痒み ヒスタミン。 透析患者のかゆみと治療薬一覧・用量調節が必要な第二世代抗ヒスタミン薬【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

ヒスタミン

痒み ヒスタミン

頭皮や肌の『不快な痒み』について。 今回は、『食生活や栄養バランスの乱れ』に焦点をあてていきます。 栄養不足による頭皮や肌の乾燥や、ストレスが関係する血行の不良など。 生活習慣の中に潜む痒みの原因と、その改善方法などを紹介していきます。 『肌が痒い』と感じるメカニズム。 痒みの原因、ヒスタミンについて。 まずは 頭皮や肌が『痒い』と感じるメカニズムについて、簡単に説明しておきます。 そもそも、肌が痒みを感じるシステムは『ヒスタミン』という物質が関係しています。 この ヒスタミンが多く分泌されることで、肌は『痒い』と感じるのです。 ヒスタミンは外的刺激から身体や皮膚を守るために分泌される物質であり、分泌量が正常であれば特に問題のない成分です。 弱っている状態の肌は、ちょっとした外敵刺激でも『ダメージ』を感じてしまうため、ヒスタミンが過剰に分泌されるようになります。 このような症状が進んでいくと、本来は肌に無害なものにもヒスタミンが反応するようになり、敏感肌、アトピー肌、アレルギー性の痒み肌を生み出してしまいます。 アトピー性皮膚炎は、肌だけでなく頭皮にも発症します。 日常的に、刺激や洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると、頭皮のバリア機能低下や乾燥化が進み、頭皮が軽度のアトピーになってしなう事もありえます。 それでは、食生活や生活習慣の中で、実際に『痒み肌』を改善するためのアドバイスをいくつか紹介していきます。 食生活・栄養バランスの乱れ ビタミン・ミネラル不足 を改善し、痒み肌対策 まずは、 食生活や栄養バランスを整えて、肌の乾燥や血行不良を改善していく方法です。 ビタミン類の一部には、痒みの元となるヒスタミンの作用を制御するものがあるので、直接的な『痒みの緩和』としても効果的です。 肌の再生・代謝を助ける: 亜鉛 亜鉛には直接ヒスタミンを制御する効果はありませんが、皮膚の再生や代謝に大きく関わるミネラルであるため、不足すると肌や髪のダメージにつながります。 亜鉛不足でひどいアトピーに悩んでいる場合、適切な量の亜鉛を摂取するだけで、症状が劇的に良くなることもあります。 こちらの記事「」もご参考下さい。 ここで挙げた『かゆみ肌に効く栄養』のほとんども、髪や肌の美容に効果のある栄養と重複しています。 もしも頭皮の痒みだけでなく、薄毛や肌荒れの悩みも抱えている場合は、積極的に栄養バランスを見直していきましょう。 代謝を上げて『痒み』を改善。 痒みと血行は不思議な間柄で、血行が増加しても、血行が低下しても、どちらの場合でも痒みを感じることがあります。 寒い場所にいたため収縮していた血管が、温かい室内にもどると拡張されるため、急激に血流が増すことで『痒い』と感じます。 痒みは一時的です。 その結果として、肌の元気が失われ、バリア機能は低下し、痒み肌へと変化してしまいます。 当然注意したいのは、急激な血流増加による痒みではなく、『慢性的な血行不良』が原因の痒みです。 そもそも、血行不良は『薄毛進行の原因・育毛・美容の大敵』ですので、『痒み頭皮』だけでなく『薄毛リスク』を低減するためにも改善しておきたいポイントです。 頭皮を含む末端の血流が良くなり、全身の血行改善につながります。 ゆっくり入浴や頭皮マッサージを習慣に。 特定の栄養が不足すると、血管や血の質へも悪影響があります。 慢性的なストレスや極度の緊張が、痒み肌に繋がることも。 一時的にストレスを受けるだけならさほど問題はありませんが、 日常的なストレスは、慢性的な血行不良につながることもあります。 また、強いストレスは自律神経の乱れや、免疫力の低下、ホルモンバランスの異常を起こし、それらが影響して痒みを引き起こすこともあります。 この場合、ストレスそのものを取り除くのが一番ですが、日常生活におけるストレスを完全に取り除くことは簡単ではありません。 まずは、外敵ストレスに強くなるために 栄養バランスを整える 免疫力の向上 、運動をする 血行改善 ・リラックスタイムを作る 血行改善 などで対策をしていきましょう。 ・意識してリラックスタイムをつくる。 ストレスと血行の関係や、運動習慣やリラックスタイムによる改善策は、で詳しく解説しています。

次の

透析患者の皮膚のかゆみはなぜ起きる?かゆみの症状とその治療方法。

痒み ヒスタミン

150 pt 「かゆみ成分」が何か、にもよるので調べてみました。 Wikipedia の によれば、 吸血の際は皮膚を突き刺し、吸血を容易にする様々なタンパク質などの生理活性物質を含む唾液を注入(中略)した後に吸血に入る。 この唾液が、人体にアレルギー反応を引き起こし、その結果として血管拡張などにより痒みを生ずる。 なので、蚊の唾液に含まれている成分のようです。 実際に蚊の唾液腺を分析した「」によれば、 唾液腺抽出物中にhistamine, putrescine, spermine, およびspermidineが検出されたが, serotoninは検出されなかった。 とあり、、、 はかゆみ成分とは考えにくいので、残る が原因物質なのではないかと推察されます。 Wikipedia にも記載されているように、ヒスタミンはアレルギーの原因になる物質です。 化学物質としては融点83~84度と熱に強そうです。 さらに、 の記述によれば、 ヒスタミンは熱で分解されにくいため、加熱処理により菌は死滅したとしても、一度産生、蓄積されたヒスタミンを取り除くことは困難である。 すなわち、細菌が死ぬほどの熱を加えてもヒスタミンは残存する、という事です。 「かゆみ成分」がヒスタミンであるとすれば、ちょっとやそっとの熱では破壊されない、と言えるでしょう。 しかしこれは、かゆみ成分を熱で破壊するのではなく、刺された部分の血流を下げてかゆみを抑える、という原理のようです。 (ちなみに数時間の間、効果があるそうです) 出典となっている PDF をざくっと読んでみた限りでは、41度のお湯だと効果はあまりないようです。 冷やす方でもかゆみは低下しますが、局所の血流量には影響を及ぼさなかった、との事です。 この研究自体は、蚊とは直接の関係はないものだと思われます。 ご参考になれば幸いです。 60 pt 専門家の意見はその逆です。 白井良和さん 害虫防除技術研究所代表、有限会社モストップ取締役、医学博士。 蚊の駆除・蚊除け剤・蚊捕獲器の評価試験や、蚊に関する書籍・CD-ROMの販売、害虫駆除業、 研修会での講演活動、マスメディアへの協力や情報提供などを行っている。 蚊に刺されたときは、かけばかくほどかゆくなってしまうので、かかずに冷水や保冷剤で冷やしましょう。 冷やすことで毛細血管が収縮して、ある程度はかゆみを抑えることができます。 もちろん、かゆみ止めを塗るのも良いですね。 「刺されたところを温めるとかゆみがなくなる」と言う人もいますが、温めると毛細血管が拡張して血の巡りが良くなるので、 余計にかゆくなってしまうケースのほうが多いでしょう。

次の

痒みを和らげる方法・掻いて傷つけない方法 [アトピー性皮膚炎] All About

痒み ヒスタミン

肝臓の病気である「肝硬変」になると、肝臓で作られる 胆汁が正常に循環しなくなること( うっ滞)により、からだに かゆみが発生する場合があります。 胆汁の中の成分(胆汁酸)が蓄積し、かゆみの原因であるヒスタミンを増加させることが、かゆみ発生のメカニズムだと考えられています。 強いかゆみがあると、眠れなくなってしまう方も多いようです。 かゆみを抑えるためには、かゆみの原因を取り除くことと 掻かないことが大切です。 掻いてしまうと、その刺激によって更なるかゆみ物質 ヒスタミンを分泌させてしまいます。 この「肝硬変」や「慢性肝疾患(慢性肝炎)」によるかゆみは、一般的なかゆみの治療薬(抗ヒスタミン薬)では効かない場合が多いです。 そこで、高コレステロール血症を治療する2つの薬剤が使われることがあります。 以下の表にて、どのような薬剤なのか比較します。 5g(錠は3錠、ミニは1. 81g)を1日2回、朝夕食前に水とともに経口投与する。 最高用量は1日4gとする。 通常成人にはコレスチラミン無水物として 1回4gを水約 100mLに懸濁し、1日2~3回服用する。 重要な基本的注意 本剤は十分量( 200mL程度)の水で服用させること。 のどの奥に残った場合には、さらに水を飲み足させること。 粉のまま服用した際、誤嚥することで呼吸困難を起こすことがある。 必ず懸濁してから服用する。 作用機序 コレスチミドは消化管で胆汁酸を吸着し、その排泄促進作用により胆汁酸の腸肝循環を阻害し、肝におけるコレステロールから胆汁酸への異化を亢進する。 本剤は陰イオン交換樹脂であり、消化管内で胆汁酸、陰イオン性物質や酸性物質等と結合してその吸収を遅延・抑制させる。 特徴 1回あたりの服用量がクエストラン粉末に比べて少ない。 また、懸濁しなくてよいため、服用時の負担が少ないことが利点である。 添付文書上では、コレバインミニと比べて1回の水分量が少ない。 ただし、クエストランは服用時に懸濁する必要がある。 慢性肝疾患患者における掻痒症への効能を示す文献報告も多数あります。 しかし、かゆみへの効能は保険適応ではありませんので、基本的に自費での診療になります。 かゆみを防ぐスキンケア スキンケアとは、皮膚を健康に保つことであり、皮膚を清潔にし 乾燥を防ぐことが大切だといわれます。 乾燥を防ぐためには、 保湿剤が有効です。 特にお風呂あがりは、5分以内など早めに使用することが効果的です。 その際、手のひらで全体に伸ばすように塗るのがコツです。 また、汗を放置すること、つめで皮膚を引っ掻くこと、衣類での刺激、化粧品での 刺激を避けることも大切です。 つめは、つめ切りやヤスリを使って手入れをし、伸びすぎや尖った状態にしないようにしましょう。 外的な刺激を避けることも、かゆみを悪化させないために重要です。 さらに、エアコンなどによる 乾燥も皮膚の大敵です。 適度な温度・湿度を保つことも大切です。 注目される「ナルフラフィン」(保険適応あり) ナルフラフィン塩酸塩2. ナルフラフィンは、もともと血液透析患者の「かゆみ」に対して用いられていましたが、2015年5月、慢性肝疾患(肝硬変など)がある方にも使用が可能になりました。 慢性肝疾患の 2割が痒みを伴います。 そして、かゆみの種類は、以下の2種類があります。 からだを掻いたり、冷やしたりするとかゆみが改善する現象も、この「ダイノルフィン」という物質が関係しています。 飲んだらすぐに効くのではなく、数日後から1週間程度で効果がではじめるといわれます。

次の