ソー エンド ゲーム。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』、「激変したソー」には正式名称があった

アベンジャーズ/エンドゲーム

ソー エンド ゲーム

エンドゲームのソーの太った体型は特殊メイク? エンドゲームのソーの太った体型はどのように作ったのか気になった方が多いでしょう。 メイキング映像で ソーの体型は特殊メイクで作られたことが明らかになっています。 動画によると、 30kgもあるスーツを上から着たようです。 普段から鍛えるクリス・ヘムズワースなら30kgくらい余裕だったのではと思ってしまいますが、この重さのスーツを着て演技するとなると相当苦しかっと思います。 アッセンブルのみんなで走るシーンやサノスとの戦闘シーンは特に過酷だったはず。 この重さのスーツを着てまともに戦うとなると、アイアンマンのアークリアクターが必要ですね。 ソーが激太りした原因 ソーが激太りした理由は、5年間酒を飲んではゲームをしての生活を繰り返していたからと言えます。 今までだったら、戦闘を通してカロリーを消費していたと思うので、それがなくなりニートみたいな生活をしていれば、それは太りますよね。 ではなぜ、お酒に依存したのか。 これは 精神的打撃が大きかったからだと思います。 家族や友人、アスガルドの民の死 ソーはダーク・ワールドで両親を失い、インフィニティ・ウォーの冒頭で弟のロキと盟友のヘイムダルが目の前で殺されます。 終いには、アスガルドの民の半分を失うという結果になりました。 ソー3部作を通して、家族や仲間の死は乗り越えてきたかのように見えましたが、実は心の中では孤独を感じ、辛かったのでしょう。 また、アスガルド王としてアスガルドの民を守る責任が果たせなかったことにも、負い目を感じているかもしれません。 サノスへの恐怖 ハルクと再会したときにサノスの首をとったのは自分だと強がるシーンを見せたソーですが、明らかにサノスに対して恐怖心を抱いていました。 母親のフリッガとのシーンでは、サノスの首をとったときについて次のように語っています。 「今更殺したって遅いのに…斧を持ったままバカみたいに突っ立ってた。 人より秀でねばと思っていた。 」 サノスの首をとるという目標を達成したのにも関わらず、満たされなかったのでしょう。 エンドゲームのソーが弱かったのは太ったから? インフィニティ・ウォーに比べて明らかにパワーダウンしたソー。 彼が弱くなったのは太ったからでしょうか。 確かに、5年間まともに活動していなかったブランクと激太りは、戦闘力低下に大いに影響していると思います。 ただ、それだけではないと思っていて、サノスに対する恐怖と不安もあったからだと思います。 次はきっちり殺さなければならないというプレッシャーを抱えながら戦っていたので、本来の力を発揮できなかったのだと考えられます。 エンドゲームのソーに対して「残念」というファン続出!? ツイッターを見ていると、エンドゲームにおけるソーの姿や行動に対して残念と思っている方がいるみたいですね。 いくつか見てみましょう。 エンドゲーム、ほぼ完璧に近い傑作だとは思ってるけどナターシャとバナーのエイジオブウルトロンでの関係やらソー三部作でのソーの成長が完全に無かった事になってたのが若干残念だった。 インフィニティウォーではこの辺も上手く描けてたんだけどもしかしたらこの3人は全員続編あるのかな…? — くたぽでぃ Warmachinesaiko 確かに、1作目でヒーローとしてのソーの成長が見られ、2,3作目で両親を失い、ムジョルニアを失ったソーの成長が見られました。 なのでそれらの成長がエンドゲームでなかっことになっていたのは少し残念でしたね。 逆に言うと、それくらいサノスの首をとっても満足できなかった、もやもやするものがあったのだと思われます。 エンドゲーム観た! 素晴らしかった。 時系列的に考えたらキャプテンから始まってキャプテンで終わったのには泣けた。 ソーがデブになったのが唯一の残念かな。 夕方に字幕版観たい。 トニーの声がしんちゃんのパパの声でずっと違和感だった。 もともと筋肉マッチョで、その姿が好きな人にとっては、ロケットも言っていましたが、アイスクリームが溶けたような体をしていて、正直だらしない体だったと感じたでしょう。 ソーのコスチュームになるときは、シュッとするのかなぁと思いきや、体型は変わらず。 髪型が変わる程度でしたしね。 リボウスキとは、映画「ビッグ・リボウスキ」の主人公の名前。 彼にソーの激太りした姿が似ていたことからそう呼ばれたのでしょう。 また、 リボウスキ役がアイアンマン1作目でオバディア・ステインを演じたジェフ・ブリッジスだったこともMCUのイースターエッグでしたね。 確かに、似ています。 ソーの太った体型のモチーフはリボウスキだったのかもしれません。 ソーはガーディアンズに入る? エンドゲームのラスト、ソーは自分の人生を生きることを決め、アスガルドの王をヴァルキリーに託します。 そして、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのミラノ号に乗って旅に出ます。 この時点では、ソーはガーディアンズ入りを果たし、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3で彼が参戦すると予想されていました。 ところが、 ガーディアンズ3の前に、ソーの4作目「ラブアンドサンダー」が公開されることが決定。 ソーのガーディアンズ入りはなくなったと言えます。 もしかしたら、ラブアンドサンダーのあと、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3でソーが登場するかもしれないですね。 ただ個人的には、ソーはラブアンドサンダーで引退すると思っているので、ガーディアンズ3に出る可能性は低いと予想しています。 ソーの4作目で体型はもとに戻るか まだ4作目の時系列や脚本がわかっていない状態なのでなんとも言えませんが、本編では元通りの姿になっていると思います。 冒頭でエンドゲーム直後の激太りした姿で登場し、そこから数年後という形で本編が始まり、そこでは元のソーに戻っていると予想します。 元の筋肉質のソーになってこそ本来の力が発揮されると思うので、絶対に戻っくれると信じています。

次の

キャプテン・アメリカがソーのハンマーを持ち上げられた理由

ソー エンド ゲーム

2019年4月26日 金 より、 『アベンジャーズ:エンドゲーム』の公開が始まりました。 衝撃的な結末で幕を閉じた『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』から1年、ついにサノスとの決着がつきます。 『アベンジャーズ:エンドゲーム』に向けて、これまでマーベル・シネマティック・ユニバース MCU には数々のヒーローが登場してきました。 ヒーローにはそれぞれ個性があり、そのヒーローたちが集まることで最強のチームが出来上がります。 ですが、その中でもずば抜けて強いヒーローがいると思います。 そこで今回は、MCUに登場するヒーローの中から、最強のヒーローTOP5を決めていきます。 関連記事 スポンサーリンク Contents• 5位:スカーレット・ウィッチ ワンダ・マキシモフ / 1番強いのは誰だ \ 悩める深紅の魔女 マインド・ストーンを使った人体実験でテレキネシスと人の心を操る力を身に付けた。 原作コミックではマグニートーの娘である。 com eigacom 登場作品• 『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー』 2014• 『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』 2015• 『シビルウォー:キャプテン・アメリカ』 2016• 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』 2018• 『アベンジャーズ:エンドゲーム』 2019 第5位は、マインド・ストーンによってパワーを授けられた、テレキネシス能力をもつスカーレット・ウィッチ。 スカーレット・ウィッチのテレキネシス能力は汎用性に富んでおり、身近な物や人を浮遊させるのはもちろん、かなり大きな物でも浮遊させられます。 また、自分自身に使うことである程度の飛行も可能で、人の精神を乗っ取ることもできます スカーレット・ウィッチは、幼いころにスターク・インダストリーズの武器で両親を失ったことから、トニー・スタークを強く恨んでいました。 それゆえ、弟のピエトロとともにヒドラの実験に参加し、能力を得ます。 その後、ウルトロンと行動を共にしますが、ウルトロンの本当の野望を知ったことから、アベンジャーズに協力。 その後、正式にアベンジャーズメンバーとなり、ヒーローとして活動します。 スカーレット・ウィッチの能力は作品を追うごとに強化されていきます。 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』では、奇襲を受けて手負いになったヴィジョンをかばい、ブラック・ウィドウを追い詰めたプロキシマ・ミッドナイトを倒しました。 また、『アベンジャーズ:エンドゲーム』では、ヴィジョンを奪ったサノスに対する怒りもあったためか、テレキネシス能力でサノスをたたきつけます。 「ディズニー+」ではスカーレット・ウィッチとヴィジョンの活躍が描かれる『ワンダヴィジョン』の配信も決まっているので、今後の活躍にも期待です。 — Doctor Strange DrStrange 登場作品• 『ドクター・ストレンジ』 2017• 『マイティ・ソー:バトルロイヤル』 2017• 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』 2018• 『アベンジャーズ:エンドゲーム』 2019 第4位は、タイム・ストーンの護り手で「至高の魔術師 ソーサラー・スプリーム 」であるドクター・ストレンジ。 もともとは外科医でしたが、事故で手を損傷し、エンシェント・ワンに弟子入りして魔術師となります。 魔術師となって経験を積む間もなく、ダークディメンションの力を得たカエシリウスと戦い、ドルマムゥとの取引を成立させました。 その後、サノスとのタイタンの戦いまでの1年ちょっとで、あらゆる魔術に精通するようになります。 実際、ドクター・ストレンジの魔術はかなりのもので、サノスがインフィニティ・ストーンを用いて行う攻撃を、すべて魔術でしのいで反撃していました。 また、タイム・ストーンを使いこなすことで、1400万605通りものサノスとの戦いの結果を導き出します。 一方、多少接近戦に難があるようで、サノスやエボニー・マウとの戦闘の際も、接近戦に持ち込まれてやられている印象が強いです。 『ドクター・ストレンジ2』の製作も決まっているので、今後のさらなる活躍にも期待ですね。 『インクレディブル・ハルク』 2008• 『アベンジャーズ』 2012• 『アイアンマン3』 2013• 『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』 2015• 『マイティ・ソー:バトルロイヤル』 2017• 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』 2018• 『アベンジャーズ:エンドゲーム』 2019 第3位は、アベンジャーズの結成メンバーであるハルクです。 ご存知の通り、ハルクは緑の巨大な体で、何十トンもの物を持ち上げることができる強靭な筋力、あらゆる攻撃に耐えられる鉄壁の耐久力、そして一回のジャンプで数キロも進むことができるジャンプ力を誇っています。 ハルクの抜群の能力は宇宙でも通じるもので、惑星サカールでは2年間もバトルロイヤルの王者のままで、ヘラの愛犬フェンリスとの戦いにも勝利しました。 実際、ハルクはサノスとハルクバスター以外に負けたことがなく、ソーとの勝負も毎回引き分けに終わっています。 『インクレディブル・ハルク』では、ブルース・バナーはハルクを抑え込むことができませんでしたが、『アベンジャーズ』ではブルースの意志でハルクに変身することができるようになりました。 最終的に『アベンジャーズ:エンドゲーム』では、ブルースの頭脳をハルクの強靭な肉体を維持した中間状態になることができ、戦闘でも技術面でも活躍します。 関連記事 2位:ソー アベンジャーズを救うのはこの男 の波乱万丈な数年間をプレイバック めげない精神力と芯の強さ、仲間思いの高潔で純粋な心…。 『マイティ・ソー』 2011• 『アベンジャーズ』 2012• 『マイティ・ソー:ダークワールド』 2013• 『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』 2015• 『ドクター・ストレンジ』 2017• 『マイティ・ソー:バトルロイヤル』 2017• 『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』 2018• 『アベンジャーズ:エンドゲーム』 2019 第2位は、アスガルドの雷神でアベンジャーズの結成メンバーであるソー。 ハルクにも劣らない強靭なパワーと耐久力を誇っており、ムジョルニアに認めてもらえる崇高な精神も持ち合わせています。 MCUの途中まではムジョルニア頼みなソーでしたが、『マイティ・ソー:バトルロイヤル』でヘラによってムジョルニアが破壊されてからは、雷神としての本来のパワーに目覚め、より一層強力なパワーを手に入れます。 実際、サノスの軍勢がワカンダを攻めてきた際、押され気味だったアベンジャーズとワカンダ軍のもとにソーがやってきたことで、一気に形勢を逆転させました。 また、6つのインフィニティ・ストーンをそろえたサノス相手に、ストーム・ブレイカーで致命傷を与えるほどの攻撃をします。 関連記事 1位:キャプテン・マーベル キャロル・ダンバース Here's your look at the Marvel Studios' -inspired poster from artist! — Captain Marvel captainmarvel 登場作品• 『キャプテン・マーベル』 2019• 『アベンジャーズ:エンドゲーム』 2019 堂々の第1位は、女性ヒーローであるキャプテン・マーベルです。 MCUのヒーローの中でも、群を抜いての強さを誇っています。 クリー人特有の強靭なパワーや耐久力はもちろん、強力なフォトンブラストを発射することができ、宇宙空間を含む場所での飛行も可能です。 『キャプテン・マーベル』で自分が何者かを悟ったキャロルは、同じクリー人であるスター・フォースのメンバーを圧倒する強さを見せ、ヨン・ログをたったの一撃で倒します。 そして『アベンジャーズ:エンドゲーム』では、サノスの強力なパンチを受けてもまったくダメージを受けた様子もなく、平然とサノスの腕を抑え続けました。 現状、MCUのヒーローの中ではダントツで最強のだと言えます。 キャプテン・マーベルの続編もぜひとも製作してほしいですね。 関連記事 スポンサーリンク コメント、およびご意見ありがとうございます。 記事の冒頭で述べておきましたが、あくまで私の観点からみたランキングになります。 iさんの言う通り、「サノスに傷をつけた」という点をみるとソーやアイアンマンが上位に食い込んできますね。 ただ、私なりに客観的にみた際に、「エンドゲーム時点でキャラクターが本来持っている能力」を参考に順位付けをしました。 なので、サノス戦にはあまり重点を置いていません 確かに、記事の中ではサノス戦に言及しているものも多いですが、サノスを引き合いに出すことでキャラクターの強さがわかると思って言及しています。 また、ハルクに関してですが、ハルクバスターはハルクを抑えるためのものなので、ハルク以上のパワーや機動力が必要不可欠です。 言わば、ハルクの上位互換的な代物で、加えてトニーが操縦しているので、ハルクがハルクバスターに負けるのは当たり前だと、個人的には思います。 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』ソー◯◯◯◯◯謎と疑問、これで解決 ─ 物語と◯◯◯◯◯の繋がりを監督と脚本家が語る

ソー エンド ゲーム

このページは「 」との間で記事内容の がされています。 議論は「」を参照してください。 は、『』を抜き世界歴代1位を記録している。 概要 の『』の実写映画化作品で、2012年公開の『』、2015年公開の『』、2018年公開の『』に続くシリーズ第4作であり、完結編。 製作は。 配給は。 また、様々なマーベル・コミックの実写映画を、同一の世界観のとして扱う『』(MCU)シリーズとしては22作目の映画である。 プロデューサーを務めるマーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギが語ったところによると、本作は2008年公開の第1作『』から10年以上にわたって展開してきたMCUシリーズの様々な「フィナーレ」になるとのこと。 本作に関しては、関係者に対しスポイラーへの非常に強い緘口令が出されており、は自身の役柄についてさえワールド・プレミアでの公表となった ほか、は『』と同様にファンに対して「ネタバレ自粛」を要請していた。 なお、これは直前に発生した本編映像流出事件によるものが大きい。 その後、5月6日をもってネタバレ解禁とする旨を発表した。 また、MCU恒例のポスト・クレジット・シーンは今作には存在せず、代わりに『アイアンマン』でトニー・スタークがアーマーを作っていた時の音が使用されている。 なお、本作は2018年11月に死去した原作者スタン・リーの最後のカメオ出演作である。 ストーリー で全宇宙の生命の半分が消し去られてから3週間。 宇宙を漂流していたトニー・スターク(アイアンマン)とネビュラは、先んじてアベンジャーズに合流していたキャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)の助けで地球に戻った。 スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)をはじめとするアベンジャーズの生存者たちと、キャロル、ロケット、ネビュラは、失った者たちを取り戻すために、再度使用されたというインフィニティ・ストーンの波紋をたどり、隠遁していたサノスを急襲する。 しかしインフィニティ・ストーンはサノスの手で破壊されており、失った者たちが戻ることはなかった。 ソーの手でサノスにとどめが刺され、1つの戦いの区切りがつく。 それから5年後の2023年。 無数の喪失を経験しながらも世界は一応の平穏を取り戻し、残されたアベンジャーズのメンバーたちは世界中で治安の維持に努めていた。 そんな折、偶然にも量子の世界から抜け出したスコット・ラング(アントマン)は、アベンジャーズに接触を図る。 スコットは量子の世界が既知の時間の概念を超越していることを伝え、量子力学を用いたタイムトラベルによる事態の打破を提案する。 ハルクの肉体に自身の精神を宿すことを選んだブルース・バナーが装置を作り、トニーも最愛の娘モーガンを案じつつも失ったピーター・パーカー(スパイダーマン)を取り戻すべく参加した。 酒浸りになり見る影もない姿に落ちぶれていたソーはブルースとロケットに連れ出され、家族を失い自暴自棄に陥っていたクリント・バートン(ホークアイ)はナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)に説得され舞い戻り、アベンジャーズはサノスが手に入れる前にストーンを回収すべく、3つのグループに分かれてストーンを集める「タイム泥棒作戦」を立て、過去へと飛んだ。 ブルースはサンクタムをチタウリから人知れず守っていたエンシェント・ワンに出会い、彼女の持つタイム・ストーンを譲り受けようとするが、インフィニティ・ストーンの不在がタイムライン(時間の流れ)を分岐させる危険性を警告される。 しかし、自らサノスにタイム・ストーンを渡したというドクター・ストレンジの行動をブルースから聞いた彼女は、各時代にインフィニティ・ストーンを返却することを条件にタイム・ストーンを彼に貸す。 スティーブは過去の自身と決闘した末にマインド・ストーンを回収するが、スコットとトニーがスペース・ストーンの奪取に失敗する。 トニーとスティーブはピム粒子とスペース・ストーンを回収するため、さらに過去となる1970年を訪れ、若き日のピムやトニーの父親ハワードが働いていた陸軍のキャンプからそれらを盗み出す。 ソーとロケットはジェーン・フォスターに宿っていたリアリティ・ストーンを回収する。 土壇場で怖じ気づきロケットからの叱咤を受けるソーだったが、偶然出会った在りし日の母、フリッガに諭されたことで自信を取り戻し、破壊される前のムジョルニアも回収する。 ヴォーミアに向かったクリントとナターシャと別れたローディとネビュラがクイルを待ち伏せしてパワー・ストーンを回収する。 ローディはストーンを持って現代へ戻ったが、ネビュラはサイボーグであったことで2014年の自分と繋がってしまい、それによって未来を知ったサノスらに囚われてしまう。 一方クリントとナターシャは、ヴォーミアでストーンの番人を勤めるレッドスカルから、ソウル・ストーンを入手するためには愛する者の犠牲が必要なことを知る。 二人のうちどちらかが犠牲にならなければならないと悟り、家族を喪ったことから自らの命を差し出そうとするクリントだったが、それを制したナターシャが崖から身を投げ、生き残ったクリントの手にストーンが渡る。 2023年にトニーたちが戻り、全てのインフィニティ・ストーンが揃うと、ブルースは右手用の新たなガントレットを嵌め、指を鳴らした。 ブルースの右腕と引き換えにデシメーションによって消え去った者たちがこの世に舞い戻ったことをクリントとスコットが確認した直後、現在のネビュラのふりをしていた2014年のネビュラの手引きにより、未来へ侵入したサノスの巨大宇宙船による攻撃がアベンジャーズ施設を破壊する。 半数の生命を消滅させても新しい世界を受け入れず、残った生命の中から抵抗する者が必ず現れると悟った2014年のサノスは、世界を粉々に破壊しストーンを使って新しい世界を作り直すと宣言。 スティーブ、トニー、ソーの3人はサノスに挑むが返り討ちに遭う。 サノスは更に配下の軍を呼び寄せ、追い詰められるアベンジャーズたちだったが、戦場にスリング・リングのゲートが開く。 宇宙各地に繋がったゲートからは蘇ったヒーローたちとヴァルキリーらアスガルド軍、ワカンダ軍、マスターズ・オブ・ミスティック・アーツの魔術師たち、スーツを装着したペッパー、そしてラヴェジャーズなどが現れアベンジャーズに加勢。 サノス軍との全面対決が始まる。 戦局が二転三転する中、焦点はクリントががれきの中から回収したインフィニティ・ガントレットにはまったストーンを各時代へ返却しようとタイムトンネルへ向かうアベンジャーズと、再びデシメーションを起こさんとするサノス軍の争奪戦になっていく。 キャロルがタイムトンネルに飛び込む寸前に破壊したサノスは、渡すまいとするヒーロー達を振りほどきインフィニティ・ガントレットを回収する。 しかし、隙をついてストーンを手中に収めたトニーが、自らの指を鳴らしてアーマーに揃えたインフィニティ・ストーンの力を発動させたことで、サノス軍はサノスを含め消滅。 だが結果として、トニーは自身の生命を使い果たしてこの世を去った。 トニーの葬儀後、ソーはヴァルキリーを新たなアスガルドの王に任命し、自らはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと旅に出る。 スティーブは、エンシェント・ワンとの約束を守るべく、ムジョルニアとインフィニティ・ストーンを元の時代に戻す旅に出る。 そして仕事を終えた後は過去に残り、ペギー・カーターと人生を共に過ごすことを決める。 そして年老いた後に元のタイムラインに帰還したスティーブ・ロジャース は、サム・ウィルソンに自身のトレードマークであった盾を渡したのだった。 登場人物 デシメーションを生き残った人物 演 - 、日本語吹替 - 自らが開発したパワードスーツに身を包んで戦う「アイアンマン」。 財務面でアベンジャーズを支える後援者。 2023年では、妻のペッパーと、娘モーガンとの3人で平穏な暮らしを送っており、再び戦いに身を投じることをためらうが、一方でピーターを失った事には強く心を痛めている。 監督を務めたによれば、ダウニーJr. は本作の脚本を全て把握する数少ない人間の一人であるという。 演 - 、日本語吹替 - 第二次世界大戦で活躍した英雄。 70年間氷漬けになった後、現代に蘇った超人兵士。 優れたリーダーシップを発揮し、アベンジャーズのリーダーを務める。 今作では、デシメーション以前のサムにならい、生き残った人々のセラピーに参加している。 エヴァンスの本来の出演契約は前作『インフィニティ・ウォー』で終了していたが、マーベルとの交渉の結果、エヴァンスは本作への登場に同意した。 演 - 、ハルクの声 - 、日本語吹替 - ガンマ線を大量に浴びた結果、激怒したり興奮したりすると緑色の怪物「ハルク」に変身する体質となった天才科学者。 今作では、別人格であったハルクとの精神的・肉体的融合に成功し、ハルクとしての記憶も引き継ぎながら、バナーの人格のままハルクとなっている。 『』から始まり、『インフィニティ・ウォー』で転換点を迎えた彼のキャラクター・アークは今作で完成することになる。 演 - 、日本語吹替 - に登場する同名の雷神と同一視される、アベンジャーズの一員であるアスガルドの王。 『バトルロイヤル』で失ったムジョルニアに代わり、『インフィニティ・ウォー』で得た「ストームブレイカー」と呼ばれる神秘の斧を手に戦う。 2023年では、サノスにロキとヘイムダル、そしてアスガルドの民の半数を殺されたうえ、デシメーションを止められなかった己の無力さから、ノルウェーのに新設されたニューアスガルドで引きこもり同然の生活を送っている。 演じたヘムズワースはソーの新たな側面が描かれることを歓迎している。 演 - 、日本語吹替 - スパイとしての高い技術を持つ、アベンジャーズのメンバー。 かつてはS. のエージェントであった。 今作では、デシメーションで崩壊しかかった地球の秩序を保とうとするとともに、自身にとって「家族」とも言えるヒーローたちを繋ぎとめようと奮闘する。 演 - 、日本語吹替 - 元アベンジャーズ、元S. エージェントで、百発百中の射手。 『シビル・ウォー』での刑期を終え、自宅軟禁中、デシメーションで家族全員を喪う。 今作では、家族を喪った悲しみから自暴自棄になり、コミック版における「ローニン」に近いコスチュームを着用し、世界中の悪人を殺して回っている。 演 - 、日本語吹替 - 元で、トニーの親友。 ウォーマシン・スーツを身にまとうアベンジャーズの一員。 クリントがマフィア等を殺して回っていることを知り、彼を探しつつも、変わってしまった彼との再会に不安も感じている。 最終決戦ではサノス軍の急襲で使えなくなったウォーマシン・スーツに代わって、アイアンパトリオット・スーツを装着して参戦した。 演 - 、日本語吹替 - 体を縮小・巨大化させることが可能なスーツを纏う、アントマンの名を襲名した元システムエンジニア、元泥棒。 今作では『』で閉じ込められた量子の世界から偶然にも抜け出すことに成功し、アベンジャーズとの合流を果たす。 他のアベンジャーズメンバーや娘のキャシーからはデシメーションで消滅したと思われており、犠牲者の名前が書いている石碑でスコットは自分の名前を発見した。 今作では赤ちゃんのスコットをバズロとローエン・ルクレールが、12歳のスコットをジャクソン・ダンが、93歳のスコットをリー・ムーアが演じた。 演 - 、日本語吹替 - 元パイロット。 その身にスペース・ストーン由来のスーパーパワーを宿し、宇宙空間でも活動できる超人。 『』のミッド・クレジット・シーンで旧友ニック・フューリーの要請を受け、地球に戻りアベンジャーズと邂逅する。 5年後には、アベンジャーズのメンバーとは定期的に連絡を取り合いつつも、地球以外のヒーローのいない星で救援活動を行なっている。 脚本家のは、ダンヴァースの人格をスティーブ・ロジャースに例えている。 ラーソンは直前作でありダンヴァースのオリジン・ストーリーでもある『キャプテン・マーベル』の撮影に入る前に本作の撮影に参加している。 撮影にはアンナ・ボーデンとライアン・フレックの両監督も同席した。 声 - 、日本語吹替 - 〈〉 をベースにした元バウンティ・ハンター、傭兵。 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーで、武器と武術の達人。 5年後には宇宙でネビュラと共に活動しており、アベンジャーズのメンバーとは定期的に連絡を取っている。 今作でもがを行い、ガンの演技や表現がロケットのモーションリファレンスとなっている。 演 - 、日本語吹替 - サノスの義理の娘で、ガモーラの義理の妹。 『インフィニティ・ウォー』で発生したデシメーションの結果、トニーと共にタイタンに取り残されており、ガーディアンズのメンバーが遺した宇宙船・ベネター号でトニーと共にタイタンを脱出する。 数年前にまでは、他者と親しくすることも無く、ひたすらサノスの歓心を買うために生きていたが、今作ではアベンジャーズのメンバーとも交流を深めており、特にローズとは「ローディ」とミドルネームで呼んだり一緒に行動したりしている。 演 - 、日本語吹替 - 本作におけるメイン・ヴィラン。 現実を捻じ曲げ、全宇宙の生命体の半分を消し去り均衡を保つことを目標にし、6つのインフィニティ・ストーンをその手に収めたタイタン星人。 『インフィニティ・ウォー』以降のサノスについて、は「全てを終えた。 彼は成し遂げた。 彼はもう引退した」と述べた。 演 - 、日本語吹替 - スターク・インダストリーズのCEO。 トニーの妻。 今作でペッパーは娘モーガンを授かり、自身のアーマーを身にまとって戦う。 パルトローは、本作がMCUで最後の出演になると述べている。 () 演 - 、日本語吹替 - 『バトルロイヤル』に登場した最後のヴァルキリー。 今作では、王の責務を放棄したソーに代わり、ノルウェーで生活するアスガルド人たちをまとめている。 今作では、ティ・チャラを喪ったワカンダを拠点に、治安活動をおこなっている。 () 演 - 、日本語吹替 - ワカンダの山奥に棲む、ジャバリ族のリーダー。 () 演 - 、日本語吹替 - 全身が岩で構成されたクロナン人で、惑星サカールの元剣闘士。 ソーの友人。 昆虫型宇宙人の ()と常に一緒に行動しており、本作では新アスガルドの住民として登場する。 キャシー・ラング 演 - 、日本語吹替 - スコット・ラングの娘。 本作にてデシメーションを免れていたことが判明し、14歳 に成長した姿で登場。 それに伴い俳優が変更されている。 デシメーションの犠牲になったと思っていた父スコットが目の前に現れた際には、涙を流してハグをした。 () 演 - ピーター・パーカーのおば。 今作では、ピーターとともにトニーの葬儀に参列する。 前作『インフィニティ・ウォー』と本作では描写されなかったが、本作公開以前にルッソ兄弟は彼女がデシメーションを生き延びていたことを明かした。 かつてノーウェアのコレクターのショップに、ショップ崩壊後はコントラクシア星にいたアヒル型宇宙人。 今作では最終決戦にラヴェジャーズと共に参戦している。 前述のメイ・パーカーと同様、ルッソ兄弟によって生存が判明した。 アキヒコ 演 - 東京を根城にする日本のやくざ。 嘆く男 演 - 、日本語吹替 - グループセラピーで、恋人(家族)との話をスティーブ(キャプテン・アメリカ)に語っているトランスジェンダーの男性。 に所属する医師「ファイン」に続き演じている。 同一人物の設定かは不明。 デシメーションにて消滅した人物 演 - 、日本語吹替 - 魔術師(マスター・オブ・ミスティックアーツ)で、タイム・ストーンの守護者。 両手の精密動作性を失ってしまった元天才外科医。 演 - 、日本語吹替 - クモ由来のスーパーパワーを持つ高校生ヒーロー。 『インフィニティ・ウォー』で迎えた彼の死はトニーに暗い影を落としている。 演 - 、日本語吹替 - アフリカ、ワカンダ国の国王。 ヴィブラニウム由来のスーパーパワーを持つ、ブラックパンサーと呼ばれるヒーロー。 演 - 、日本語吹替 - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。 演 - 、日本語吹替 - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。 声 - 、日本語吹替 - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。 演 - 、日本語吹替 - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。 演 - 、日本語吹替 - マインド・ストーンを利用したヒドラの人体実験で、テレキネシス、マインドコントロールなどの特殊能力を得た強化人間。 演 - 、日本語吹替 - ハンク・ピム博士とジャネット・ヴァン・ダインの娘。 2代目ワスプ。 演 - 初代ワスプ。 ホープの母親。 演 - 、日本語吹替 - ピム粒子を発見した初代アントマン。 ホープの父親。 演 - 、日本語吹替 - 元パラシュート部隊所属。 キャプテン・アメリカのサイドキック。 演 - 、日本語吹替 - キャプテン・アメリカの元サイドキック。 ヒドラによって暗殺者「ウィンター・ソルジャー」に仕立て上げられた。 演 - ティ・チャラの妹。 ワカンダの王女である天才科学者。 前作の作中では生死に触れられなかったが、本作のキャラクターポスターの解禁に合わせ、兄と同様に消滅していた設定が判明した。 ネッド・リーズ 演 - ピーター・パーカーの親友。 今作では、最終決戦後のミッドタウン高校で、ピーターと再会する。 本作公開後ジョー・ルッソは、彼を含めMCU次作『』に登場するピーター・パーカーの同級生は2018年のデシメーションで消滅していた設定を明らかにした。 演 - 元S. 副長官。 崩壊後はスターク・インダストリーズにトニーとペッパーの秘書として就職するが、ウルトロンとの戦いの後はフューリーと共に行動していた。 演 - 元S. アベンジャーズ計画の発案者にして元司令官。 崩壊後は自分の死を偽装したまま行方を眩ましており、ウルトロンとの戦いの後はヒルと共に行動していた。 デシメーションの影響が不明の人物 演 - 、日本語吹替 - トニーの親友にして、トニーの運転手兼用心棒。 ピーター・パーカーのお目付け役でもある。 ハーレー・キーナー 演 - 『』に登場した少年。 今作では、トニーの葬式にのみ登場する。 演 - 、日本語吹替 - 『』に登場したヒドラの首領。 惑星ヴォーミアでソウル・ストーンの守護者を務める。 今作では、タイム泥棒作戦で2014年のヴォーミアに訪れたナターシャとクリントを迎える。 演 - かつてハルクを軍事利用しようとした、元アメリカ陸軍将軍。 ブルース・バナーの元恋人であるベティ・ロスの父親でもある。 今作では、トニーの葬儀にのみ登場する。 演 - 、日本語吹替 - ソーの元恋人であり、天文物理学者。 今作では、タイム泥棒作戦でソーらが訪れた2013年の、アスガルドを訪れていた際のジェーンとして登場する。 ストレンジの盟友である魔術師。 今作では、最終決戦にて登場する。 () 演 - ティ・チャラとシュリの母親。 今作では、後述のロキ同様、ニューヨーク決戦直後のジャックとして登場する。 運転手 演 - 、日本語吹替 - デシメーション以前に死亡した人物 演 - 、日本語吹替 - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。 サノスの養女でネビュラの義姉。 今作では、タイム泥棒作戦でネビュラらが訪れる2014年のガモーラとして登場する。 現在のネビュラとはサノス打倒のために本来の時間軸よりも早く和解に至りアベンジャーズ側につくが、一方クイルと出会い恋人になる前であるので、最終決戦で再会を喜ぶクイルの股間を蹴り上げ、ネビュラに「本当にこいつと恋仲になったのか」と問いかけた。 未公開シーンではトニーのデシメーションによるサノス軍消滅後も生存しており、ヒーローたちがトニーに哀悼の意を示しているさなかにいずこかへと姿を消す。 () 演 - ()、日本語吹替 - ブラック・オーダーの一人。 今作では、タイム泥棒作戦でネビュラらが訪れる2014年のエボニー・マウとして登場する。 () 演 - () ブラック・オーダーの一人。 最終決戦でジャイアントマンに倒される。 () 演 - ブラック・オーダーの一人。 最終決戦に登場する。 () 演 - ()、日本語吹替 - ブラック・オーダーの一人。 最終決戦でオコエに倒される。 ニューヨーク決戦直後の人物 今作では、タイム泥棒作戦でトニーらが訪れるニューヨーク決戦直後の人物たち。 演 - 、日本語吹替 - ソーの義弟。 『インフィニティ・ウォー』冒頭でサノスに殺害された。 () 演 - 、日本語吹替 - ヒドラの一員であり、S. ジャスパー・シットウェル 演 - 、日本語吹替 - ヒドラの一員であり、S. のエージェント。 演 - 、日本語吹替 - ヒドラの一員であり、S. の幹部。 『ウィンター・ソルジャー』で死亡している。 レッドフォードは2018年公開の『』を最後に俳優業を引退することを宣言していたが、2019年公開の本作が米国で最後に公開された出演作品となった。 『』で死亡している。 1970年の人物 今作では、タイム泥棒作戦でトニーらが訪れる1970年の人物として登場する。 () 演 - 、日本語吹替 - トニー・スタークの父。 1991年、ウィンター・ソルジャーに殺されている(『シビル・ウォー』)。 () 演 - 、日本語吹替 - ハワード・スタークの執事。 テレビドラマ『』に登場済みであり、ドラマシリーズから映画へとされた初の人物。 演 - 、日本語吹替 - キャプテン・アメリカの元恋人。 『シビル・ウォー』にて老齢のため死亡している。 () 演 - 、日本語吹替 - ソーの母。 今作では、タイム泥棒作戦でソーらが訪れる2013年のフリッガとして登場する。 デシメーション以後に生まれた人物 モーガン・スターク 演 - 、日本語吹替 - トニー・スタークとペッパー・ポッツの娘。 プロダクション 、は『』の続編として『アベンジャーズ: インフィニティ・ウォー』というタイトルの二部構成の作品を制作すると発表した。 当初、Part-1はに、Part-2はにリリース予定としていた。 、とが前後編の指揮を執ることを発表。 製作はにスタートすると発表した。 は、『インフィニティ・ウォー』が単純な前後編ではなく、別々のになると述べた。 これらは共通の要素(を持っているの)で…(中略)…そのような(タイトルの)サブグループ化を行うのは適切だと感じた。 しかし私は、半分にカットした一つのストーリーとは呼んでいない。 2つの異なる映画になる。 — 、2015年4月 、とが2作品のを執筆することになった。 ルッソ兄弟は、が2つに分割されたわけではないとして、2つの映画を再編集することを明らかにした。 ジョー・ルッソはタイトルを変更するつもりであると告げ 、、マーベルは前編から「Part-1」の表記を削って『』とし、後編を仮題『Untitled Avengers』とした。 ファイギとルッソ兄弟は、旧後編が「インフィニティ・ウォー」のプロットの根幹に関わっていることを理由にタイトルを伏せている。 タイトルを秘匿した理由はプロモーションの都合によるものであるが、逆に熱心なファンたちによるタイトル予想が過熱する結果となった。 詳細は「」を参照 は、フェイエットビルのパインウッド・アトランタ・スタジオでに開始され 、トレント・オパロックが撮影監督を務めた。 『インフィニティ・ウォー』と本作の2作品は並行して撮影された。 は、これについて財務面・物流面における問題の解決が主であり、膨大な数のキャストを作品ごとに何度も移動させるよりも、同時に撮影した方が理にかなっているためだとしている。 同じ場所で、ある日は『インフィニティ・ウォー』を撮影し、次の日は本作を撮影する、といった具合であったという。 プロダクションはに終了した。 再撮影はに開始し 、同年に終了している。 とは、この二作のために1500万ドルを稼いだという。 、本作の最初のトレーラーが公開された。 原題は『 Avengers: Endgame』(『アベンジャーズ:エンドゲーム』、情報公開時は邦題未定)であると判明し、米国および日本での公開日がに決定した。 ヴィジュアル・エフェクトは、、、、 、、、Rise、Lola VFX、Cantina Creative、Capital T、、そしてTerritory Studioによって作成された。 これ以降、日本語版トレーラーとしてはに予告編第二弾が、に特別映像(Special Look)が、それぞれディズニー・スタジオ公式より上で公開された。 音楽 、『』で音楽を担当したが、『』と本作のスコアを担当することが明らかにされた。 ルッソ兄弟は、上旬にシルヴェストリと共同で作業を開始し 、下旬、スコアが完成した。 リリース 、ロサンゼルス・コンヴェンション・センターで本作のワールド・プレミアが行われた。 二日後の24日に、をはじめとする各地域で封切りが行われ 、翌25日にで 、さらにその翌日に とで、・3Dでの封切りとなった。 本来のリリースは、アメリカではの予定であった。 日本では公開一週目の動員ランキングにて1位になった。 アメコミ映画でのランキング1位は2018年公開の『ヴェノム』以来でMCU作品としては『マイティ・ソーバトルロイヤル』以来となる。 興行収入では二週目で40億円を突破した。 最終的な総尺は3時間1分となり、映画では最長のものとなった。 公開から24日が経過した5月20日の時点で、興収は52億4099万円を、動員数は357万4263人を記録した。 サンディエゴで開催されている「コミコン・インターナショナル」において、「アベンジャーズ/エンドゲーム」の興行収入が「アバター」の27億8970万ドル 当時のレートで約2200億円 を抜き、歴代1位となったことをマーベルのケヴィン・ファイギ氏が明かした。 タイトル公開までの経緯 当初MCUシリーズの「フェイズ3」のロードマップが発表された時点では、前作の『』と共に『Avengers: Infinity War Part1』・『Part2』の2部作とされていたが、それぞれの作品の独立性が高いとの理由から別のタイトルとなった。 2014年10月、 『 - Part 2』として発表された。 2016年7月、マーベルは映画のタイトルを変更し無題とした。 2018年7月2日、撮影監督トレント・オパロックのウェブサイトで自身が関わった映画リストの中に 『Avengers: End Game』と書かれているのをファンが発見し、全世界へ拡散されたが、その後すぐに『アベンジャーズ4』に書き換えられた。 しかし、監督によって否定された。 2018年9月初旬、ルッソ監督がTwitterで撮影現場の写真を添えて「Look hard…(よく見て…)」とツイートした。 この写真に『アベンジャーズ4』に関するヒントが隠されているとして、様々な憶測が飛び交った。 タイトルについては、写真に写ったとがアルファベットの「A」の形に見えることから、『アベンジャーズ』に続くタイトルはAから始まるのではないか、と予想されていた。 その後、アメリカのメディア「MCU Comics」により、『アベンジャーズ4』のタイトルは 『Avengers: Annihilation』になると報じられた。 「Annihilation」は英語で「消滅」。 また、作中の最後の戦いでの出来事を発言した。 しかし、規制音が被せてあり視聴者が聞くことは出来なかったが、収録に参加していた観覧客からは悲鳴に似た歓声が聞こえた。 規制音に被せてあったタイトルをファンたちは解読しようとし、ついにあるファンが解読、音声をネット上に公開した。 解読したファンは 『Avengers: The Last Avenger』と、言っていると説明した。 2018年12月7日、正式なタイトルと予告編が世界同時に解禁された。 脚注 [] 注釈• The Verge. 2019年7月21日. 2019年9月30日閲覧。 日本映画製作者連盟. 2020年1月31日閲覧。 Alexander, Julia 2019年7月21日. The Verge. 2019年7月23日閲覧。 tvgroove. com 2019年2月18日. 2019年2月18日閲覧。 THERIVER. 2019年4月26日閲覧。 CNBC. 2019年4月26日閲覧。 THE RIVER. 2019年4月26日閲覧。 Amecomi Info 2019年5月3日. 2019年5月8日閲覧。 「」『THE RIVER』、2019年5月3日。 2019年5月18日閲覧。 Wade, Jessie 2019年5月16日. IGN Japan. 2019年5月27日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年5月9日. 2019年5月9日閲覧。 Kennedy, Michael 2019年4月18日. Screen Rant. 2019年4月23日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Superhero Hype 2017年6月11日. 2017年6月12日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Eisenberg, Eric 2017年10月10日. Cinema Blend. 2017年10月11日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Carly Mallenbaum 2019年4月26日. 2019年4月28日閲覧。 映画ナタリー. 2019年4月11日. 2019年4月14日閲覧。 Cardona, Ian 2018年12月7日. CBR. 2018年12月7日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Russo, Anthony; Russo, Joe Directors 2019. Motion picture. Keyes, Rob 2018年3月23日. Screen Rant. 2018年3月23日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Lussier, Germain 2019年4月9日. io9. 2019年4月9日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Schmidt, J. 2018年12月22日. ComicBook. com. 2018年12月24日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Boucher, Geoff 2018年11月30日. 2018年12月1日時点のよりアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 Setoodeh, Ramin 2019年2月19日. の2019年4月26日時点におけるアーカイブ。 2019年4月28日閲覧。 株式会社riverch 2018年5月13日. 2019年7月11日閲覧。 しかし一方で『』では、ボランティア活動のパーティで自らが消えており、復活したらアパートに他人が住んでいたとスピーチで話してもいる• 株式会社riverch 2019年4月30日. 2019年7月11日閲覧。 Siegel, Lucas 2014年10月28日. 2014年10月28日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 2015年3月23日. 2015年3月23日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 2015年4月12日. 2015年4月13日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Strom, Mark 2015年5月7日. 2015年5月8日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Ryan, Mike 2016年5月4日. Uproxx. 2016年5月4日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 McNary, Dave 2018年7月29日. 2018年10月27日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Eisenberg, Eric 2017年4月23日. Cinema Blend. 2017年4月24日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Sandwell, Ian 2018年3月21日. 2018年3月22日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Perry, Spencer 2017年8月10日. 2017年8月10日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 2016年1月14日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Vlessing, Etan 2015年5月7日. 2015年5月7日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Trumbore, Dave 2018年1月11日. 2018年1月12日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Dumaraog, Ana 2018年9月7日. 2018年9月8日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Hood, Cooper 2018年10月12日. Screen Rant. 2018年10月13日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 2018年10月11日. 2018年10月11日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Truitt, Brian 2018年12月7日. 2018年12月7日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 Frei, Vincent 2018年12月7日. Art of VFX. 2018年12月7日時点のよりアーカイブ。 2018年12月15日閲覧。 映画ナタリー. 2018年12月18日閲覧。 Burlingame, Russ 2016年6月6日. ComicBook. com. 2016年6月7日時点のよりアーカイブ。 2019年4月23日閲覧。 McMillan, Graeme 2018年11月8日. 2018年11月28日時点のよりアーカイブ。 2019年4月23日閲覧。 Davis, Brandon 2019年3月22日. ComicBook. com. 2019年3月23日時点のよりアーカイブ。 2019年4月23日閲覧。 Ridgely, Charlie 2019年4月15日. ComicBook. com. 2019年4月15日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 Ridgely, Charlie 2019年4月15日. ComicBook. com. 2019年4月15日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 Tartaglione, Nancy 2019年3月28日. Deadline Hollywood. 2019年3月28日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 2019年4月3日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 Knight, Lewis 2019年4月17日. 2019年4月26日閲覧。 Sandwell, Ian 2017年9月29日. 2017年10月1日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 Siegel, Lucas 2014年10月28日. 2014年10月28日時点のよりアーカイブ。 2019年4月26日閲覧。 Breznican, Anthony 2019年3月25日. 2019年4月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年7月30日. 2018年4月6日閲覧。 「」『』。 2018年7月27日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年5月8日。 2018年10月16日閲覧。 フロントロウ. 2018年10月7日. 2018年10月8日閲覧。 「」『THE RIVER』、2018年10月7日。 2018年10月7日閲覧。 www. tvgroove. com. 2018年10月9日閲覧。 「」『』。 2018年10月10日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語).

次の