姿。 本来の何でも吸い込むブラックホールとは逆のブラックホールの謎を解明する。 50年前の皆既日食時に太陽の周りに土星ようなリングが見つかった。 しかし1983年にそのリングは完全に消滅した。 50年来の太陽リングの謎を解明する。 当初、ソ連は宇宙開発競争においてアメリカより勝っていたが、アポロ計画の成功により形勢が逆転してしまった。 一般的には知られていない、ルナ計画の全貌を解明する。 巨大隕石衝が恐竜絶滅の所以となったかを無名の地質学者達が証拠の裏付けを取り解明してゆく。 ケプラーはどのようにして「惑星の軌道は楕円」だという事を発見したのかその真実に迫る。 この度、世界各地の天文学者がプラネット9発見を目指して調査を開始した。 太陽系内にはいくつの惑星が存在するのかを新惑星を15年に渡って探し続けたひとりの研究者の執念に迫りつつ解明する。 宇宙をめざしたい彼の野望とその信念に迫る。 宇宙の始まりと終焉に深く関連している、ダークエネルギーの謎を解明する。 この新しいタイプの岩石惑星は太陽から適度な距離にある、水か液体として存在できる位置にある。 近年、アイボール・アースは赤色矮(わい)星の周りに多く発見されて研究者の注目を集めている。 「アイボール・アース」の謎を解明する。 実は当時最先端の天文学や物理学の知見を反映したからであった。 現代科学の見地から「銀河鉄道の夜」を解説する。 この爆発は隕石によるものだと言われていたが、その根拠は発見されなかった。 最新調査によりツングースカ爆発の謎を解明する。 土星の衛星タイタンには奇妙な液体メタンの海が、そして既に消滅した火星の海では想像を絶する巨大津波が発生していた事がわかった。 太陽系の海の秘密を解明する。 最新の報告を踏まえて金星の謎を解明していく。 エドウィン・ハッブルは大学での専攻は天文ではなく法律で学会ではすぐ喧嘩を起こすトラブルメーカーだった。 当時の人類の持つ宇宙理念とは異なった視点を持つ、エドウィン・ハッブルの知られざる人生を振り返る。 彗星と併走したロゼッタの探査機カメラによって中心核の表面を解像度数十cmという詳細さで撮影した映像を元に彗星誕生の謎を解明する。 彼がどのような手法で星を観測し、地球の大きさを計測したのかを解説する。 人工衛星・探査機マスター 東京お台場の日本科学未来館での公開収録の特別編。 2017年は世界初の人工衛星「スプートニク1号」打ち上げから60年、探査機ボイジャーの打ち上げから40年。 そこでこれまで人類が宇宙に送り出してきたの人工衛星や探査機の数は7000を超える。 人工衛星や探査機に関してクイズ形式で解説する。 宇宙にわずか1%しかない【ちり】いかにして巨大な惑星に成長したのかを科学者たちが描く最新のシナリオで解説する。 東大の人気物理学者・村山斉が宇宙の始まりと終わりについて数多くの実験で解説する。 さらに宇宙にとって最重要存在であるダークエネルギーについても分かりやすく解説する。 火星完全植民計画を解説する。 人工衛星で海を観測する事によってその理由の一つ、大気中の二酸化炭素を海に取り込んでいることもわかった。 今回は一滴の水がどのように「海流」が生み出されるかシミュレーションを交えて解説する。 その目的は地球の質量の300倍以ある、巨大惑星の生誕の謎を明らかにすることだ。 科学者達の意見も交え、木星の謎を解説する。 人類が宇宙人からのメッセージを捉える事ができるのだろうか?科学者の様々な見解と検証を交えて解説する。 」で描かれた巨大彗星の話は実際に起こっていた。 そこで発見された黒い隕石の破片は分析により太陽系の果てからやってきた事が判明した。 軌跡の隕石が物語る、太陽系創世記の物語を解説する。 「スペースシャトル計画」はソ連政府の資金が尽きるまで長期間続けられた。 米国のスペースシャトル計画の前進に誘発されて、ソ連の科学者達が持ち続けた再利用可能な宇宙船という構想について関係者のコメントを交えて解説する。 その理由はメキシコ湾の海底に秘められていた。 地球規模での恐竜の大量絶滅の謎を詳細なシナリオを踏まえて解説する。 その理由はここ数年の観測で磁場の量が減少している点にある。 このまま磁場減少が継続すれば気候変動が起こり、我々人類の社会生活に大きな支障をきたすと言っても過言ではない。 そしてその中から謎の赤い微生物が大量に発見された。 これらの微生物は地球外生命か、もしくは宇宙を旅した地球の微生物か帰還してきたものなのか?赤い雨の謎を生命の起源に迫りつつ解明していく。 我々の宇宙の存在は偶然か必然か?マルチユニバースはアインシュタインの一般相対性理論では説明できない。 最新の宇宙論でマルチユニバースについて解説する。 ビッグバンの10億年後には無数の宇宙が存在し、その中心には巨大なブラックホールがあった。 どんものでも吸収してしまう不思議な天体"ブラックホール"の姿を分かりやすく解説する。 アメリカ横断 皆既日食 太陽の秘密に迫る 8月22日 米国時間21日 、アメリカで皆既日食が起きる。 アメリカを横断する皆既日食は実に99年ぶりだ。 各地で観測に密着! 壮大なスケールで太陽の真の姿に迫る! そして航海や砂漠での旅に必要な情報取得のために平面アストロラーベと呼ばれた、古代の天文学者や占星術者が用いた天体観測用の機器が発明された。 現在、残されている様々な資料を元にイスラム天文学について解説する。 彼女達はアメリカ初の宇宙飛行や月面着陸成功にも功績を残した。 当時の関係者たちの証言から彼女達の活躍を解説する。 多くの謎に満ちたアボリジニ天文学を解説する。 土星最接近 カッシーニのグランドフィナーレ 2017年9月15日、土星探査機「カッシーニ」が20年に及ぶ探査を土星に突入後に終える。 特に衛星タイタンへ送り込まれたホイヘンスのメタンの湖を発見により地球外生命の存在の可能性も見出した。 素粒子物理学が予言する未来の宇宙の姿を解明する。 その名は小惑星プシケ。 巨大な鉄の塊が宇宙空間を浮遊しているのかを現在の様々な学説を用いてで解説する。 宇宙の謎を解き明かせ 日進月歩の勢いで性能が高まっていく、最新のカメラ技術でオーロラや太陽表面の爆発のメカニズム等の謎が解き明かされてきた。 火星表面の探査機キュリオシティからの驚愕の画像により未知の宇宙の謎に迫る。 人類の第2の地球への移住計画を解説する。 日進月歩の勢いで発展する、技術開発によって宇宙移住計画がより現実に近いものになってきた科学者達が人類の宇宙移住計画と第2の地球での自給自足生活および生活空間の探査までの最新研究結果を解説する。 謎に満ちた月の巨大な穴 「月」には地下に長さ50kmも続く広大な空洞が広がっていることが発見された。 発見したのは日本の月周回衛星「かぐや」。 なぜ月面にこのような穴ができたのか。 多くの謎に満ちた月の巨大な穴について解説する。 驚くことに「月世界旅行」の内容は100年後に実行された月計画にかなり酷似していた。 ジュール・ヴェルヌは何故、今につながる宇宙開発につながるそのような物語を描けたのかをその謎を解説する。 一つ目は19世紀にシリウスが蛇行をしている事が発見されたこと。 二つ目は一般相対性理論の正当性を証明した、暗くて謎めいた星「シリウスB」の発見。 そして最後の三つ目は2千年ほど前の古代ローマ等の記録ではシリウスはなんと「赤い」とされていたことである。 シリウスに起こった謎を解明する。 そして米国では独自の衛星を用いて大西洋上の全てのタンカーを監視を行っている。 「超小型衛星」に秘められたビジネスチャンスおよび様々な利用方法の可能性について解説する。 太陽フレアは電子機器およびインフラに多大なる影響を及ぼす。 そしてその発生の起源はまだ解明されてない。 実は皆既日食時のみにその謎を解くヒントが隠されている。 ミューオンによる巨大構造物の「透視」は約50年前、物理学者ルイス・アルヴァレスが既に取り組んでいた。 日本においては福島原発事故調査で利用されて、実用化が進められていたのだ。 ミューオンにまつわる科学史も紹介しつつ、ピラミッド透視計画について解説する。 専門家ですら解明できないこの現象をオーロラ愛好家が科学者達のこの調査に協力した。 アニメ映画に登場する正体不明の物体にちなんで「スティーヴ」と名付けられた謎の発光現象について解説する。 探査機「はやぶさ」や気象衛星「ひまわり」等の打ち上げに携わった方々のその思いを交えて屋久島と宇宙との意外な関係を解説する。 "陰謀論"でお馴染みの1970年代のアポロ月面着陸映像に始まり、「火星に光る天使!?」等の画像がネットを賑せている。 今回はこれら画像の発信者およびそれらを科学的に論破する人を徹底的に取材し解明する。 そして「アポロは月に行っていない」という噂を取り上げたTV番組を取材しその真実に迫る。 世界中の科学者達の重力波の源を探すための緊急観測によって金やプラチナの起源が解明される等の多大なる成果を得られた、世界中の科学者達の2週間の緊急観測について詳細まで解説する。 そしてその光景は24時間連続で見られる場合もあるという。 その上,数種類の稀なオーロラも観測できる・・・赤いオーロラやシータオーロラ、点滅オーロラ等である。 オーロラ美術館のようなそれらオーロラの秘密と地球の磁場に開いた空洞の解説を交えて真相を解明する。 ホモ・サピエンスと同等の強靭な肉体と大きな脳を持っていたネアンデルタール人はなぜ絶滅したのか?最新科学による研究結果を織り交ぜながらその謎を解明する。 今回は先代の初代「はやぶさ」の偉業を振り返る。 初代「はやぶさ」は小惑星のかけらを地球に持ち帰る・・・といった偉業を成し遂げたが、その道は困難の連続だった。 地球への帰還中に通信が途絶えて行方不明になったり、イオンエンジンの故障等。 初代「はやぶさ」の波乱万丈に満ちた偉業とその冒険物語を紹介する。 その歌には宇宙空間の静寂さそして時にはあらゆる音が交わったにぎやかな空間を表現する力がある。 今回は2018年には宇宙へ音楽を送るというイベントまで行われた。 「コズミックソング」の世界を紹介する。 古代の人類が世界最古の「手形」が見つかったスラウェシ島の洞窟を出発点に新天地オーストラリアへの経路、「海の道」に星との出会いのルーツがあった。 古代の人類がどのように海を渡ったのかを先住民族アボリジニに伝わる「星の神話」を手がかりにその謎を紐解く。 大噴火の影響により長期にわたって地球全体を寒冷化させた事で当時地球上に10万人いた人類は1万人にまで減少した。 わずかに生き延びた人類は、この危機をどうやって打破し現在に至ったのかを解説する。 だか現在、日本のすばる望遠鏡の8億7000万という画素でダークマターを撮影したことでその謎解明に一歩近づいてきた。 ダークマターの正体に迫る研究者たちの挑戦を解説する。 その実態は未知の惑星発見およびコンピューター・シミュレーションによる画像の提供等、銀河の進化のプロセスの解明に多大なる貢献をしている。 今後、人工知能・AIが宇宙開発に及ぼす可能性を解説する。 そして星空絶景など、宇宙を身近に感じることができる地域でもある。 知られざる岐阜と宇宙の関係性について解説する。 「オウムアムア」は宇宙船のような細長い葉巻型をしている。 はたして「オウムアムア」の正体は何なのか?限定された情報を元に天文学たちの見解を紹介する。 その先駆けとして国内に宇宙版シリコンバレーを設置し、280社の誘致に成功済み。 今回はイギリスの火星探査ローバーや宇宙旅行用のロケット開発について解説する。 光センサーを新型に一部変更および水純化装置の改良が行われた。 5か月間にわたる研究者達の努力の記録と4Kで撮影した貴重なスーパーカミオカンデの内部映像を公開する。 限られた時間の中での強力エンジンの開発およびコンピューターの小型化。 そして飛行士が発した謎の言葉、「月の裏側でサンタクロースに会ったよ。 」の意味するものは?アポロ8号に与えられた作戦の全てを解説する。 だかその「リュウグウ」は想定以上に平地が少ない上、安全に着地できる場所が僅かであったために日程を延期で「タッチダウン」を行う事になった。 、観測から明白になった「リュウグウ」の最新情報を解説する。 論点は「いつ、どこで出会うのか」という事のみである。 今回は「太陽系」「銀河系内」「銀河系外」においての生命体との遭遇を科学的にシミュレーションし、これから訪れるであろう未来の大発見を解説する。 このような宇宙の脅威から地球を守るために世界の関係者が協力して探査を開始した。 これら地球防衛・技術の最前線を解説する。 そして南極の氷の下に広がる湖底にはその酸素を生み出した微生物の塊の存在も確認されている。 南極の広大な湖底には地球が酸素で満ちた謎にあふれている。 地球が酸素に満ちた星になった起源を解説する。 あれから一年、様々な土星に関する観測データーは世界中の科学者達に分析され土星の輪の構成要素、そしてこれまでの定説とは根本的に相反する可能性が明確になった。 探査機カッシーニの土星観測データーの最新成果を報告。 当時の同僚も「今なら確実にノーベル賞候補だ」と語っていた。 しかし彼女の功績が認められて2018年、賞金3億円の科学賞が女性に与えられたのだ。 この50年間にパルサー研究は女性天文学者たちに受け継がれ、大きく発展していった。 最初に発見した女性天文学者の人生とパルサーの謎を解明する。 この発見は銀河の位置と動きを示した宇宙地図の賜物である。 2019年1月にはさらに広範囲の宇宙地図が発表された。 天文学者たちの宇宙地図作成のルーツとその研究について解説する。 この現象はタイムマシーンのような観測を可能にし、宇宙の最果てを見ることにも応用されている。 重力レンズがもたらす驚異の宇宙を解明する。 NASAと建築デザイナーは巨大な3Dプリンターを活用し、不思議なデザインの家作りを既に開始している。 エジプトの大ピラミッドの内部にミューオン透視技術によって未知の巨大空間が発見された。 この透視技術で火山灰の下に保存されているポンペイ近郊の遺跡やマヤ文明最盛期のコパン遺跡等、次なる古代史の謎の解明に挑む。 10年に及ぶ準備期間を経て世界各地の望遠鏡をネットワークで結んで、仮想的に地球サイズの巨大望遠鏡でブラックホールを直接観測が開始された。 しかしこの観測では数々のトラブルが発生し研究者達を悩ませた。 最新の研究成果を報告する。 その内容は宇宙の始まり、ブラックホール蒸発、タイムトラベル等…常識外れの理論を次々と打ち出してきつつ、最後の著書で、環境問題やAIの脅威など「人類の未来」に警告を発していた。 これらの事に加え友人たちの証言をまじえて人間・ホーキングの素顔について語る。 そしてこの銀河大衝突は人類が地球に存在する上で大きな意味を持っている事も分かった。 ?最新の天文学から人類誕生の壮大なストーリーに迫る。 新進気鋭の惑星科学者・成田憲保氏もその1人である。 次世代のサイエンスコミュニケーターとして人気と大きな期待が寄せられている、成田憲保氏に地球外生命探査の最前線について解説していただく。 この不思議な量子の振る舞いをわかりやすく解説する。 何故、占星術は脈々と受け継がれてきたのか?エリザベス女王の運勢を星から読みとく占星術サークルの女性達や占星術で修士号のとれる大学等を紹介する。 1回目は、地球によく似た岩石惑星の水星と金星。 「死の惑星」と思われていたこれらの星は地球のような楽園の時代があったという。 多くの探査によって明らかになった水星と金星の素顔を解説していく。 しかしこの2つの惑星、「地球」と「火星」はそれぞれ全く異なる姿に変貌を遂げた。 火星が地球と全く異なる姿に変貌した謎を解明する。 3回目は太陽系の惑星の配列を大きく変えて、地球にも大きな影響を与えた、太陽系で最も大きく、巨大な重力を持つ惑星・木星。 はるか6億km以上離れた木星は現在の人類繁栄にも大きく関わっていた。 最新科学探査をもとにした高精細CGでその謎を解説する。 破滅的な事件を繰り返しながら、創造の歴史を歩んできた、土星。 その美しいリングは土星が持つ強力な重力が作ったものだ。 そして土星を回る衛星には生命がいる可能性が秘められている。 最新科学探査と高精細CGで土星の謎を解説する。 今回は50年前の1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した宇宙飛行士たちの肉声を使い、忠実にドラマで再現する。 管制室とのやりとり及び帰還するまでの8日間を解説する。 50年前の1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功し、その世紀の瞬間は全世界に生中継され人々を熱狂させた。 地球へ帰還するため月面を飛び立つまでの模様を忠実に再現したドラマでお届けする。 天王星には謎の雲、海王星には時速2千キロの暴風、海王星の衛星トリトンには高さ数キロに及ぶ大噴出が発生していた。 これら太陽系の最果てを高精細なCGで迫る。 この人類史上最遠の天体に大接近の成功を最新探査を元に太陽系誕生について解説する。 地球とは完全に異なるその「異形の世界」にどのような生物が存在するのか最新の科学を元にその謎を解明する。 いったい誰が何の目的のために作ったのか?実はこのゴールデンハットにはカレンダーの役目があり、日食や月食という複雑な天体現象の予測に使用されていた可能性がある。 この古代文明の謎を究明する。 仮にあなたが宇宙旅行に行った場合に宇宙の絶景ポイントやシャッターチャンスを指南。 宇宙での体験を徹底して解説する。 その暦の決まりに基づき、新天皇による一世一代の神事「大嘗祭」の日取りは決められた。 本職は江戸幕府お抱えの囲碁棋士で天文暦学や算術にも精通していた。 渋川春海の半生を史上初、時代劇ドラマで迫る。 ゲストに日本人で宇宙滞在最長記録を持つ宇宙飛行士の若田光一さんを迎え、宇宙にまつわる映画・ポップス・クラシック等の数々の名曲と貴重な映像と共にコンサート形式でお伝えする。 そして伝説的バンド・QUEENと宇宙の意外な関係、宇宙探査における日本の活躍なども解説する。 ミッションは大ピンチに立たされながら1年5か月に及んだリュウグウ滞在の間に歴史的な快挙が成し遂げた。 はやぶさ2の中心メンバーにロングインタビューを元にミッション成功の舞台裏を解説する。 そしてその診断結果を元に「処方薬」を発表する。 現在、アポロ計画で有人探査に成功したアメリカに続き、中国とインドも有人探査に向けて準備を進めている。 、ゴールドラッシュならぬ、ムーン・ラッシュで賑わいつつある月開拓時代を最新成果から解説する。 最新の観測結果から火星の真実を解明する。 今回、「はやぶさ2」のライバル「オシリス・レックス」に課されたミッションは「はやぶさ2」と同じ小惑星からサンプルを持ち帰る事である。 日米の宇宙機関の極秘とされていた関係を紹介する。 成功に辿り着くまでは22年の長い時間がかかった。 金星の無人探査機着陸を成功に導いた、執念と情熱のベネラ計画について解説する。 星は巨大なガスの塊の奥深くで作られていて、その誕生過程は詳細までは今でも分かっていない。 星誕生のメカニズムを最新の観測機器や高度なコピューター・シミュレーションで最新研究を元に解明する。 しかしながら「ガンマ線バースト」は神出鬼没かつ瞬時に消滅してしまうため半世紀を費やし、研究者達はその謎を研究してきた。 2019年1月、東京大学のチームが地上にある望遠鏡で史上最強クラスのガンマ線バーストの観測に成功した。 最新の研究からその謎に迫る。 の真実 アメリカ国防総省は2020年4月に海軍の戦闘機が撮影したUFOの映像を公開し波紋を呼んでいる。 目撃したパイロットがニュース番組に出演し公の場で証言したり、国防総省はUFO現象を調査する極秘機関を立ち上げたり大きな動きがある。 アメリカやフランスの研究機関が進める最新UFO調査について解説する。 その一つがカナダ最北部の島では5000万年前の切り株の発見により、当時の北極には温暖な沼地が広がり、亜熱帯性の植物に恵まれていた事が伺える。 激しい変動を繰り返す地球の気候史を極地研究により解説する。 ロシアの湖で掘削された堆積物から過去350万年の地球の気候は太陽系の運動が生み出すサイクルにより氷期と間氷期を繰り返してきた事がわかった。 今後、人類が直面する未来の気候を過去の温暖化を参考に解明する。 そしてマヤ文明では独自の暦を生み出していた。 さらにかつてアステ力文明は太陽神を崇拝し太陽に活力を与えようと太陽殿の上で生きた人間の心臓を取り出し捧げるという儀式を行っていた。 歌手・荻野目洋子さんが宇宙の神秘を求めて陽気なメキシコ人と交流しつつ、テオティワカン遺跡・近代天文学発祥の地・チャプルテペック城等を巡りつつ天文学の原点を解説する。 乱太郎、きり丸、しんべヱの3人が、稗田八方斎が流れ星に当たって変身した八方星(声:)に連れられアヒルさん型宇宙船に乗り、地球から出て太陽系の天体を巡る冒険に出る。 満月の夜、謎の光に連れ去られそうになった山田伝蔵(「伝子」に変装)と乱太郎ら3人は、アヒルさん型宇宙船で月ウサギ(声:)に遭遇し、彼の案内で月面を巡ることになる。 の段 アニメ『忍たま乱太郎』とのコラボレーション番組。 の段 アニメ『忍たま乱太郎』とのコラボレーション番組。 そして太陽の謎に迫る大規模な観測が各地で行われるのである。 太陽のまわりをおおう太陽の表面よりはるかに高温「コロナ」が地球に被害を及ぼす可能性のある「磁気嵐」等について観測衛星など最先端技術を駆使して解説する。 チリ・アタカマ砂漠の標高5000メートルに設置されたアルマ望遠鏡と満天の星々および四季折々の風景と星空。 桜と星空、富士山と星空、京都の橋と満月、棚田の水面に映る月、高山植物や日本アルプスと星空、皆既月食等。 夏の天の川から冬のオーロラ、さらには各地で観測を続けている天文台を紹介する。 富士山、中部山岳地帯、東北地方の松島や浄土ヶ浜。 北海道の摩周湖や四季折々の風景を映し出す。 前半は「宇宙」、後半は「海」。 映画「ライトスタッフ」や「アポロ13」、そして最新の宇宙探査機「はやぶさ2」の挑戦などを送る。 星々の下で光る稲妻と宇宙と大自然の神秘がさらに深まる映像で紹介。 ゲストに日本人で宇宙滞在最長記録を持つ宇宙飛行士の若田光一さんを迎え、宇宙にまつわる映画・ポップス・クラシック等の数々の名曲と貴重な映像と共にコンサート形式でお伝えする。 そして伝説的バンド・QUEENと宇宙の意外な関係、宇宙探査における日本の活躍なども解説する。 脚注 [ ].

次の

合同会社コズミック・イー・トラベル

コズミック トラベル

" Sittin'on tha roof あかく翔んでく 宙見上げれば天地が逆さ I do, I do, Ido 深呼吸 描く星座のサーカス move どっから来たんだ 見つけに行く? いや単純なはず Tu - lulu, Tu - lulu 歌って地球人の Main amplifier I wanna hear you So good, So good, So good 辿る追憶 100パルスと luv Ave. アテカンで歩いて行く 'Cuz I'm crazy cool 爆発と熱風 時代を越えてそう I got you Guess all I'll do 太陽を Steal and turn into I'm tha parashootin' fool もしくはよく出来た Rocket Woo! Look up to tha star フィガロ I radio you ZERO, Character, Caster, 革命家 COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 投げる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION ノレル A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 撫でる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 成せる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT " Oh, Christopher Colombus! " Let's do it イザナギイザナミ時代の淀み Glass, plastic and… 陽だまりに Pen light spot 創造の果ては壮大な神話 In the world Your brain 着想開始 It's like a puzzle E-Yo tell me 一体 Where is it born in? Flame rain もしや Mid night radio? You can do teleportation with me! そう 奇想天外 Innovation So so good,,, Supre freak でも OK よ 原子 遺伝子 電子 ひねる Imagination S と N を握り大胆にコラージュ One night 夢見た手法 Montage 計れない栄華 歴史へのオマージュ永遠に Infinity space 透明なステージ ユーモア満載 Scientific attack! 化学者 Touch the explosion COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 投げる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION ノレル A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 撫でる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 成せる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT REVOLUTION GYEA GYEA GYEAH! WHAT YOU DOIN' SO LONG?! COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 投げる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION ノレル A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 撫でる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP CLEAR UP THA 言語プロセッサー COZMIC TRAVELA LA LA LA POP THA BUBBLE IN THA TROUBLE OF FASHION 成せる A CAPELLA LA LA LA LISTEN UP JUST GIVE 'EM AN UPPER CUT REVOLUTION COZMIC TRAVELA POP THA BUBBLE IN THA RIDDLE TROUBLE OF FASHION COZMIC TRAVELA POP THA BUBBLE IN THA DOUBLE TROUBLE OF FASHION COZMIC TRAVELA POP THA BUBBLE IN THA TRIPPLE TROUBLE OF FASHION COZMIC TRAVELA POP THA BUBBLE IN THA REAL TROUBLE OF FASHION " Oh, Christopher Colombus! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 SOUL'd OUTさん『COZMIC TRAVEL』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 SOUL'd OUTさん『COZMIC TRAVEL』の歌詞 コズミックトラベル words by ディギーモーブラザーハイ music by ディギーモーシンノスケ Performed by ソウルドアウト.

次の

合同会社コズミック・イー・トラベル

コズミック トラベル

フランスの小さな街への個人旅行をお手伝いします。 トゥルーヴィル・ドーヴィルへのオーダーメイド旅行を得意としています。 フランス・ノルマンディー地方の美しい砂浜が広がる海辺の街、トゥルーヴィルとドーヴィル、文豪のマルセル・プルーストも「失われた時を求めて」で海辺の情景を描写しています。 この二つの街は川を挟んで同じ地域にあります。 日本ではあまり馴染みがなく、街で日本人の方に出会うことはほとんどありませんが、パリの人には人気があるようです。 コズミック・イー・トラベルはパリからの日帰りではなく、ここに宿泊するタイプのオーダーメイド旅行をサポートします。 トゥルーヴィルは、新鮮な魚介類が豊富な魚市場、カフェ、ビストロが数多く並ぶ生活感の溢れる庶民的な街です。 ポスター画家のレイモン・サヴィニャックが晩年暮らした街でもあり、街中で彼の作品の壁画を幾つも見ることができます。 ドーヴィルは映画「男と女」の舞台ともなった街です。 また、ココ・シャネルの出発点になったとも言える場所です。 有名ブランド、ドーヴィル競馬場、シーズン中のカラフルなパラソルで彩られた浜辺、さらにアジア、アメリカ映画祭などのイベントも開かれる華やかな雰囲気の漂う街です。 二つの街を行ったり来たりして比べてみてはいかがでしょうか。 使命: ゆったりとした、きままな旅行ができるよう、お手伝いすることに心がけています。

次の