引っ越し 単身 相場。 同一市内の引越しを安くするコツ!【引越し料金LAB】

東京から福岡への引越し日数と相場はどのくらい?単身なら安い?

引っ越し 単身 相場

このページの目次 CLOSE• 業者ごとにサービス内容を比較してみよう! 説明がしやすいからか、一人暮らし世帯の引っ越し向けのサービスを単身パックということがあります。 しかし実は、単身パックという名前がついているものは日通だけで、他の引っ越し業者では、それぞれ異なった呼び名がつけられています。 今回は、なかでも大手業者5つについて紹介します。 業者名 サービス名 料金 訪問見積 ヤマト 単身引越サービス 固定 不要 ヤマト 単身引越サービスmini 固定 不要 日通 単身パックS 固定 不要 日通 単身パックL 固定 不要 日通 単身パックX 固定 不要 サカイ パンダロジスティックス 変動 不要 アート 一人暮らしのお引越し 変動 要 アリさん 超ミニ引越しプラン 変動 要 アリさん 特ミニ引越しプラン 変動 要 アリさん ミニ引越しプラン 変動 要 これらのサービスについて、タイプ別に次で詳しく見ていきましょう。 翌日以降に新居に配達!時間に余裕がある人向けのコンテナタイプ 指定のコンテナに載る範囲内なら、固定の料金で利用できるタイプです。 料金は、選ぶプランと移動距離によって異なります。 荷物の運び方は宅配便のシステムと同じようなもので、集荷してもらったら翌日以降に新居に配達されます。 トラックを貸し切りにしない分、割安で利用できるのが、このタイプの特徴です。 荷物が少なくて、引っ越し作業が一日で終わらなくてもかまわない人におすすめです。 ヤマトホームコンビニエンス「単身引越サービス」 単身引越サービスには、スタンダードなタイプとminiタイプの2つが用意されています。 小さめ2ドアの冷蔵庫と4kgの洗濯機、電子レンジといった必要最低限の電化製品と、ダンボール10箱、衣装ケース3つ程度と布団ワンセット、スーツケース1個を入れてちょうどくらいの大きさです。 ダンボール15箱と衣装ケース3つ程度、布団ワンセットが入るくらいの大きさなので、電化製品は引っ越し先でそろえるという人は、こちらのタイプを検討すると良いでしょう。 スタンダードのものより、1,000円ほど安くなります。 ただし、取り扱いエリアが限られているため、ヤマトホームコンビニエンスのサイトで事前に確認しておきましょう。 見積もりの取り方 新居や旧居の住所と荷物量、希望の作業日と時間帯をサイトで入力すると、見積もりを取ることができます。 荷物の容量はコンテナの大きさによるため、訪問見積もりの必要はありません。 距離にもよりますが、10,000円~20,000円程度かかります。 インターネットで申し込むと割引が適応されるweb割や平日割引など、各種割引が用意されています。 すべて利用できれば5,000円以上割引になることもありますが、繁忙期は利用できないものがあるので注意しましょう。 できれば繁忙期を外して発着作業を依頼できるよう、調整すると良いでしょう。 日通「単身パック」 こちらも、指定のコンテナに積み切りで、宅配便のように荷物を届けてくれます。 サイズはS・L・Xの3種類で、それぞれ以下の大きさです。 X:Lサイズの約3倍 SサイズとLサイズはそれぞれ、ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスのminiとスタンダートと同じくらいの大きさです。 それでは足りない人のためにXサイズも設けている点に、日通の特徴があります。 すでに一人暮らしを経験していて、ソファやベッドなどの大型家具も運びたいという人は、こちらのタイプを検討してみましょう。 自転車など、コンパクトに折りたためない荷物があっても安心です。 ただし、Xサイズのものは、鉄道を利用する関係で150km以上離れた場所への引っ越しにしか対応していないので、気をつけましょう。 見積もりの取り方 見積もりは、日通のサイトで住所や連絡先、荷物量、配達希望日などを入力して取ります。 距離や割引によって変わりますが、相場は20,000円前後です。 単身パックXに関しては、料金表が用意されているので、参考にすると良いでしょう。 サカイ引越センター「小口のお引越し:パンダロジスティックス」 パンダロジスティックスも、指定のコンテナに載せて荷物を運んでもらいます。 他のコースより料金が安めに設定されているため、梱包資材のサービスはついていません。 必要な場合は有料になるので、注意しましょう。 まだサービスを開始して日が浅いため、関東から関西エリア、関西から関東エリアの引っ越しのみしか対応していません。 利用を検討している場合は、公式サイトで対応エリアをチェックしてみましょう。 見積もりの取り方 見積もりは、電話やインターネット経由で取ることができます。 インターネット経由の場合は、その場で料金が表示されるわけではなく、メールで返信が受けられます。 ただし、こちらは固定の料金ではなく、顧客ごとに荷物の量から判断して見積もりを取る方式を採用しています。 そのため、同じような量の荷物で複数の人が依頼したとしても、それぞれ違う金額が提示される場合があります。 個別に見積もりを取ってもらうプラン 普通の引っ越しと同じように、訪問してもらって見積もりを取るタイプです。 単身パックと銘打ってはいますが、普通の場合と同じように考えても良いでしょう。 値段が固定でない分、交渉次第で安くできる可能性が高いです。 アート引越センター「一人暮らしのお引越し」 以前は単身パックが用意されていたアート引越センターですが、現在は「一人暮らしのお引越し」用の見積もりフォームが設置されただけで、普通の引っ越しとあまり変わりません。 見積もりの取り方 ネットで申し込むフォームはありますが、荷物量を入力する項目がないので、訪問見積もりを頼まなければなりません。 また、単身引っ越し用のスマホアプリもあります。 こちらには、家財の内容を入力する項目があるので、訪問見積もりなしで大まかな料金を知ることができます。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 超ミニ引越しプラン、特ミニ引越しプラン、ミニ引越しプランの3つが設けられていて、荷物量によって決まります。 それぞれの荷物容量は、以下の通りです。 超ミニ引越しプラン ダンボール10個まで• 特ミニ引越しプラン ダンボール15個までと、小さめな荷物2個くらい• ミニ引越しプラン ダンボール20個までと自転車、その他必要最小限の電化製品くらい 通常プランよりも安く引っ越しできる分、制限がいくつかあります。 まず、引っ越し先は同一区内、もしくは同一市内の5km圏内でなくてはなりません。 また、日にちや時間の指定もできません。 さらに、ダンボールの大きさは、3辺の合計が150cm以内のものに限ります。 見積もりの取り方 サイトで名前や連絡先、住所などの項目を入力すると、訪問見積もりのアポイントメントを取るための電話がかかってきます。 インターネット上で見積もり額が表示されるわけではありません。 訪問見積もりによって、ミニ引越しプランが利用できるかどうかが分かります。 利用できない場合は、適切なプランを教えてもらえます。 単身パックの料金相場は? 料金については荷物量や距離で変わりますが、20,000円~50,000円程度かかると想定しておきましょう。 一つ一つ料金を調べるのはかなり大変なので、一度入力すれば複数の会社に見積もりを申し込める「一括見積もりサイト」を利用するのがおすすめです。 まずは、単身パックで荷物を運ぶのにどれくらいの料金がかかるのか、見積もりを取ってみることが大切です。 予算と合わない場合は、荷物の量を調節したり、大きな荷物を新居で購入したり、いろいろ試してみるようにしましょう。 場合によっては、単身パックにこだわらず、その他の運び方も視野に入れてみることが大切です。 便利な「一括見積もりサイト」を早めに利用して、たくさんの業者を比較することが、引っ越しを成功させるカギになります。 引っ越し一括見積もりサイトランキング 引越し達人 「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。 長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。 登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。 引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。 そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。 他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。 どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

次の

引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

引っ越し 単身 相場

単身引越し:約3万~5万円• 家族引越し:約7万~11万円 上記の数字は同一市内の引越しの場合の相場料金、距離にすると約20㎞程度ですが、皆さんはこの相場料金を安いと感じますか? 正直なところ安いのかわからないですよね、そう、わからないのが引越し料金なのです! 上記の数字はあくまでも相場料金で、引越しの条件によっては 相場料金に当てはまらない場合もあります。 でも、『値下げ交渉などはナシで』と言われてしまう繁忙期にも相場料金以下で引越しをしたいなら、一括見積もりサービスの活用をオススメします! 一括見積もりサービスは忙しい時や1週間後など急な引越しをしたいという時でも、無料でまとめて条件に合う引越し業者を探せるサービス。 お得に引越しができる日などを公表している引越し業者もあるので、早めに動き始めないと繁忙期は かなり高い金額で引越しをする事になりかねません… 引越し料金で損をしないためには、まず、まとめて見積もり依頼ができる一括見積もりサービスを活用しましょう! 繁忙期は皆さんが思っている以上にあっという間に予約が埋まり、トラックの空きがなくなるのでのんびりしているヒマはありませんよ。 人数別の場合の引越し相場料金を見てみましょう! 例えば、荷物の少ない単身引越しならクロネコヤマト引越センターの単身パックminiを使えば最安値1. 4万円程度で引越しが可能です。 更に、私の引越しを例に挙げます! 最高値の見積もり: ¥47,000 最安値の見積もり: ¥16,000 荷物の多い家族引越しとなれば尚更この料金差は開きます。 そもそも引越し料金には定価がないので、近距離の同一市内引越しとは言え、引越し料金が高い引越し業者もあれば安い引越し業者もあります。 ただ、インターネットで1社1社調べていては、安い引越し業者を見つけるのにムダな時間と労力をかけるだけ。 格安引越ししたい人がするべき事はたった一つ、 複数の引越し業者から見積りをとる事です! 複数の引越し業者から見積もりをとる相見積もりは最低でも2~3社が基本。 各社の見積もり金額を比較すれば一番安い引越し業者がどこなのかがすぐにわかりますよね。 ただ、相見積もりをとるために直接引越し業者に連絡をすると引越し予定日、搬出先と搬入先の住所、荷物量など 同じ事を何度も繰り返し説明しなければいけません。 でも、そんな労力をかけなくても複数の引越し業者の見積もりをまとめて集められるのが一括見積もりサービスでしたね。 引越し先までの移動距離が1km以内のという人もいると思います。 もし同じ荷物量、同じサービス内容で5㎞の近距離引越しをした場合と、20㎞程度の引越しをした場合の引越し料金がどれぐらい変わるかご存じですか? 皆さん『車で5分程度のところなんて相当安く引越しできるんじゃないの? 』と思いがち。 でも、実はコレ大間違いです! 引越し料金を算出する際に運賃という項目があり、これが移動距離にあたります。 基本的には5㎞の近距離でも20km程の離れた距離でも 同一市内なら引越し料金は変わらない事がほとんどです! ただ、引越し業者により料金設定は異なるので、同一市内でも相場料金とは全く異なる金額になる場合もあります。 オプション 金額 エアコン着脱 ¥10,000~15,000 アンテナ取り外し ¥5,000~8,000 アンテナ取り付け ¥15,000~20,000 オーディオ機器設置 ¥5,000~8,000 ピアノ運搬 ¥35,000~40,000 車の陸送 ¥25,000~30,000 オプションサービスも引越し料金も 引越し業者によって様々。 料金は大手引越し業者の方が若干高く、中小引越し業者の方が割安という傾向にあります。 なんでも安い方が嬉しいとは思うのですが 料金設定が安い=内容も薄い場合が多いです。 でも、そんな労力をかけなくても複数の引越し業者の見積もりをまとめて集められるのが一括見積もりサービスでしたね。

次の

【要対策】2021年3月の引っ越し料金相場は高すぎ?なんとか安くする方法

引っ越し 単身 相場

新しい家を建てて、同一市内に引っ越すことになったという人は多いでしょう。 同一市内の引っ越しは移動距離も短いのでそんなに引っ越し費用もかからないだろうと安易に考えていると、意外と引っ越し費用が高くてびっくりしたという経験がある人が多いですよね。 同一市内への引っ越しだからと言って気を抜かずできるだけ引っ越し費用を安くする方法について考えてみましょう。 引っ越し費用の相場をきちんと知っておけば、その業者の見積もり額が高いのか安いのかがすぐにわかるでしょう。 同一市内への引っ越しは基本的に20〜30キロ以内の近距離の移動がほとんどでしょう。 5月〜2月の通常期では、単身者で荷物が少ない人は3万円、単身者で荷物が多い人で4〜5万円、2人家族で6〜7万円、4人家族になると10〜13万円程度と言われています。 3月、4月の引っ越しハイシーズンと言われる繁忙期においては、単身者の荷物少な目の人で4〜5万円、単身者の荷物多い人で、5〜7万円、2人家族で10万円、4人家族で15万円前後と言われています。 この額はあくまで相場なので、繁忙期にはもっとも価格を上乗せしてくるところもありますし、単身者パックなどを使用すれば、荷物が少ない単身者の場合1〜2万円前後で引っ越しをすることができるケースもあるでしょう。 また荷造りなどを全てスタッフに行ってくれるようなプランをつけると、さらに引っ越し費用は値上がりしてしまうでしょう。 同一市内の引越し料金の相場をチェック 時期 単身(荷物少) 単身(荷物多) 2人家族 3人家族 4人家族 通常期 約3. 5万円 約4. 5万円 約7万円 約9万円 約11万円 繁忙期 約4. 5万円 約5万円 約9万円 約11万円 約13円 引越し料金の相場をチェック 引越し料金は、時期や曜日、時間帯によって相場はまちまちですが、以下の表を参考にしてみてください。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金の相場 オフシーズンの引越し料金は、繁忙期と比べてやはり費用は安くなります。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また引っ越し料金には定価がありませんので、高い値段を提示してくる業者もあれば、安い価格を提示してくれるリーズナブルな業者も存在します。 実際単身者の引っ越しで複数社の見積もりをとってみると、最安値の見積もりは15000円であったのに、最高値の見積もりは5万円にもなったのです。 その差額はなんと35000円にもなるんですよね。 単身者の引っ越しでこれだけの値段の差が生じるのですから、荷物が増える家族での引っ越しとなると引っ越し費用代金自体が高くなりますので、最安値を提示する業者と最高値を提示する業者の差はさらに広がるでしょう。 同一市内でも距離が変わると引っ越し費用は変わる? 同一市内の引っ越しといっても500メートル先に新しい家を建てたという人もいれば、20キロ離れたところに行く人もいるでしょう。 この場合、同じ同一市内への引っ越しですが料金に差がでるのでしょうか? このようなケースの人は完全に引っ越し費用を高く見積もられている可能性があります。 同一市内であれば、いくら数百メートルの移動だとしても、20〜30キロ離れた移動と同じ金額になることを頭の片隅に知っておくことが重要です。 追加オプションをつけると費用がかさむ 引っ越し費用は基本料金の他に、オプション費用がかかります。 例えばエアコンの着脱や、アンテナの取り付け、オーディオ機器の設置、車の輸送、ピアノや仏壇の運搬などは、専門のスタッフが行いますので、追加で料金が発生します。 立てばエアコンの着脱であれば10000〜15000円程度はかかりますし、繊細なピアノの輸送などは専門業者に委託するケースが多いので、4〜5万円と高い料金追加になってしまうでしょう。 追加オプションをなるべくなくすことで、同一市内への引っ越し費用を安くすることができますよ。 引っ越し費用見積もりサイトの利用 賢く引っ越しをしている人の大半は引っ越し見積もり一括サイトを利用しています。 引っ越し見積もり一括サイトってなに?と思った人もいるかもしれません。 このサイトでは、必要な情報を入力すると自分が選択した複数の引っ越し業者から一括で見積もりを取ることが可能です。 サイトによっては150社以上の引っ越し業者と提携していますので、大手引っ越し業者だけでなく、地域に根付いた中小の引っ越し業者からも見積もりを取ることが可能です。

次の