スターダスト メモリー。 スターダストメモリー(2020/03/05 00:00)

スターダスト・メモリー

スターダスト メモリー

Contents• あらすじ ジオン軍残党「デラーズ・フリート」に所属するアナベル・ガトーがオーストラリアのトリントン基地に輸送された、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を奪取。 地球連邦軍士官のコウ・ウラキはガンダム試作1号機で2号機の前に立ちふさがるも歴戦の戦士であるアナベル・ガトーに歯が立たず取り逃がしてしまう。 コウ・ウラキら地球連邦軍士官は強襲揚陸艦アルビオンの乗組員となって、「デラーズ・フリート」の起こした騒乱の鎮圧、2号機の奪還任務にあたっていく。 特にブースターポッドによる高機動性能はファン多し。 本来はコアファイターの換装で宇宙戦に対応する筈だったがコウ・ウラキが独断でGP01を大破させたので全体的な改装が成され完全な宇宙戦用機になっている。 コウ・ウラキ 地球連邦軍の新兵。 オールドタイプ。 ガトーと戦う中で成長していく。 パイロットとして潜在能力の高さを認められ、実績と実力的にもコウよりも上のベテランパイロットを抑えてガンダム試作1号機、GP01のパイロットに選ばれ、さらには最新鋭のGP03のパイロットにも選出される。 名セリフは「ニンジンいらないよ」。 ガンダム試作2号機(GP02) GP02は高機動で大型ロケット弾を撃ち込む一撃離脱機。 核攻撃用の機体でそれ以外はバルカンと武器しかない潔さと武骨さが人気のモビルスーツ。 アナベル・ガトー(声:大塚明夫) 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYは男性からの人気が圧倒的に高かったのと、主人公、コウ・ウラキのライバル、アナベル・ガトーの人気が高いのが特徴です。 NHKのガンダム大投票キャラクター部門11位! 一年戦争を生き延び、地球連邦軍から「ソロモンの悪夢」と恐れられたエースパイロット。 「この機体と核弾頭は頂いていく!」 「再びジオンの理想を掲げるために 星の屑成就のために ソロモンよ!!私は帰ってきたーーー!」 こんなに復讐に燃えている魅力的なキャラはなかなかいないと思う!!漢(おとこ)の中の漢!!(10代男性) 滅びの美学を完遂した姿に清々しさすら感じさせてくれた真田信繁に通じる日本人好みのキャラクターだと思う(40代男性) 一番全ガンダムの中で「武将み」があるのがガトー(30代男性) 義に生きた姿が上杉謙信をモデルにしたという話も(30代女性) ちょんまげがイタリアのサッカー選手のロベルトバッジオみたい(30代男性) ものすごくインテリで難しい4文字熟語を使う。 それが全部思想として貫かれている(30代女性) ガンダム試作3号機(GP03) RX78-GP03ガンダム試作3号機はNHKのガンダム大投票でモビルスーツ部門13位。 主人公コウ・ウラキが乗り込む超巨大兵器! GP計画によりアナハイム社が開発した連邦軍の宇宙用試作型MS。 機体制御を行うMS「ステイメン」と巨大アームドベース「オーキス」で構成される大型機で、機動兵器としては過剰な性能を有する。 コードネームは「デンドロビウム」。 登場シーンに度肝を抜かれました!ビームライフルやビームサーベルの大きさが半端ない。 歴史から抹消されたっていうのも魅力(40代男性) 武装もりもりのトンデモ兵器っぷりがたまらない!ガーベラテトラを貫いたシーンが最高。 (30代男性) 見どころ 敵キャラのガトーがかっこいい! 何と言ってもガトーです。 まさしく「男性が痺れるタイプの男性」です。 いちいちセリフがカッチョいい! 映像の品質も良く、ストーリーよりも戦闘とガトーの芝居じみたセリフ回しを楽しむ作品だと思います。 アナベル・ガトー少佐がいなければ、STARDUST MEMORYは存在しない(笑) 評価 「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」はNHKで放送されたガンダム大投票で作品人気ランキングの10位。 投票者からの意見を紹介! 運命が二転三転して行く戸惑いの中でニュータイプでもエースでもない一回の兵士の成長に共感した(40代男性) 男たちのカッコよさ 熱さ 切なさがこんなに詰まった作品はありません!!機体も人物もとにかくかっこいい!!(30代女性) 男の生き様が見たい人にはこれっ!(30代男性) 登場人物の関係がアメリカ映画っぽくて絵がキレイ(30代男性) コウ・ウラキとガトーとニナの三角関係にドキドキした(30代女性) 次の時代の「Z」に登場しているバスク・オムの過去やティターンズの前身が描かれていておもしろい(30代男性) モビルスーツの描写がものすごく丁寧(20代女性) ブログ、オカモトトピックスを運営している、おかもとです。 これまで100記事ほど書いていまして、好きなガンダムの記事が多いです。 ガンダムを好きになったきっかけは5歳の時に叔母に元祖SDのZガンダムのガンプラを買ってもらったことでした。 さらに機動武闘伝Gガンダムというアニメシリーズを見るようになり、宇宙世紀ではないガンダムを見続けていくことになります。 中学生になってからガンダム熱は薄れていきましたが、大人になってから見た機動戦士ガンダムUCのストーリーに感動。 改めてガンダムの良さに気づくことになります。 ほぼ全ての動画のガンダム作品を見終えた2018年、ガンダムの良さを発信しようとオカモトトピックスを開設しました。 好きなメカはガンダムバルバトス。 好きなセリフはバナージ・リンクスの「それでも!」 好きなキャラはドモン・カッシュ。 彼ほど熱いヒーローはいないと思います。 ガンプラも作成しています。 今後はガンダム以外の時事ネタなど気になったニュース記事を取り上げていく予定。 ブログ書くのは孤独な作業なので、よかったらコメントとかくれると嬉しいです。

次の

The Stardust Memory〜スターダスト・メモリー〜(小泉今日子) / コード譜 / ギター

スターダスト メモリー

ある古びた列車の中。 退屈そうな顔をした中年男が、車内を見回してギョッとした。 なんと乗っているのは屍同然の老人たちばかり。 それに反して対向車線には、華やいだ女性たちでいっぱいの列車が停っている。 慌てた男は急いで乗り替えようと窓をあけようとするが、どの窓も開かない。 やがて列車は無情にも出発し、霧の中を進んでいく。 そして着いた先は塵の山--THE END--これは映画のラストシーンだったのだ。 この映画の監督・主演のサンディ・べーツ(ウディ・アレン)は、売れっ子監督であるが、この最近作の試写の反応は芳しくない。 プロデューサーやスタジオ関係者たちの悪口に、彼は反論する。 要するに大衆受けする笑いの世界に没頭することに疑問を抱き、何かもっと別なものを見出したいというのだ。 その週末、ニュージャージー州で開かれた映画祭のサンディ・ペーツ週間に出席するために会場のスターダスト・ホテルに向かったサンディは、新作のことを考えながら様々なイメージに思いをはせる。 熱狂的なファンたちがつめかけた会場での一作品上映終了毎の鋭い質問に答えながら、過去と現在をさらけ出すサンディ。 彼のイメージに浮んでは消えるのは、かつての彼の作品に主演した美人女優ドリー(シャーロット・ランプリング)。 理想的な恋人でもあった彼女は、しかし、今では彼のもとを去っている。 現在の恋人はフランス人の人妻イゾベル(マリー・クリスチーヌ・バロー)だが、彼女が夫を捨て2人の子供を連れて映画祭にやって来たのにはいささか当惑ぎみだ。 一方、サンディは、会場にやってきた女性バイオリニストのデイジー(ジェシカ・ハーパー)にも惹かれてしまった。 そして、ドリーの幻影を追い回したり、デイジーに夢中のサンディに、遂にイゾベルの怒りが爆発し、子供を伴ってフランスに帰る決心をする。 駅に急ぐ彼女を、慌てて追いかけるサンディは、彼女をひきとめ、強引にキスをかわした--THEEND--つまり、これも映画のシーンだったのである。 客席には、彼の映画に出たスターたちの姿があり、それぞれに映画の感想を語り合うのだった。 関連するキネマ旬報の記事.

次の

The Stardust Memory 小泉今日子 歌詞情報

スターダスト メモリー

追記 2020. 29 沢山の方に見てもらっているようでありがたいです。 申し訳ないのですが、多忙につきなかなか考察を進めることができないため更新中止にさせてもらいます。 私生活が落ち着きましたらまた考察始めたいと思います! 追記 2019. 考えたことをばばーっと書くだけなので見づらいかもしれません…。 あと、例によってこじつけ理論ばかりなので苦手な方はブラウザバックお願いします。 星の原料となる星間雲には、すでに死んでしまった星たちが最期のの時に放出した、炭素や窒素、酸素などが含まれています。 私たちの体や地球をつくっているこれらの元素は、宇宙が生まれたときにはなかったもので、星の中心部で反応によって作られたものなのです。 星は死んで星間雲にかえり、また次の世代の星を生み出します。 私たちもその中から生まれた宇宙のこどもなのです。 とりあえず上記の文章がエモいので読んでください…。 ・宇宙三部作全体として 疑問・気になること・思ったこと 1. 「僕」と「君」は誰なのか。 3曲すべて同じ人物なのか。 宇宙三部作は繋がった1つのストーリーなのか。 それともオムニバス形式? 3. 宇宙三部作の順番。 悲しい。 あと順番繋がりで、発表順と時系列が違うのも気になる。 何か理由あるのかな。 すべてハッピーエンドなのか。 握手会レポによると3曲すべてハッピーエンドらしい。 しかし11光年クトやはあまりハッピーエンドな印象を受けない。 「僕」の目的とは何か。 WAKASAGI、11光年クトでは星を目指す・光を目指すという言葉があるが、にはそのような目的が見られない。 「遠のく」というか「空間が広がっている」感じ?ヘッドホンで聴くとよくわかるかも。 ・星の一生と元素のなりたち 今宇宙三部作を考察する上でヒントにしているのが星の一生です。 エモい。 エモすぎる。 の主人公星説もあり得るのかなと思ったり…。 私たちの身体も、地球や太陽、夜空の星々も、みんなこの元素の大循環の一部。 そして宇宙を流転する物質のすべては、さかのぼれば、 宇宙最初の3分間 に生み出された物質へと行きつくのです。 このページの言葉全部がエモいのでぜひ読んでください…。 そしてその星を目指す物語が11光年クト、WAKASAGI? 話が繋がっていると考えると、の主人公をヒトとして考えるのは難しいような…? [これから1曲ずつ考察したいと思います。 1 chiai000.

次の