デレステ 歌い 分け。 【デレステ】おすすめのポテンシャルの振り方(最新版)

デレステ 歌詞 一覧

デレステ 歌い 分け

Contents• 第2弾は9月24日 火 15:00追加予定です。 4周年記念カバー曲追加第2弾 ジャケット カバー曲 RAGE OF DUST(SPYAIR) 早坂美玲 亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジ・シンガーズ) 新田美波 君の青春は輝いているか(ささきいさお) 南条光 大きな古時計(Henry Clay Work) 鷺沢文香 風になりたい(THE BOOM) 依田芳乃、藤原肇 第1弾の5曲発表 カバー楽曲追加の第1弾となる5曲とアイドルが発表!9月13日 金 に追加されます。 ジャケット カバー曲 YELLOW YELLOW HAPPY(ポケットビスケッツ) 水本ゆかり、中野有香、椎名法子 HIGH PRESSURE(T. Revolution) 大和亜季 ハミングがきこえる(カヒミ・カリィ) 緒方智絵里 はじめてのチュウ(あんしんパパ) 赤城みりあ 紅(X JAPAN) 星輝子 カバー曲追加決定 デレステ4周年を記念して、 カバー曲10曲が追加決定!9月13日 金 と9月24日 火 の2日に分けて、合計10曲が追加されるようです。 スポンサードリンク カバー楽曲一覧 ジャケット 歌• 城ヶ崎美嘉 CV:佳村はるか• 城ヶ崎莉嘉 CV:山本希望• 橘ありす CV:佐藤亜美菜• 速水奏 CV:飯田友子• 双葉杏 CV:五十嵐裕美• 諸星きらり CV:松嵜麗• 島村卯月 CV:大橋彩香• 渋谷凛 CV:福原綾香• 本田未央 CV:原紗友里• 島村卯月 CV:大橋彩香• 及川雫 CV:のぐちゆり• 片桐早苗 CV:和氣あず未• 堀裕子 CV:鈴木絵理• 喜多見柚 CV:武田羅梨沙多胡• 堀裕子 CV:鈴木絵理• 北条加蓮 CV:渕上舞• 神谷奈緒 CV:松井恵理子• 大槻唯 CV:山下七海• 松永涼(CV:千菅春香 )• 姫川友紀(CV:杜野まこ)• 櫻井桃華(CV:照井春佳) (スキマスイッチ)• 川島瑞樹 CV:東山奈央• 多田李衣菜 CV:青木瑠璃子• 木村夏樹 CV:安野希世乃 (angela)• 棟方愛海 CV:藤本彩花 (ポケットビスケッツ)• 水本ゆかり CV:藤田茜 、中野有香 CV:下地紫野 、椎名法子 CV:都丸ちよ (T. Revolution)• 大和亜季 CV:村中知 (カヒミ・カリィ)• 緒方智絵里 CV:大空直美 (X JAPAN)• 星輝子 CV:松田颯水 (あんしんパパ)• 赤城みりあ CV:黒沢ともよ (SPYAIR)• 早坂美玲 (ヴィレッジ・シンガーズ)• 新田美波 CV:洲崎綾 (ささきいさお)• 南条光 (Henry Clay Work)• 鷺沢文香(CV:M・A・O) (THE BOOM)• 依田芳乃(CV:高田憂希)、藤原肇(CV:鈴木みのり (FLOW) 上条春菜、荒木比奈 (SunSet Swish) 三船美優 (ORANGE RANGE) 向井拓海、星輝子、村上巴 (UNIONE) 島村卯月、渋谷凛、本田未央 カバー元まとめ 以下はカバー元まとめです。 O2 はじめてのチュウ 『はじめてのチュウ』は、あんしんパパのシングル。 1990年5月1日に発売。 TVアニメ「キテレツ大百科」のOP・EDとしてお馴染みの楽曲です。 録音時にテープを半分のスピードで回しながらゆっくり歌い、再生時には通常のスピードで再生するという手法によって、エフェクト処理を施したような可愛らしい歌声を作りあげていることでも有名な楽曲で、90年代で既にボイスチェンジャーを先取りしたような音源に仕上がっている。 デレマスでは赤城みりあ CV:黒沢ともよ が歌った音源が2013年発売の『THE CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 001』に収録されていて、デレステで配信される音源もこの音源を使用。 なお、この楽曲は数多くのアーティストにカバーされいて、木村拓哉、山崎まさよしと言った歌手や、「My First Kiss」という曲名で人気パンクロックバンド「Hi-STANDARD」にもカバーされている。 紅 くれない 「紅」はXJAPANの代表楽曲であり、1989年9月1日にリリース。 平成元年に発売された楽曲ですが、30年後の令和の時代になっても、高校野球の応援歌などで愛されている楽曲です。 ライブでも定番の楽曲であり、ボーカルのTOSHIさんが、変調直前で「くれないだー!!!」と叫ぶのがお約束となっている。 デレステの音源では星輝子の絶叫に置き換えられて収録されています。 なお、曲始まりのHIDEさんのギターのフレーズは、ライブによってはYOSHIKIさんがピアノを弾いたり、新加入したSUGIZOさんのヴァイオリンによってアレンジされたりもする。 デレマスでは2014年12月24日発売のアルバム『THE CINDERELLA MASTER Passion Jewelries! 002』にて既に音源として収録されているのですが、5年の月日を経てデレステに登場! 余談ですが、リーダーでドラマー・ピアニストでもあるYOSHIKIさんはシャニマスのCMに出演していることでも話題になったのは記憶に新しい。

次の

THE IDOLM@STERの楽曲/ま~わ行

デレステ 歌い 分け

いやぁ、2018年8月末に開催されたイベント、『 とんでいっちゃいたいの』!大盛況に終わりましたね! MV最高、譜面も最高、曲はもちろん最高!と言うことなしの文句なしでした。 正規Verとは歌い分けが違うということで、最初は違和感こそ覚えましたがそれもすっかりなくなり、いつの間にか純粋にイベントを楽しむようになっていました。 何がともあれ、とっても楽しい8日間でした! いやはや、通常実装が待ち遠しいですね! …と、いう感じでイベントがあれば長文で を書き殴ろうと思っていたのですが来ませんでしたね。 また来年に期待して静かに待つとしましょうか… さて、 まったくもってワケの分からない前置きはさておき… 今回はイベント『 シンデレラキャラバン』の遊び方について少し書いていきたいなーと思います。 『 え?今さら?』感がすごいとは思いますが3周年で始めたプロデューサーの方も少なからずいると思いますし、キャラバンをまともにやったことが無い方もいらっしゃるかもしれませんし… 今回はそういう方へ向けて、少しでもイベントの参考になればいいなと思い筆を執りました。 あと、事前に一つお断りをさせて頂きたいのですが 今回の記事を書くにあたって、素材となる画像を私が手元に持っておらず 非常に画像が少なくなってしまっています。 分かりづらい箇所も多々あるとは思いますが、何卒ご容赦ください。 たったこれだけです。 まぁそんなに単純な話でもないんですけど と、言ってもこれだけではさすがに意味が分かりませんし、もう少し噛み砕いて説明しようと思います。 このくだりで解説する事項は、次の4つになります。 ・ キャラバンイベント専用アイテムがある ・ イベント限定アイドルは2人 ・ アイテムはライブ終了後に入手できる ・ ドロップ枠は編成や楽曲などの条件によって変動する 今回はこれらの話題に絞ってお話ししたいと思います。 では、さっそく行ってみましょう。 これはキャラバンが来ているときのみ限定で登場し、 通常ライブを成功させることで入手出来ます。 入手枚数にばらつきはありますが、一度に 最大で30枚ドロップすることもあるそうです。 まぁこのメダルがとってもマストなアイテムになりまして、コレがあるとないとでは大違いなんですよねぇ… メダルの用途については後述しますが、このイベントの鍵を握っているアイテムということは頭のスミにでも置いておいてくださいね。 イベント画面の背景に設定されている方のアイドルを『 上位報酬』、もう一人の方を『 下位報酬』と呼ぶのが一般的ですかね。 下位報酬のアイドルは入手難易度が低く容易に入手できる点、上位報酬のアイドルは入手難易度がやや高いものの、能力が高いので苦労するだけの価値はある点など、それぞれメリットはたくさんあります。 この [EVENT]と書かれている枠が、イベントアイテムのドロップ枠になります。 上の画像では2枠確認できますが、1ライブにつき最大で3枠までドロップ枠をゲットすることが出来ます。 さらに、このドロップは ・キャラバンメダル ・レア以上のアイドル のいずれかがドロップしてくれます。 ここで重要になってくるのが、このレア以上のアイドルがドロップする箇所に イベント限定アイドルも含まれるという点ですね。 つまり、ものすごく運が良ければ ライブ1回でいきなりSRアイドルを引き当てることも可能なわけです。 蛇足ですが、私の経験上2枠ドロップの場合両方アイドルが落ちたことはありません。 実際のところどうかは分かりませんが… でもこれ、ドロップ枠が1枠ならば メダルだけがドロップしてしまったり、2枠でも 両方メダルでアイドルすら手に入らないことだって十分あり得ます。 そもそも、同じ1回のライブをするならばメダルであれアイドルであれ、ドロップは多いほうがやっぱりオトクですよね。 それでは、ドロップ枠を増やす方法を次で解説したいと思います。 キャラバンをこなすうえで大事なことは 3つ。 ・センターアイドルのスターランク ・選択楽曲の属性 ・ライブで消費するスタミナとスコアランク これらの要素さえ抑えてしまえば、もう簡単に遊ぶことが出来るんですよね。 センター以外は関係ありませんよ! 画像だと、スターランク15の由愛ちゃんが配置されていますね。 この時気を付けるべきは、" アイドルの属性やレア度は一切関係なく、純粋にスターランク値のみが影響する"ということですかね。 極端な話、クール曲にキュート属性のスターランクが高い子をセンターに置いてライブをしても良いということです。 ストレスなく遊ぶならば最低でもスターランクは『 15』欲しいところですが、もちろん持っていない方もいると思います。 そういう方は、 少しでもスターランクが高い子を置いてあげてください。 1上がるだけでも結構違ってくるものですよ。 余談ですが、スターランクの上限値は レア度によって違います。 イベント画面に『 イベントスケジュール』という項目がありまして、 それを参考にすれば今日どの属性の曲に出現率アップの倍率がかかっているかが分かります。 これも地味なのですが、倍率がかかっているといないでは結構違ってくるんですよね。 上記画像を参考に、例えば今日がイベント2日目であれば クール曲に倍率がかかっているということになりますね。 こんな感じで、その日によって対象タイプは変わりますので注意してくださいね。 ちなみに最終日は 全ての楽曲に倍率がかかります。 地味にうれしいですよね。 ちなみにですが、消費スタミナが多いほど ・アイテムのドロップ枠数 ・1枠でドロップするメダルの枚数 が増えてくれます。 従って、 楽曲Lv25~28の曲 消費スタミナ 19 が最も効率の良い選曲になるわけです。 無論、クリアできなければそもそも報酬を獲得できないので、できないのであれば無理して背伸びする必要はありません。 少し効率は落ちますが、 PROや Lvの低いMASTERなどで挑むことをオススメします。 繰り返しますが、大事なのは 消費スタミナですよ、難易度じゃありません。 あとは、楽曲に対するスコアランクも大事になってきます。 スコアランクをSまで届かせないと、報酬が増えないことがあります。 意外と忘れがちなこの点にも注意したいですね。 【宣伝】スコアを出せるユニットを作ろう! さて、ここまでを踏まえて私のオススメする組み合わせを書き出してみます。 ・ センターはスターランク15以上 ・ 選択楽曲は出現率アップの倍率がかかっている楽曲 ・ 選択楽曲はLv25以上 ・ 獲得スコアランクはSを目指す つまり、先ほど貼ったこの画像の組み合わせならばを満たしているということになりますね。 センターのスタラン15、この日補正のクール曲、消費スタミナ19 で、なぜ私がここまで条件にこだわるのかというと、それが 報酬の ドロップ枠数にかかってくるわけなんです。 上記の4つの条件、これらを満たしてライブをクリアすると… ドロップ枠が必ず2枠設けられます。 必ず2枠あるということは、1枠はレア以上のアイドルが落ち、さらにメダルも獲得できるという場合もありますし、どちらもメダルが落ちて最低でも41枚、最高だと 60枚まで一度に獲得できるかもしれないという割と効率の良い稼ぎ方が出来てしまうわけなんですよね。 ちなみに、 下位報酬のアイドルはドロップ率が12%ほど、 上位報酬のアイドルはドロップ率が約3%ほどと言われています。 先程も申し上げた通り、運良く1発ドロップ!なんてこともありますがたいていの場合そうはならないので、確率を上げるためにも上記の条件を推奨しているというわけです。 もちろんスターランクが低くなったり、タイプが違ったり消費スタミナが少なくなったりと 条件が緩くなれば2枠確定ドロップではなくなるものの、1枠~2枠ドロップの可能性がゼロになるというわけでもないです。 なお、 条件が緩すぎるとドロップ枠なし、なんてことも結構あります。 最初は誰もが通る道ですので、こればっかりは耐えて挑んでもらうしか方法は無いですね。 いずれにせよ背伸びしない範囲で、出来る方は上記の条件になるべく近い組み合わせでライブをしてもらえればな…と思います。 と、ここまで書きましたがここで一つ。 『 コレ、最後まで限定アイドルが落ちなかったらどうするのよ?』と思われている方もいらっしゃるでしょう。 ご安心ください、そのためにあるのが キャラバンメダルなんです。 実は救済措置として、 3回までキャラバンメダルを使用してアイドルを交換することが出来るんです。 上位報酬のアイドルは 1800枚、下位報酬のアイドルは 1000枚で交換できるのですが… 初回交換所に限り、上位報酬のアイドルは 900枚、下位報酬のアイドルはなんと 500枚で交換できます! これを利用すれば、限定アイドルを取り逃した!なんて事態は回避できますね。 さらにさらに、「アイドルの交換はいらないや…」という方は、メダルを 特訓アイテムや スター ジュエルと交換することだってできます。 LIVEPARTYの交換画面を思い出して頂けるとわかりやすいとは思いますが、序盤は超レアな特訓アイテム、 ティアラとの交換だって出来てしまいます。 アイドルのドロップを狙いながらメダルをかき集め、いざという時はメダルでアイドルをゲットして余ったメダルはアイテム交換に回す………といった非常にいい循環でイベントを楽しむことが出来るんですよね。 こういう理由から、自分はキャラバンのイベントを結構気に入っていたりします。 『 キャラバンをちゃんとやったことないや…』という方にこそ、是非とも挑んでもらいたいイベントだと個人的には思ってたり。 この記事を書いた時点ではですが、2か月に1度の周期でキャラバンは来ています。 キャラバンをちゃんとやったことがないという方、 スターランク15のアイドルを持っていないという方には本当にオススメしたいイベントです。 スタラン15って。 2018年10月時点で、 ・ アタポン オトメモリ 方式 ・ LIVE Groove ・ LIVE PARADE ・ シンデレラキャラバン ・ ススメ!シンデレラロード の5種類のイベントがローテーションする形で行われているのですが、このうち『 LIVE PARADE』『 シンデレラキャラバン』『 ススメ!シンデレラロード』の3つは、少し頑張れば 誰でもスターランク15のアイドルを作ることが出来ます。 上二つはpt順位の絡みもあって、無理ではないですが初心者には少し厳しいですね。 この3つのイベントとも下位報酬のスターランク15は結構簡単で、要点さえしっかり抑えれば 少量のスタドリやジュエル消費で 簡単にスターランク15が作れます。 スターランクの具体的な使い道はキャラバンとシンデレラロードしか現状ありませんが、持っていて決して損はしないのも事実です。 物は試し、まずは先程挙げた3イベントのうちどれかをこなして一人作ってみてはいかがでしょうか? 特にキャラバンは上記で 長々と説明した感じでやって貰えれば、意外とアッサリ作れてしまうかもしれませんよ。 今回の 記事はここまでになりますが、久しぶりに更新したせいでちょっと張り切りすぎましたかね。 次回以降はのことだけではなくもうちょっとバリエーションに富んだことを書いてみるのもいいかもしれないなーと思ってたりします。 では、今回はこの辺で筆を置かせて頂くとします。

次の

THE IDOLM@STERの楽曲/ま~わ行

デレステ 歌い 分け

: 、 : 、 : の3人による、それぞれが違った方向にった個性を持つ、一筋縄ではいかないがった・ による待望の新曲。 何といっても本曲最大のトは「 のサプラ」であろう。 これまでがついていなかった美が本曲の予告で何の前触れもなく喋り出した際には、多くのが度肝を抜かれ、美担当Pが次々と喜びのを流しながら死した。 の初披露がでもでもなくになったのはが初めてであり、いきなりの楽曲担当と相成った。 楽曲は、たちの「個性をする」格好良さを前面に押し出した重厚なー。 とはまた違うで歌いこなす子、初めての歌となる美、普段のへなへなとは全く違うな歌 本人いわく「やけくぼ」 を披露する々、それぞれのぶつかり合いが巻き起こす「個性の」を楽う。 形式のでは「」以来7ヶぶりとなる全曲である。 は、美が活動をめて子と々を机の下から引っり出すところから始まる。 補助の協も得つつ、としてお互いの「個性」を調和させるために悪戦苦闘する3人の姿が描かれる。 「」のからが繋がっている部分も。 報酬のでは、美がしくのを外した姿を披露している。 なしのはR特訓前以来2枚だが、Rのは中でをつぶっていたため、両を開けている美は初開である。 同じく報酬では、々がお染みのではないのを披露している。 こちらも初開。 のミズンキとのは、「」や「」を手掛けてきた。 曲、、そして今回はと様々な引き出しを披露している。 演出の特徴 3人楽曲のため、も両端に配置した2人は表示されない。 左から2番に々、に美、右から2番に子を配置すれば分け通りになる。 暗いに設置された、鎖でがんじがらめに縛られた檻の中という、なかなか衝撃的ながの。 当初は檻に閉じ込められているの3人だが、歌っているうちに檻を縛る鎖は徐々にちぎれていく。 そしてに入ろうとする間に檻は粉々に破壊され、はのに囲まれたに切り替わる。 での、初披露のをした人も多いのではないだろうか。 「何者にも縛られない個性」というのを体現したと言えるだろう。 譜面の特徴 は較的癖の少ない、な26相当。 際立った難所もあまりないので、やや忙しくなるのをさばければ理なくやまで持っていけるだろう。 「生き残れ」というで[M]にもあった状のが降ってくるなど、ちょっとしたも入っている。 一方、スライド後初のLv 最 を冠するとなったは、その表記に違わぬ難しさを誇る。 絶え間なく降ってくる高密度同時ラッシュをはじめ、 一年前は発狂だったはずがいつの間にか何度も降ってくるようになった16分階段、スライドによる片手処理、認識が難しいフなどが容赦なく集中と体を削り、極めつけには大直前に の分乱打というもはやの配置が降ってくるなと、数多ある難所が行く手を阻んでくる。 なおは配置の関係上、の中でも特にによってが変化するでもあり、端末置きでは先述の高速乱打を してただの16分二重として処理したり、16分階段を複数ので処理したりと負担を軽減できるが数多く訪れるが、端末両手持ちでは特殊な持ち方をしない限りこういった負担軽減ができないため、高密度配置そのままに延々と左右に大きく振り回される非常に厳しいとなる。 この結果、人によってはLvの中でも強いに感じることもあれば、逆にも感じることもあるという極端な個人差が報告されている。 としては発売の「 29 」に収録された。 「」を参照。 関連項目• 広い判定幅を利用し、複数のを的に同時押しと見なすことで負担を軽減する簡略化の技法。 詳細や具体例はを参照。 なお、この技法の発案者もである。

次の