インスリン 注射 種類。 注射治療の選択肢

インスリン製剤の種類と打ち方のパターン/-第2回 インスリン製剤の打ち方/糖尿病特集サイト/メディマグ. 糖尿病

インスリン 注射 種類

これなら、できる 週一回、簡単な操作で、HbA1cを目標へ。 糖尿病の注射というとインスリンを想像しがちですが、インスリン代替薬ではありません。 「トルリシティ」は身体がインスリンを出すのを助ける薬(GLP-1受容体作動薬)です。 「トルリシティ」はインスリン製剤とその他のすべての糖尿病治療薬との併用が可能ですが、併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがあります。 また「トルリシティ」単剤としても投与が可能です。 ちなみに「アテオス」とはトルリシティ専用の注射デバイスのことです。 「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞しています。 糖尿病には1型と2型が存在します。 インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。 1型糖尿病の患者には、基本的にインスリンそのものを注入して、治療します。 1型糖尿病の患者には、インスリン製剤による速やかな治療が必須です。 一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。 インスリン分泌を補助するGLP-1アナログ製剤(GLP-1受容体作動薬)の「トルリシティ」は、2型糖尿病に対して使用します。 効果がマイルドなので、治療の初期段階や他の薬と併用して使うことが多い薬です。 2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。 そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「トルリシティ」のようなインスリンの効果を高める薬を併用して、血糖をコントロールします。 糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。 週1回投与で済む「トルリシティ」は、血糖低下効果とシンプルで簡単な自己注射方式で、2型糖尿病患者をサポートします。 しかし、GLP-1受容体作動薬は初期段階の治療からインスリンとの併用まで、守備範囲の広い薬剤です。 米国糖尿病学会では、第一選択薬のメトホルミン(「」)で目標血糖値が未達成の場合の追加薬としてGLP-1受容体作動薬を位置づけています。 針の取付、混和、空打も不要) ・空腹時および食後の血糖値を改善 ・副作用発現率29. 操作が簡単で週1回で済むため、後期高齢者や要介護者でも使用しやすいと言われています。 老人ホームなど看護師の人手が足りない場所では、「トルリシティ・アテオス」のような薬剤が重宝されています。 在宅で訪問看護師に注射を依頼することも出来ますし、もちろん自己注射も簡単なため、いろいろな状況の患者に使用出来るというメリットがあります。 自分の 生活リズムに合わせて、朝昼晩、食前でも食後でも、いつでも注射が可能です(週1回同じ曜日に投与)。 1回使い切りで、操作はたった3ステップ。 投与を忘れた場合は、次回投与までの期間が 3日間(72時間)以上であれば、気づいた時点で直ちに投与し、その後はあらかじめ定められた曜日に投与します。 次回の投与が 3日(72時間)未満の場合は投与せず、次のあらかじめ定められた曜日に投与します。 インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。 1型糖尿病の患者には、基本的にインスリン注射を打って、治療します。 「トルリシティ」は注射剤ですがインスリン注射ではありません。 1型糖尿病の患者には、インスリン製剤による速やかな治療が必須となるので、「トルリシティ」を投与すべきでないとされています。 一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。 「トルリシティ」は、2型糖尿病に対して使用するデュラグルチド注射薬です。 2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。 そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「トルリシティ」のようなインスリンの効果を高める薬を併用して、血糖をコントロールします。 糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。 週1回投与で済む「トルリシティ」は、血糖低下効果とシンプルで簡単な自己注射方式で、2型糖尿病患者をサポートします。 「トルリシティ」に比べて半減期が短いので、1日2回、食前に注射が必要です。 「トルリシティ」は朝でも夜でも食前でも食後でも、自由なタイミングで注射が可能です(週1回)。 「バイエッタ」は単剤投与が不可なので、他の糖尿病薬の併用療法で効果が見られない場合の補助として使われています(「トルリシティ」は単剤投与OK)。 「バイエッタ」は重度の腎障害の患者には禁忌で、「トルリシティ」は膵炎の患者には禁忌です。 デバイスの大きさ、針の取り付けに違いがあります。 「ビデュリオン」は針の取り付けが必要で、更に混和(約80回振る)が必要ですが、「トルリシティ」は針があらかじめ装着されていて、薬の成分を混和する必要もないので、そのまま簡単に使えます。 また、「ビデュリオン」に比べて「トルリシティ」は針が細く、ほとんど痛みを感じないということです。 保存条件に関しては「ビデュリオン」の方が優秀です。 抗がん剤や抗うつ薬「」などの大型製品の成長が売上に貢献し、主軸のインスリン製剤では、糖尿病領域でシェアトップとなりました。 「トルリシティ」の売上は、前年(68億円)から3倍以上の159億円(2017年度)を達成しています。 市場拡大はさらに更新中で、GLP-1受容体作動薬でシェアNo. 1に立っています。 薬価制度改革では新薬創出加算が適応されませんでしたが、医療現場で高い評価を得ていることが好調の要因です。 2018年度の売上は228億円と予測しています。 週一回で「これなら、できる!」という自信の表情を表しています。 専用注射ペンを上から見たような、頭上の緑の球体が印象的です。 インクレチンのイメージも重ねているのでしょうか。 「トルリシティ」のシンボルマークにも使われています。 「トルリシティ」はインスリン注射と違って痛みも少なく、操作も簡単なので、シニアの方にも使いやすいのではと期待されています。 製品名:トルリシティ皮下注0. 75mgアテオス 一般名:デュラグルチド(遺伝子組換え融合糖タンパク質)注射液 持続性GLP-1受容体作動薬/グルカゴン様ペプチド-1 大日本住友製薬 イーライリリー 2016年9月投薬期間制限解除.

次の

インスリン自己注射 糖尿病・血糖値・低血糖の症状と注意点

インスリン 注射 種類

2016年8月1日掲載 血糖値を下げる薬には、飲み薬(経口薬)と、注射薬があります。 ここでは、血糖値を下げる注射薬について詳しく説明します。 血糖値を下げる薬について、 ・ ・ ・ もご覧ください。 血糖値を下げる注射薬の種類 注射製剤には、大きく分類してGLP-1(ジーエルピーワン)受容体作動薬と、インスリン製剤の2種類があります。 両方とも注射薬ですが、インスリン製剤はインスリンそのものを補充するのに対し、GLP-1受容体作動薬は、からだからのインスリンを出しやすくする作用があります。 それぞれの種類の注射薬について、詳しくみていきます。 薬についての全ての情報が記載されているわけではありません。 ご自身の薬について、詳しくは主治医、薬剤師、医療スタッフとよく確認しましょう。 ほかの病気がある方、妊娠中の方は特に注意が必要です。 使用中の薬に対する不安、不明な点がある場合も中止せず、まずご相談ください。 また、薬についての詳しい情報を知りたい方は、もご参照ください。 GLP-1 (ジーエルピーワン)受容体作動薬 インスリンの分泌を促す注射薬 一般名 (商品名) 毎日注射する製剤 1日1回注射する製剤:リラグルチド(ビクトーザ)、リキシセナチド(リキスミア) 1日2回注射する製剤:エキセナチド(バイエッタ) 1週間に1回注射する製剤 エキセナチド持続性注射剤(ビデュリオン)、デュラグルチド(トルリシティ) 作用 血糖が高い時にインスリンの分泌を促し、グルカゴン濃度を低下させ、血糖値を下げます。 また、胃・腸管での食べ物の移動が遅くなり、消化のスピードが遅くなる、食欲をおさえる作用などがあります。 体重を減らす作用があります。 単独の使用では低血糖の可能性が低い注射薬です。 インスリン治療はどんな人に使うの? インスリン製剤は、インスリンそのものを外から補う注射薬です。 まず、インスリン製剤はどのような方に用いられるかご紹介します。 ご自身の膵臓から必要なインスリンを十分出せない方は、インスリン製剤で外から補う必要があります。 インスリン治療が 必須となる場合と、インスリン治療が あった方が望ましい場合があります。 インスリン治療が必須な場合• ご自身のインスリン分泌がほとんどなく、生きていくためにインスリンの補充が必須となる方• 高血糖が理由でこん睡になっているとき• 重い肝臓の障害、腎臓の障害を合併しているとき• 重い感染症や外傷がある、中等度以上の外科手術を行うとき• 糖尿病合併妊婦、また妊娠糖尿病の方で食事療法だけでは血糖コントロールが不十分な方( ) インスリン治療が望ましい場合• インスリンが十分に出ないため、血糖値を良い範囲に保つために、インスリンが必要となる方• 血糖値を下げる飲み薬だけでは血糖を良い範囲にコントロールすることが難しいとき• やせ型で栄養状態が低下している場合• 糖尿病以外の病気で、血糖値が上がる治療薬を使用している場合• 緩徐進行1型糖尿病の方 () インスリン製剤の種類 インスリンを外から補うインスリン製剤には、おおきく6つの種類に分けられます。 表1:インスリン製剤の血液中での作用のしかた それぞれのインスリン製剤の種類についてみていきます。 超速効型インスリン製剤 一般名(商品名) インスリンアスパルト(ノボラピッド)、インスリンリスプロ(ヒューマログ)、インスリングルリジン(アピドラ) 作用 インスリンの追加分泌を補う製剤です。 食後の血糖値の上昇を抑えて食後高血糖を改善します。 注射のタイミング 食事の直前に注射します。 効果が出るまでの時間 注射してから10~20分と早い 作用が持続する時間 3~5時間と短い その他 注射後すぐに食事をとらないと低血糖になるため、注意が必要です。 食後の血糖値の上昇を抑制して食後高血糖を改善します。 注射のタイミング 食事の約30分前に注射します。 効果が出るまでの時間 注射してから30分~1時間 作用が持続する時間 5~8時間 その他 注射後約30分に食事をとらないと低血糖になるため、注意が必要です。 中間型インスリン製剤 一般名(商品名) 生合成ヒトイソフェンインスリン(ノボリンN)、ヒトイソフェンインスリン(ヒューマリンN)、中間型インスロンリスプロ(ヒューマログN) 作用 インスリンの基礎分泌を補う製剤です。 空腹時血糖の上昇を抑制します。 注射のタイミング 1日のうちの決めた時間に注射します。 効果が出るまでの時間 注射してから30分~3時間 作用が持続する時間 18~24時間 その他 成分が沈殿している懸濁(けんだく)製剤なのでよく振ってから使用します。 持効型溶解インスリン製剤 一般名(商品名) インスリンデテミル(レベミル)、インスリングラルギン(ランタス、ランタスXR、インスリングラルギンBS)、インスリンデグルデク(トレシーバ) 作用 インスリンの基礎分泌を補う製剤です。 空腹時血糖の上昇を抑えて、1日の血糖値を全体的に下げる働きがあります。 注射のタイミング 1日のうちの決めた時間に注射します。 効果が出るまでの時間 1~2時間 作用が持続する時間 ほぼ1日にわたります。 超速効型や速効型といった短く作用するインスリンと、長めに作用する中間型インスリンを、あらかじめ決まった割合の量で混合してあります。 混合製剤の種類によって、短めに作用するインスリンと長めに作用するインスリンの配合割合が異なります。 注射のタイミング 指定された食事の前に注射します。 混合されている追加分泌を補うインスリンの種類(超速効型または速効型)によって、食直前に注射するか、食事の30分前に注射するかが異なります。 作用が持続する時間 追加インスリンの作用時間としては、混合されている超速効型または速効型インスリン製剤の作用時間と同じです。 基礎インスリンの作用時間としては、中間型インスリン製剤とほぼ同じになります。 その他 成分が沈殿している懸濁(けんだく)製剤です。 懸濁製剤の場合はよく振ってから使用します。 使用方法についてよく確認しましょう。 配合溶解インスリン製剤 一般名(商品名) ライゾデグ配合注フレックスタッチ 作用 インスリンの基礎分泌、追加分泌を同時に補えるようにつくられた製剤です。 持効型インスリン製剤であるデグルデグと、超速効型インスリン製剤であるアスパルトを7:3の割合で含有した製剤です。 注射のタイミング 指定された食事の直前に注射します。 効果が出るまでの時間 効果の発現は超速効型インスリン製剤と、持効型インスリン製剤のそれぞれの作用時間にみられます。 作用が持続する時間 追加インスリンの作用時間としては、混合されている超速効型の作用時間と同じです。 基礎インスリンの作用時間としては、持効型インスリン製剤とほぼ同じになります。 その他 従来の混合型インスリン製剤と異なり、無色透明で、注射前の混濁操作が不要です。 インスリン治療の実際 インスリン治療では、その方がご自身で出せるインスリンの量や血糖値の状態、からだの状態などに合わせて、使用する製剤や回数、量を決めて行きます。 インスリン製剤の打ち方には、いくつかのパターンがあります。 強化インスリン療法 インスリン注射を1日に複数回行う方法です。 基礎インスリンを補うために持効型や中間型インスリンを使います。 また、追加分泌を補うために速効型や超速効型インスリンを使用します。 インスリン注射と合わせて血糖自己測定を行い、インスリン単位数の調整を行います。 低血糖への対応を知り、実行できることが大切です。 その他のインスリン療法 インスリンの基礎分泌が比較的保たれていて食後の血糖値が高い方に対して、食事前に速効型や超速効型インスリンのみを使う場合があります。 また、飲み薬でコントロールが難しい方に対して、基礎インスリンのみを補う持効型や中間型インスリンを追加して使用することもあります。 他にも、1日2-3回の混合型インスリン製剤の使用などいくつかの選択肢があります。 糖尿病の状態とライフスタイルに応じて実施可能な方法を主治医と相談しましょう。 持続皮下インスリン注入療法(CSII:シーエスアイアイ) 持続皮下インスリン注入療法(CSII)は、携帯型インスリン注入ポンプを用いて、インスリンを皮下に持続的に注入する治療法です。 食事ごとの追加インスリンはボタン操作で単位(インスリンの量)を設定し注入します。 従来のインスリン療法で血糖コントロールが難しい場合や、低血糖が多い場合、血糖コントロールをよりよくしたい場合、あるいは生活の自由度を高めたい場合などに有効と考えられます。 複数回のインスリン注射でも血糖コントロールが不安定な糖尿病の方や、手術や妊娠中などで厳格な血糖コントロールが必要となる方などが適応となります。 必ずしも1型糖尿病の方だけが対象になる治療法ではありませんが、より詳しくCSIIのことを知りたい方は、1型糖尿病の項にある解説のページを参照してください。 () 血糖値を下げる薬をお使いになる方は、低血糖になる可能性があります。 低血糖についてよく知り、また、いざという時の対応ができる事がとても大切になります。 詳しくは、、をご覧ください。 ご自身の薬については、主治医や担当の医療スタッフとよく確認しましょう。 血糖値を下げる注射薬の実際の使用方法については、担当の医療スタッフと確認をしてください。 注射製剤の使用方法 使用している注射製剤によって使用方法が異なります。 詳しくは、おかかりの医療機関で指導を受けてください。 表2:注射製剤の使用方法(ペン型のプレフィルド製剤の場合) ステップ 方 法 1• 必要物品を準備します。 注射薬の残量を確認しましょう。 注射製剤、注射針、消毒綿、針捨て容器 2• 流水で手を洗います。 濁った製剤(懸濁製剤)の場合は、よく混ぜます。 上下に10回ふり、手の中で転がして 全体が白っぽく均一になるようにします。 注射する部位を決めます(下記参照)。 同じからだの部分でも、少しずつずらして特定の場所が固くなったりしないようにします。 注射製剤に針をつけます。 注射製剤のゴム栓を消毒します。 注射用の針のふたを開けます。 針をゴム栓に垂直にさしてから、回してしっかりと取り付けます。 針のキャップを外します。 空打ちをします。 注射製剤のダイヤルを2単位、もしくは、指定された量に合わせて、針をまっすぐ上に向け、0になるまで注入ボタンをおします。 1滴でも液が出ることを確認します。 注射の量(医師の指示を確認ください)に単位を合わせます。 注射部位を消毒します。 注射針を皮膚に垂直に刺します。 * 注射は、皮下に入るようにします。 ご使用になる針の長さによって、またお子さんややせていらっしゃるなどの体格の違いによって、注射部位の違いによっては筋肉への注射を防ぐために皮膚を軽くつまむ、注射を刺す角度を45度などにすることもあります。 *ご自身にあった注射の方法を主治医や担当のスタッフとよくご相談ください。 注入ボタンを最後まで押して単位が0になったら、押し込んだまま10秒数えます。 注入ボタンを押したまま、ゆっくり注射針を抜きます。 針にキャップをつけて注射器から外し、針捨てに捨てます。 使用後の針はかかりつけの病院や薬局にお持ちください。 自治体によっては捨てる事が可能な場合もありますので、各自治体に確認してください。 注射製剤にキャップをつけて直射日光を避けた室温で保管します。 注射製剤の保管の方法• 使用中の注射製剤は、直射日光をさけた涼しい室温で保管します。 未開封の注射製剤は、冷蔵庫の凍らない場所(ドアポケットなど)で保管します。 注射の部位 血糖値を下げる注射薬は、皮下に注射します。 注射に良い部位は、 お腹、 上腕の外側、 おしり、 太ももなどがあります。 部位によって、薬が効いてくるまでにかかる時間が違います。 また、同じ箇所にばかり注射を続けると、その部分の脂肪が変化して固くなる、リポジストロフィーができます。 固くなった部分は、薬をうまく吸収できなくなるので、期待している効果が得られなくなります。 注射するところは、同じ部位の中でも毎回少しずつずらしましょう。 低血糖の対策をしましょう 注射薬の中でも、特にインスリンを使用している方、GLP-1受容体作動薬でも低血糖になりやすい内服薬を一緒に飲んでいる方は、低血糖の症状やいざという時の対処方法を知っておきましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 血糖値を下げる薬について、 ・ ・・ もご覧ください。 参考文献• 日本糖尿病学会編・著 糖尿病治療ガイド2014-2015 文光堂 2014.

次の

インスリン注射の針の取り扱い方|購入から廃棄まで

インスリン 注射 種類

インスリン製剤の種類と効き方 インスリン製剤による効き方の違い インスリン療法では、 インスリン製剤が入った注射をします。 インスリン製剤には、効果が出るまでの時間や、効果の持続時間により、 超速効型・速効型・中間型・混合型・持効型の5種類に分けられます。 下記にそれぞれのタイプの特徴をイメージ化してみました。 超速効型や速攻型は、食後の血糖値をすばやく下げる効果があり、時効型はほぼ1日中効いて、1日を通して血糖値を低く抑えます。 中間型や混合型は、速攻型や時効型のいいところを組み合わせたような効き方をします。 どのタイプの薬をどれくらい注射するかというのは、患者さんの状態や血糖値の状態によって違います。 注射が1日1回の場合もあれば、4回打つ場合もあります。 主なインスリン製剤 市販されているインスリン製剤は下記です。 薬の効き方によって分類しています。 効き方 製剤名 効果.

次の