将棋 ウォーズ 棋譜。 将棋ウォーズの棋譜をSHOGIGUIで読み込む(「リモートサーバーがエラーを返しました」対策)

将棋ウォーズの棋譜を将棋ソフト「elmo」で検討・解析する方法

将棋 ウォーズ 棋譜

現在、「将棋ウォーズ棋譜ダウンローダー」は将棋ウォーズの新仕様に対応しておらず、「将棋ウォーズ棋譜ダウンローダー」自体のダウンロードもできません。 一括ではないですが、などをご利用ください。 ネット将棋対局サイトとして人気のだが、公式に棋譜ダウンロードサービスは用意していない。 しかし、外部ツールを使えば、一括してダウンロードが可能だ。 自分の指した棋譜をまとめて落としてもよいし、参考になる強豪の棋譜を参考のために手に入れるのもよいだろう。 右玉党なら、をダウンロードして鑑賞するのは非常に参考になる。 将棋ウォーズ棋譜ダウンローダーでダウンロードする まずは、「」を開き、「ShogiWarsKifuDownloader. zip」をクリックしファイルをダウンロードする。 ファイルを解凍して、「ShogiWarsKifuDownloader. exe」を実行する。 将棋ウォーズのIDを入力し、「10秒将棋」など種別にチェックを入れて「参照」で保存先を設定したら「ダウンロード」をクリックする。 ダウンロード作業がはじまるので、しばらく待とう。 指定したIDの棋譜がすべて手に入った! ダウンロードした棋譜データは、将棋ソフトに読み込ませて再生できる。 また、活用テクニックとしては、 ・ShogiGUIの定跡データベースに登録する ・柿木将棋IXの棋譜データベース機能で局面検索できるようにする などの方法があるので、今後紹介していきたい。

次の

将棋ウォーズの棋譜を保存・再生する方法~3ステップ~

将棋 ウォーズ 棋譜

将棋ウォーズのゴールドポナが超強い! 将棋ウォーズは全国にいる誰かと対局することができるアプリですが、実はあらかじめ搭載されている 「コンピュータ」とも対局できるんです。 コンピュータと言っても棋力は10級~十段と幅広い強さが用意されているので、初心者の方も十分に楽しめると思います。 自分自身の棋力が上がっていけばどんどん棋力が上のコンピュータと対局できるので、最強のコンピュータと対局できるよう昇級昇段を頑張るのもいいかもしれませんね。 そこでご紹介したいのが、いわば将棋ウォーズのラスボス的存在の 十段のコンピュータです。 その名も、GoldPona(ゴールドポナ)! どれだけ強いの?どうせアプリだから大したことないんじゃないの? と、思ったそこのあなた!ゴールドポナがどれだけヤバい奴か検証してみようじゃありませんか。 と、言っても僕ごときがゴールドポナと対戦してもまず勝てないので、もっともっと強い人をご用意しました。 そう、アマチュア界最強の 早咲誠和さんです。 全日本アマ名人戦4度の優勝をはじめとした全国レベルの大会を16回制覇し、その他の大会も含めると・・・ 優勝回数は300回以上! アマチュア界のラスボス「早咲誠和さん」と、将棋ウォーズのラスボス「ゴールドポナ」が対局すれば、ゴールドポナの実力が目に見えて分かると思います。 そんな 奇跡の対局動画をご用意しましたので、じーーーーっくりと最後まで見逃さずにご覧ください! ・・・・・・・ たったの82秒でアマチュア王者が「秒殺」されちゃいましたね。 (驚) まぁ普通の人はゴールドポナ(十段)にたどり着くことすら難しいと思うのですが、いつの日か対局して早咲さんの仇を取りたいですね。 (笑) 将棋ウォーズの棋神の弱点とは? 将棋ウォーズをやっている人なら当然ご存知かと思いますが、ピンチの時に使いたくなっちゃう物がありますよね。 そう、「棋神」です。 とても強いコンピュータが 自分の代わりに5手連続で指してくれるという反則級のアイテムとして人気を集めています。 棋神は1つ120円で販売されていて、この棋神を3つ同時に使うと 「GOLD棋神」という棋神よりもさらに強いコンピュータが指してくれるんです。 まぁ貧乏な僕はGOLD棋神なんてもの「もったいなくて」たったの一度も使ったことがありませんが。 (笑) が、普通の棋神はたまーに使っています。 普通の棋神でもアマチュア全国レベルの手をバシバシ指してくれるので十分強いんですが・・・ 実はこの棋神にも 「弱点」があることを皆さんご存知でしょうか? 実は僕、ある局面で棋神を使用した際に とんでもない悲劇に見舞われました。 棋神がアマ10級レベルのクソみたいなミスをして負けになっちゃったんですよこれが!(悲) 「いやいや、嘘でしょ?あの強い棋神がそんなミスするわけない!」 と、ツッコまれそうですが、真実なんです。 実はある条件のもと棋神を使うと、ギャグマンガみたいな手を指して負けます。 その条件とは、「時間切れギリギリ」に使う場合です。 残り時間があとほんの数秒の時に棋神を使ってしまったのですが、棋神自身も時間が無さ過ぎて 「焦った」んでしょうね。 (笑) すっごい悪手を指してくれて、ガッツリ負けちゃいました。 しかも、自分で普通に指していれば勝てていた局面で、です。 (相手も時間が無かったので) 無敵と思われていた棋神にもこんな可愛い弱点があったなんて笑っちゃいますね。 (笑) 将棋ウォーズの棋譜検索の方法も! 実はこの将棋ウォーズ、ただ対局するだけのアプリではないことをご存知でしょうか? あなたを強くしてくれる 「うれしい機能」が備わっているんです。 「強くならなくたって対局して楽しめればいい」という人には関係ありませんが、実際は今よりもっと強くなりたい!と思う人も大勢いらっしゃるはずなので・・・ 「棋譜検索」の機能をご紹介しちゃいますね! 要するに、強い人の棋譜を検索して過去の対局を再生し、パソコンやスマホを使っていつでも勉強できちゃうんです。 まず、上の画像のように「将棋ウォーズ 棋譜検索」とインターネットで検索してみてください。 そして矢印の部分にある「見る」という箇所をクリックすれば、お目当ての棋譜(対局)が再生できるんです。 将棋の初心者のうちは詰将棋が効果的ですが、だんだん対局に慣れてくると「強い人の棋譜」をガンガン見て自分の対局に取り入れていくのが最速で強くなれる方法だと思います。

次の

【将棋ウォーズ】初段までの道のり〜炸裂!と金の遅早〜【第1局目】

将棋 ウォーズ 棋譜

対人間ならではの究極の臨場感をお楽しみ下さい。 ・自動更新を行わない場合は、期間終了日の24時間以上前に解除してください。 ・ログイン中のiTunesアカウントにて課金されます。 ・ご利用料金は、期間終了前の24時間以内にiTunesアカウントにて請求されます。 ・当月分の解約はできません。 以前の購入時と同じApple IDでiTunesにログイン後、将棋ウォーズでログインして下さい。 apple. heroz. heroz. heroz. heroz. 運営さんの責任ではないのですが、駒をわざと成らなかったり、時間ギリギリまで詰まさなかったり、負けを確信したら放置したり接続を切ったり…。 全員が基本的なマナーを守り、気持ちよく将棋を指せればより良くなると思います。 また、30級なのに初段、二段に当たる、と言っている方がいるけれど、最初は自分の棋力をはかるための対戦と考えた方がいいです。 最初は1回勝つごとに1級ずつ昇級します。 級が上がらなくなった時、その級が自分の級位になります。 やっていく内にだんだんと自分に強さが合った相手とマッチングするようになります。 設定で少し弱めにすればだいたい同じくらいの相手にあたります。 特に3切れで、時間を切らすために王手マッシュする人いるけど、時間の使い方も強さの内だと思うから、仕方がないことだと思います。 誰でも勝ちたいと思うことは当然なので。 3切れの場合は指し手のはやさも段級位に関わってきますね。 つまり、なかなか降級、降段しない仕組みにはなっています。 また、自分より上の段級位の人に勝つと達成率はたくさん上がり、負けてもあまり落ちないようになっています。 自分より下の段級位の人が相手だとその逆になります。 この部分は将棋アプリとして十分だと思います。 設定から相手の強さ目安をかなり強い〜弱いまで決められるのは他にない強みかもしれません 上記の相手の棋力設定も含め、全体的に痒いところに手が届く仕様がきっちり揃えられている印象。 自分のアバターを設定できたり、棋士団に加入できたり、連勝数や総勝ち数を競う大会があったり。 基礎の部分は将棋のマッチングアプリとして機能しつつ、周辺の部分をオンラインゲーム的に充実させたアプリだと思います。 ではなぜ星1評価なのかというと、それら全てを台無しにして余りある不公平さがある機能に備わっているからです それが「棋神」 アプリ内蔵の将棋ソフトが自動的に五手指し進めてくれる機能です。 その強さはプロ棋士をも凌ぐほど。 一手二秒ほどという短時間での指し手であることを入れればその正確さに敵う人類はもはやいないでしょう。 他のオンラインゲームでも「課金者が有利すぎる。 無課金ではとうてい追いつけない」なんかのレビューはよく見ますが、将棋ウォーズはまさにそれ。 初手から詰みまで全て棋神に頼るいわゆる「オール棋神」には100億パーセント勝ち目がありません。 当然難しい局面で部分的に頼るのでも効果は絶大。 これを使われたら素直に諦めるか手数を伸ばして相手の棋神が切れるのを待つ他ありません。 うーん、この 無課金では一日三局までの対局制限があることも含めて考えると、純粋な将棋に不純なものをたくさん詰め込んだ結果できたアプリがこれという感じ その癖このアプリは将棋連盟公認で、金を払って然るべき申請をすれば公認の段位を認定してくれるというアホらしさ。 棋神で突き進めば駒の動かし方を知らない人でも六段を認定してくれるわけです。 かなり弱目の相手と対戦するには、それを選択する権利を課金して買わないとならない。 定量的に比較したわけではないけど級や段が一定以上に上がったり、あるいは上がりそうになるとと格上ばかりと当たるようになってうまく昇格できないようになる。 少し目上ならまだしも、3級と初段とかのレベルで まぁこれは勘違いだとしても、そもそも課金すればかなり弱い相手との対戦をできるっていうシステムが不条理な気がしたのでやめようと思った。 これって要するに課金したひとが格下相手に無双できて気持ちいいけど、課金しない人はボコボコにされるってシステムだよなと。 さらに、これを使える対戦と使えない対戦を分けてシステムが組まれてないから、そういう券とかなしで戦いたいという人に向けた設計が存在しない。 明らかに弱かった相手がノータイムでバチバチ刺してくるとあー、AIかって気分が萎えたりする。 あとは、相手が接続を切ると、なぜか切られた方が延々と待たされる設計。 自分の負けを確信すると1分ぐらい放置した上で接続切る奴とかいてストレスフル。 悪くないこっちがなぜ待たされなければならないのか。 あと時間制限制だけど、0カウントになってるのに3手くらいふつうに指してきたりする。 自分もやろうと思えばできるのだろうから不公平ではないのかもしれないが、これって最後の0秒だけ時間が相対的に伸びてね?ってなる。 あとは、形勢がいい方が時間切れになりにくい気がして、若干不公平な気もするが、これは気のせいかもしれない。 あと、スマホだからふつうに一マスずれたりするんだけど、これ、訂正する方法が皆無。 これは1手10秒切れ負けとかなら仕方ないのかもしれないけど、10分切れ負けとかではどうなのって思う。 他の将棋ゲームで1手10秒切れ負けでもうまくやってるものもあった気がする と、諸々あって引退です。 まぁ、あくまで個人の感想です。

次の