こり あう ぉ っ ちん ぐ。 【閉店】てっこりうどん

ちん★こりとは (チンコリとは) [生放送記事]

こり あう ぉ っ ちん ぐ

オーダーしたのは季節限定の『エビチーズ豆腐チゲ』 エビぃーー! もちあげて、もちあげてーー! の、リクエストに出てきたのが…。 コチラのお店は一人前からサムギョプサルが食べられますよー。 スタバとロフトを結ぶ路地にお店があります! はじめまして。 私は、K-POPや韓国語関連ブログを運営している「ハングルマン」と申します。 突然のメールで大変恐縮ですが、本日は「相互リンク」のお願いをさせていただきたくご連絡いたしました。 まだ歴史の浅いブログですが、訪問者数は毎日増えております。 もし、当ブログの中身にご納得いただけるようでしたら、ご一報いただけないでしょうか。 その時点で、すぐに貴サイトへのリンクを設置させていただきます。 これを機会に、貴ブログとのウィンウィン関係を構築させていただきたいと考えましたので何卒ご査収のほどよろしくお願いします。 投稿: 2011年10月28日 金 21時54分.

次の

山崎アウトドアランドで自然と秋を満喫してきました【キャンプレポ】|Korino Rossa(こりのろっさ)

こり あう ぉ っ ちん ぐ

もくじ• 山崎アウトドアランドの場所 山崎アウトドアランドは兵庫県宍粟市の山崎町にあります。 地図を見てもらえばわかる通り、周りには全くなにもありません。 本当に山の中にあるキャンプ場です。 周りにコンビニやスーパーがないため、 必要な食材や飲み物は 事前にしっかり買っておきましょう! かなり山の中なので携帯は通じないと思いきや、auのiPhoneはしっかり電波があったのが意外でビックリしました。 しっかり使えます。 すれ違い不可能な道 ネットで調べると必ず出てくるのが「道に注意!」「すれ違いは不可能!」の文字。 覚悟の上で行きましたが、想像をはるかに超えた山道でした。 確かにかなりの細い山道で、所々ガードレールはないわ、なんか道は常に濡れてるわ、見たことがない高っかい木はあるわ、薄暗いわ、落石注意の看板は多すぎるわで大変でした。 途中キャンプ場から帰る車がきてしまい、お互いどうしようかと思った場面もありましたが、なんとかすれ違うことができたのは奇跡!基本的にはすれ違いはできないと思っていたほうがいいです。 ではどうしたらいいのか。 ひたすら前から車がこないことを祈ってください(笑) 山崎アウトドアランドの環境 すべての詳しい情報は公式のHPで確認してください! >>> 入り口の様子 険しい山道を登っていって最後の角を曲がると、大きな管理棟と入り口が見えます。 この管理棟前の傾斜もなかなかのものです。 管理棟 この管理棟でまずは受付を済ませます。 管理棟では、 ビール・タバコ・氷・薪・木炭・着火剤等を買うことができます。 その他にも テントやタープや毛布などをレンタルすることもできます。 注目すべきは 『薪』!350円とはかなり安いです。 買って帰ろうかと思いましたが荷物になるのでやめました。 トイレ 今回はペットサイトの利用だったため、1番近い管理棟のトイレを利用しましたが、まぁ本当に綺麗! 今まで行ったどのキャンプ場よりもダントツで綺麗でした。 完全に施設の中にあるトイレだったので虫もいないし、靴を脱いでトイレ専用のスリッパに履き替えるので床もとにかく綺麗。 女性や子供にはとっても嬉しいですね。 そのほかには一般サイトの方にもトイレはありますが、使用しなかったため今回は写真がありません。 風呂(シャワー) シャワーも管理棟の中にあるシャワーを使用しましたが、こちらもダントツで綺麗。 一応風呂場は男女に分かれてますが、家族で貸切のようにして使えます。 使用する前に受付にいくのですが、その際にうまいことやってくれます。 風呂場のシャワーは全部で 4つあり、それぞれ 座りながらのシャワーもOK。 綺麗で広いので使い勝手も最高にいいです。 そのほかにも一般サイトにシャワーがありますが、こちらも今回は使用しませんでした。 出てきた他のお客さんが「想像してたより綺麗だった」と言ってたので、想像よりは綺麗なようです(笑) 多目的ホール 管理棟の中に多目的ホールがありますが、ここで卓球などを楽しむことができます。 あと隅には漫画を読むコーナーなどもあります。 もちろん卓球やりましたが、キャンプ場で卓球も珍しくてよかったです。 サイトの種類 参照:山崎アウトドアランド| トレーラーハウス 入り口から入ってすぐ正面に見えるのがトレーラーハウスです。 この日は1組このトレーラーハウスに泊まってる方がいらっしゃいました。 フリーサイトは16区画。 流し台共同、AC電源なしです。 ペット併用サイト ペットと一緒に泊まれるペットサイトです。 今回のキャンプでは3家族(犬付き)で行ったため、こちらのサイトのC-3、C-4、C-5を使わせていただきました。 林間サイトで常に木陰ができているので、夏は特に気持ち良さそうです。 これが私たちが張ったC-5の様子。 奥に見えるのが管理棟の屋根です。 写真右側にある道を進めば管理棟の横に出ることができます。 管理棟側からみたC-5サイトの様子。 この奥にC-4があって、右上にC-3サイトがある状態です。 こちらの写真がC-3、C-4の様子。 C-3は少し段違いの場所にあります。 奥にC-5サイトの私たちが張ったテントの三角屋根がみえますね。 ペット併用サイトは5区画。 流し台共同、AC電源ありです。 一般サイト ペット併用サイトと反対側にあるのが一般サイトです。 写真のような分かれ道にでますが、この道を 左に進むとAサイト、 右に進むとBサイトとDサイトに行くことができます。 Aサイトの様子です。 奥は広場があって行き止まりになっています。 Bサイトの入り口にはシャワー室があります。 500円で10分間使うことができます。 Bサイトの様子です。 Aサイトより高い場所にあるので、Aサイトを見渡すことができます。 Dサイトの様子です。 Bサイトよりもさらに高い場所にあります。 斜面が急なので車の出入りが結構きつそうな印象でしたが、かなりプライベート感があるように感じました。 一般サイトは25区画。 【サイトD】は流し台共同、AC電源ありです。 キャンプの感想とレポート 山崎アウトドアランドの9月の温度 9月後半に行ってきましたが、実は今回温度計を忘れまして… 時間毎の詳しい温度はわからなかったものの、管理人さん曰く 16度まで下がったと言ってました。 正直思っていたほど寒くはなかったですが、毛布は必須。 電源サイトの恩恵をうけて、電気毛布を敷いて長袖長ズボンで寝てちょうど良かったです。 服装は? 昼間は半袖半ズボンでちょうど良かったのですが、15時あたりにはすっかり冷えて、長袖長ズボンで過ごしてちょうどよかったです。 夜はこれにちょっとした上着を羽織ってちょうどいい感じでした。 やはり山ですので気温の幅が大きいです。 万全の準備をしておきましょう。 高床式のテントサイト こんな感じで張りました。 このキャンプ場は テントを張る場所が高床式になっているという欠点がありまして… UJackのテントはギリギリ張れましたが、大きなテントはまず張ることができないと思います。 サイトによっては高床ではない場所もあるらしいので、予約を取る際に必ず確認しておいたほうがいいです。 自然を満喫できるキャンプ場「山崎アウトドアランド」 かなりの山中ですので、たっぷりと自然を満喫できると思います。 夜はもちろん真っ暗。 その分きれいな星空を眺めることはできますが、ランタンは高性能のものを持って行ったほうがいいでしょう。 プライベートが確保できて静か ひとつひとつのサイトは近いものの、高低差をつけてしっかりとプライベート感を持たせているところがとても好感をもてました。 また山の中ということもあって、夜などはとても静かです。 管理棟のトイレとシャワーが快適すぎる 管理棟にあるトイレとシャワーは、今まで行ったどのキャンプ場よりも綺麗で快適だと思いました。 トイレとシャワーは完全に室内にあるため、虫も全くいません。 また管理棟内に入る際に靴を脱ぐため、トイレの床も綺麗。 とても快適でした。 シャワーもひとつのシャワー室に4つシャワーが備えてあります。 一応男女で分かれていますが、管理人さんがうまいことやってくれるので、家族で入ることも可能。 実質家族風呂のような感じで使わせてくれます。 行き帰りの道に注意 冒頭でも書きましたが、このキャンプ場への道はかなり細くて所々坂も急だったりしますので注意が必要です。 秋のキャンプ飯は秋刀魚で決まり! 今回秋キャンプということで、夕飯には豪快に炭で秋刀魚を焼いてみましたが、これが正解中の正解。 めちゃくちゃ美味しかったです。 これから秋キャンプでは必ず秋刀魚を焼こうと思いました。 また朝食にはカートンドックという牛乳パックを使ったホットドックにも挑戦しましたよ。 これまた美味しかったです。 まとめ 今回のキャンプは自然と秋を満喫したキャンプでした。 この「山崎アウトドアランド」は標高が高いので、もしかしたら夏は涼しく快適なのかもしれませんね。 また夏に訪れてみたいと思います。 次は一般サイトに泊まってみたい! 以上、こりのろっさ()でした。

次の

ちんこの太さ平均と測り方!風俗嬢が教えるU型・@型とは!?長さとどっちが重要なの?

こり あう ぉ っ ちん ぐ

理論的に鋭く批判するスタイルではなく、なんかおかしいよねあの人たち、という風に 肩の力を抜いて読める本です。 そういう視点でみていくと、韓国人はプライドの高さと見栄ゆえに間違った方へいくのだな…というのが見えてきます。 例えば、ノーベル賞やメダルに対する韓国人の異常なこだわり。 ノーベル賞を取りたくて仕方ない(金大中氏のはともかくとして。 平和賞の授与基準も曖昧ですし) けど、思い通りに行かない上に、気に入らない日本人が受賞していくという現実が悔しくて、 つい大騒ぎして負け惜しみ言ってしまう韓国人を著者は面白おかしく解説されています。 今年は、ノーベル賞については例年に比べれば、大人しい負け惜しみでしたが。 (しかし仁川アジア大会でのメダルへのこだわりは異常でした…) 韓国のことを知りたいけれども、 七面倒くさい議論から入りたくない、気楽に知りたいという方におすすめです。 子供の頃住んでいた近くに、朝鮮系の街があり、「我々は戦争中、鉄道建設に強制連行された」と吹聴、威張りまくっており、仕方なく信じていました。 しかし、後にネットで、その強制労働させられたという線が昭和初期にとっくにできていた事を知り、呆れた事がありました。 この著書は、その様な稚拙な物は勿論、一見本当かと思える連中の捏造の数々を驚くべき該博な知識でいともやすやすと解明されます。 さらに経済にも強い著者は韓国経済の嘘を、あくまでもさりげなくあざやかに暴かれます。 本書は朝鮮系を知るための隠れた必須書籍といえます。 油断なくお読み下さい。 唸るような事実をさりげなく短く書き記しておられる所が随所にあります。 本書を読まれると、いかに日本人が律儀で、このような隣人のために苦労させられているか、よく分かる一冊です。

次の