プロテインダイエット 効果。 プロテインは飲むタイミングでダイエット効果に差が出る!【徹底解説】

DHCプロテインダイエットで痩せる効果を得る3つの方法と7つのポイント

プロテインダイエット 効果

プロテインにはどのような効果があるの? プロテインとは、日本語で「たんぱく質」を意味する言葉で、ギリシャ語で一番大切なものを意味する「プロテオス」が語源です。 プロテイン(たんぱく質)は、その語源の通り、炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素の一つで、筋肉や内臓、ホルモン、酵素、免疫細胞などを作る役割を持ちます。 そして、私たちがお店でよく目にするプロテインは、たんぱく質を効率よく摂取できるように粉末状にし、飲みやすいように味を加えたもので、体内で不足したたんぱく質を補う効果があります。 日本では、お米やパンを中心に、炭水化物が多い食事になりやすく、たんぱく質を多く含む肉や魚、大豆類などを意識的に食べている人は、少ないのではないでしょうか。 そんな人は、プロテインを摂取することで、普段の食生活で不足しがちなたんぱく質を、低カロリーかつ効率よく摂取することができます。 プロテインの栄養・カロリー プロテインは低カロリーというお話をしましたが、具体的に他の食品とどれだけカロリーが違うのか、比較してみましょう。 ここではあるプロテインを1回飲んだときのたんぱく質・カロリー量を、他の食材と比較してみました。 より このように、たんぱく質の含有量が多いとされる食品のほとんどと比較しても、プロテインのカロリーのほうが低いとわかります。 そのほか、鮭やあじなどの魚類、ささみ、ブロッコリーなども非常に低カロリーなので、ダイエット中の食事では積極的に摂取していきたいですね。 また、「プロテインにはたんぱく質以外の栄養素は含まれているのか」という点も気になりますよね。 商品によって大きく異なりますが、プロテインには次のようなミネラル、ビタミンを含む商品もあります。 ・ビタミンB1 ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・葉酸 ・ビタミンB12 ・ナイアシン ・パントテン酸 ・カルシウム プロテインの役割 たんぱく質が不足すると、身体機能や骨格筋量が低下し、ケガや病気に弱い身体となってしまいます。 さらに、日常的にスポーツ・トレーニングをしている場合は、体重1kgあたり1. 5g〜2. 0gのたんぱく質が必要になると言われています。 このように、食事だけで1日に必要なたんぱく質量を摂取するのはかなり大変であることに加え、カロリーオーバーの心配もあるでしょう。 そこで、普段の食事に加えて、プロテインを飲むことで、1日に必要なたんぱく質量を手軽に補えるというわけです。 筋肉への効果 日常生活で不足しがちなたんぱく質を手軽に補えるプロテイン。 さらに、トレーニングをしている人にとっては、もう1つの嬉しい効果があります。 それが、筋肉の成長を早めるというものです。 筋肉を肥大化させるために行うトレーニングの後は、筋肉(筋繊維)が破壊された状態になります。 ここから筋肉が回復に向かうプロセスで、筋肉は成長するのです。 特に運動後45分以内は、破壊された筋肉の回復作用が促進される「ゴールデンタイム」。 このタイミングできちんとたんぱく質を摂取することで、効率よく筋肉を修復し育てることができるとされています。 シェイカーと水分があればすぐに飲むことができるプロテインは、ゴールデンタイム中のたんぱく質摂取にとても便利。 トレーニングの効果をより高めたい人にとって、プロテインは強い味方になってくれるでしょう。 (参考:) プロテインの種類は2つに分けられる プロテインは、生物由来のたんぱく質から生成されています。 また、どの生物から生成されたかで、大きく2種類に分けることができます。 動物性のプロテイン プロテインの中で、特に多いのが動物性のプロテインです。 ホエイプロテインとカゼインプロテインの2種類があり、どちらも牛乳から生成されています。 植物性のプロテイン 植物性プロテインは、大豆から生成されています。 一般的に「ソイプロテイン」と呼ばれているのものは、この植物性プロテインのことです。 (参考:) ホエイ・カゼイン・ソイプロテインの3種類の効果を比較 前述したように、プロテインは大きく分けて、動物性プロテインと植物性プロテインの2種類あり、さらに、ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインの3種類に分けられます。 それぞれ特徴が違うので、体質や目的、好みに合わせて選ぶといいでしょう。 ホエイプロテインの効果 数あるプロテインのなかで、もっとも有名なのがこのホエイプロテインです。 ホエイとは、牛乳たんぱく質の一種で、ヨーグルトなどの上澄みにできる液体のことです。 日本語では「乳清」と呼ばれています。 ホエイにはたんぱく質だけでなく、ミネラルや水溶性ビタミンなどが含まれているのも特徴です。 体内への吸収速度が早いのが特徴で、トレーニング直後に飲むプロテインとして最適でしょう。 また、ホエイプロテインの製法には、プロテイン以外のビタミン、ミネラルを多く残したWPC製法と、たんぱく質含有率をできるだけ高めたWPI製法の2つがあります。 後者のほうがお腹を崩しにくいなどのメリットがあるものの、価格はやや高めです。 (参考:) カゼインプロテインの効果 カゼインプロテインは、牛乳に含まれるカゼインから作られたプロテインのこと。 カゼインは、牛乳たんぱく質の80%を占める不溶性の固形成分です。 そのため、水溶性で吸収が早いのが特徴のホエイプロテインに対し、カゼインプロテインはゆっくりと身体に吸収されるという特徴があります。 腹持ちもよいため、間食や就寝時のたんぱく質補給におすすめです。 (参考:) ソイプロテインの効果 大豆のたんぱく質成分から作られたソイプロテインは、カゼインプロテインと同様に、ゆっくりと消化・吸収されます。 満腹感が持続しやすいだけでなく、大豆に含まれるイソフラボンのおかげで、肌荒れ・血流改善も期待できるのが特徴です。 ソイプロテインを健康維持や美容目的で飲んでいる人も多いようです。 プロテインの味・フレーバーの種類を紹介 最近では、フレーバーもさまざまなものが登場しているプロテイン。 ここでは代表的なメーカーのプロテインを紹介します。 ザバス 明治から発売されているザバスシリーズは、国内メーカーのプロテインの中でも特に長い歴史があります。 トップアスリート向けの「PRO」、増量・減量など、目的別にアスリートの身体づくりを支える「ATHLETE」、筋肉の成長などたくましい身体づくりを目的とした「BODY MAKE」、シェイプアップを目的とした「BODY SHAPE」の4種類が展開されています。 主なフレーバー ・バニラ ・グレープフルーツ ・バナナ ・ヨーグルト ・チョコレート ・ココア ・抹茶 ・アセロラ (参考:) DNSプロテイン 国内メーカーのプロテインの中で、明治のザバスと並んで有名なのが「DNSプロテイン」です。 ハイブランドの「SUPER FUNCTIONAL」、目的別に特化した「FUNCTIONAL」、たんぱく質以外の栄養素も付加した「BASIC」の3種類があります。 主なフレーバー ・チョコレート ・ヨーグルト ・フルーツミックス ・ストロベリー ・ビターチョコレート ・エナジードリンク風味 ・ミルク ・プレーン ・カフェオレ ・抹茶 ・レモン ・リッチバニラ ・いちごみるく ・バナナオレ ・トロピカルマンゴー BASICを中心にかなり豊富な種類が展開されています。 (参考:) be LEGEND(ビーレジェンド) プロテインメーカーとしては比較的歴史の浅い、Real Style(リアルスタイル)が販売する「be LEGEND(ビーレジェンド)」。 ホエイプロテインを中心に、幅広い種類が展開されています。 主なフレーバー ・ナチュラルフレーバー(ミルク風味) ・激うまチョコ風味 ・そんなバナナ風味(バナナオレ風味) ・ベリベリベリー風味(ぶどうジュース風味) ・すっきリンゴ風味 ・南国パイン風味 ・キャラメル珈琲風味 ・めろめろメロン風味 ・一杯飲んどコーラ風味 ・情熱のパッションフルーツ風味 ユニークなフレーバーの名称が面白いですね。 なかでも激うまチョコ風味は、他社製品と比べてすっきりと甘さがおいしいという評判も。 コスパがいいプロテインなので、さまざまなフレーバーを試せるのもメリットです。 チャンピオン 海外メーカーのプロテインとして、ポピュラーなものが「チャンピオン」です。 フレーバーは、 ・チョコレートブラウニー ・ストロベリーサンデー の2種類のみですが、国内メーカーの製品と比べて安価で購入できるので、何よりもコスパ重視の方におすすめ。 海外メーカーのプロテインは味が濃いと感じられることも多いため、人によっては推奨量よりも水を多めに入れ、味を薄めて飲むこともあるようです。 マイプロテイン チャンピオンと並び、海外メーカーのプロテインとして有名なのが「マイプロテイン」です。 2004年に誕生して以来、ヨーロッパではNo. 1のブランドとして知られています。 マイプロテインのすごさは、何と言ってもフレーバー種類の豊富さ。 その数は30種類以上と、他のプロテインメーカーを圧倒するバリエーションを誇ります。 代表的な人気フレーバー ・ミルクティー ・ナチュラルチョコレート ・ストロベリークリーム ・モカ ・ピーチティー ・抹茶ラテ ・チョコレートブラウニー ・ブルベリーチーズケーキ ・ラテ ・ティラミス フォローする パウダータイプ以外のプロテインも! プロテインは、シェイカーで水や豆乳などとまぜて飲む以外にも、さまざまな商品が発売されています。 コンビニやスーパーなど手軽に手に入るので、外出先での摂取におすすめです。 ドリンク 粉末プロテインで有名な明治のザバスなどは、同じブランドでドリンクタイプのプロテインも販売しています。 1本あたりに含まれるたんぱく質は10g前後、カロリーは80kcal前後と控えめで、後味がすっきりとしていて飲みやすいのが特徴です。 運動後だけでなく、ランチなどと一緒にたんぱく質を補給するのにもおすすめ。 ゼリー ゼリータイプの商品は、1本あたりに含まれるタンパク質量は5g前後とそこまで多くはありませんが、ビタミン、ミネラルなども同時に摂取できる製品が多く販売されています。 仕事で忙しいときや小腹を満たしたいときはもちろん、スポーツ時の手軽なエネルギー補給としても便利です。 また、森永製菓株式会社が販売する「inゼリー プロテイン15000」は、ゼリータイプでありながら、たんぱく質よりも吸収の早いたんぱく質ペプチドを15gも配合しています。 手軽にたくさんのタンパク質を摂取したい人は、こちらの製品も試してみてください。 (商品リンク:) プロテインバー プロテインバーは、サクサクとした食感と甘い味が特徴で、お菓子感覚で楽しむことができます。 食感や味はメーカーによってさまざまですが、チョコレート風味やグラノーラ味。 ドリンク、ゼリーよりもカロリーは高めですが、ダイエット期間中でも罪悪感なく食べられます。 ヨーグルト 美容・健康効果の高いヨーグルトと、たんぱく質補給に向いているプロテイン。 2つのいいところを1つにまとめたのが、「プロテインヨーグルト」です。 ヨーグルトを食べる習慣のある人なら、普通のヨーグルトをプロテインヨーグルトに置きかえるだけで、日常の食事に自然とたんぱく質をプラスすることができます。 プロテインを飲むと太る?ダイエットに効果はある? 低カロリーで高タンパク質なことから、ダイエットに向いているとされるプロテインですが、飲み方を間違えると逆に太ってしまう可能性もあります。 プロテインを飲むと太ってしまう原因として、よくあるのが次のパターンです。 ・プロテインの飲む頻度が多い ・プロテインを割る飲料のカロリーが高い ・プロテインの飲む頻度に対して、運動量が少ない これからプロテインを飲もうと考えている人は、以上の点に気をつけましょう。 さらに、プロテインと肥満の関係については、以下の記事でも詳しく紹介しています。 効果的なプロテインの飲み方 飲むタイミング プロテインで効果的に筋肉を付けたり、ダイエットしたりしたい人は、次のタイミングにプロテインを飲むといいでしょう。 (1)運動後のゴールデンタイム 冒頭でも触れたように、トレーニング後45分以内は、破壊された筋肉の回復作用が促進されるゴールデンタイムです。 このタイミングでプロテインを飲むことで、トレーニングの効果をさらに高めることができます。 (2)起床時 起きてすぐというのは身体の栄養が枯渇した状態です。 そのため、朝食はしっかり摂ってたんぱく質を補給したいところですが、時間がなくちゃんとご飯を食べられない人もいるでしょう。 おろそかになりがちな朝食にプロテインをプラスすることで、たんぱく質を素早く補給できます。 (3)就寝前 人は寝ている間、成長ホルモンが分泌されて筋肉の成長が進みます。 そこで、成長ホルモンの材料でもあるたんぱく質を補給することで、この働きを助けることができるのです。 ただし、プロテインの消化は胃に負担がかかるので、就寝60分前を目安に飲むといいでしょう。 (参考:) プロテインは日本人に不足しがちなたんぱく質を、効率的に補ってくれるプロテイン。 水に溶かして飲むだけでなく、お菓子やゼリータイプなど、種類も豊富です。 自分のライフスタイルや体質、身体づくりの目的に合わせて、プロテインの種類・味を選んでみてください。

次の

DHC プロテインダイエットの効果が3834件の本音口コミから判明!

プロテインダイエット 効果

【寝る前のプロテイン摂取について】 就寝前はなぜ効果的なのか 就寝前にプロテインを摂取するのが効果的な理由は、 成長ホルモンが影響しています。 睡眠をしている間、人間の体には多くの成長ホルモンが分泌されています。 成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、 体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。 成長ホルモンの特徴はタンパク質の吸収を促すこと。 そして、成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補ってあげると、さらにタンパク質の吸収を高めることができます。 タンパク質の吸収を高めると、筋肉量を増やすことにつながります。 タンパク質は肉や魚などの食品から摂取できる栄養素ですが、足りない場合に手軽に補えるものがプロテインです。 就寝前に肉や魚を食べるのは現実的ではないので、プロテインを活用すれば手軽に筋肉量を増やすことができますね。 寝る前何時ごろ摂取する?最適な時間について 就寝する30分~1時間前を目安としてプロテインを飲むことをおすすめします。 理由は2つあります。 寝る直前に摂取してしまうと、せっかく休もうとしている胃や腸に負担をかけてしまうことになります。 胃腸の弱い人であれば、胃痛や胃もたれの原因になることも。 ピークは就寝後30分~3時間後と言われています。 そして、プロテインは摂取してから体に吸収されるまで時間がかかります。 ですので、就寝する時間から逆算して、その30分~1時間前に飲んでおけば、 成長ホルモン分泌のピークに間に合うのです。 寝る前のプロテインって太る!?ダイエットに影響を与える? 「寝る前にプロテインを飲むと太る」「就寝前のプロテイン摂取はダイエットに逆効果」ということを耳にしたことがあるかもしれません。 これらは基本的には事実ではありません。 太るかどうかは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。 単純に言うと、1日トータルの摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太る可能性があります。 寝る前にプロテインを摂取することだけで決まるわけではありません。 ただし、せっかくプロテインを補給して体を鍛えようとしているのですから、 カロリーコントロールはとても大切です。 カロリーの消費と食事全体の摂取のバランスを万全に行った上で、寝る前にプロテインを摂取しましょう。 寝る前のプロテイン摂取はマッスルフィットプロテインがおすすめです。 素早く吸収されるホエイプロテインとゆっくり吸収されるガゼインプロテインの二つを配合しているから、就寝し始めから断続的にタンパク質を摂取でき、効率的なカラダづくりを助けます。 【朝のプロテイン摂取について】 朝はなぜ効果的なのか 朝は、 体の中から水分や栄養素などが枯渇してしまっている状態です。 筋肉を大きくする役割を持つタンパク質も同様に 欠乏しています。 その状態でプロテインを摂取すると、 効率的なからだづくりに役立つのです。 しかも、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、タンパク質を利用して体の修復を行っています。 筋肉の痛みや体の疲れが 朝起きるとなくなっているのは、成長ホルモンやタンパク質のおかげなのです。 したがってタンパク質は朝、体の中から きれいになくなってしまっているのです。 体にとって大切なタンパク質。 ぜひ毎朝補ってあげたいですね。 ただ、忙しい現代人にとって朝食にかけられる時間は少ないものです。 パンとコーヒー、シリアルだけではタンパク質はほとんど含まれていません。 肉や魚、豆腐などをしっかり摂取したいものですが、 準備する時間も食べる時間もなかなか取れないのが現実です。 プロテインはタンパク質を多量に含みながら手軽に摂取できるのでぜひ活用しましょう。 マッスルフィットプロテインプラスカフェオレ味は、プロテイン中でもホエイ+ガゼイン+大豆+EMRを併せ持ったマッスルフィットの中でも最高品質のプロテインです。 タンパク質のほか、カルシウムや鉄、タンパク質の働きに必要なビタミンB群を7種類も添加されており、忙しい朝にタンパク質以外も補える優れものです! 朝何時ごろ摂取する?最適な時間について 朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。 ただし、起床後すぐは喉を通りづらい、朝起きてすぐはつらいということもあります。 その場合は、まずは水分を摂取して体が目覚めた頃にプロテインを飲むか、あるいはぬるま湯やオレンジジュースと混ぜて さらっと飲めるよう工夫するのがおすすめです。 朝食代わりにプロテインを飲んでもいい?ダイエットになる? タンパク質のみ含まれているプロテインを摂取する場合は、フルーツやパンなどを同時に摂取する事がおすすめです。 また、あまり時間がなく朝食代わりに摂取する場合は、ビタミンがミネラルがバランスよく含まれているプロテインを摂取することが良いでしょう。 そして、プロテインの場合は余分な脂質が含まれていない事が多く、結果的に摂取カロリーを抑えることができ、 ダイエットに最適だといえます。 【まとめ】 プロテイン摂取のタイミングとして、寝る前と朝が効果的な理由をご説明しました。 この2つのタイミングで毎日プロテインを取れば、効率的に元気で健康なカラダが手に入ります。 自分にとって必要な量を適切なタイミングで摂取することが、プロテインの効果を最大限に引き出す秘訣です。

次の

プロテイン摂取のタイミングは「寝る前と朝」が効果的な理由

プロテインダイエット 効果

【寝る前のプロテイン摂取について】 就寝前はなぜ効果的なのか 就寝前にプロテインを摂取するのが効果的な理由は、 成長ホルモンが影響しています。 睡眠をしている間、人間の体には多くの成長ホルモンが分泌されています。 成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、 体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。 成長ホルモンの特徴はタンパク質の吸収を促すこと。 そして、成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補ってあげると、さらにタンパク質の吸収を高めることができます。 タンパク質の吸収を高めると、筋肉量を増やすことにつながります。 タンパク質は肉や魚などの食品から摂取できる栄養素ですが、足りない場合に手軽に補えるものがプロテインです。 就寝前に肉や魚を食べるのは現実的ではないので、プロテインを活用すれば手軽に筋肉量を増やすことができますね。 寝る前何時ごろ摂取する?最適な時間について 就寝する30分~1時間前を目安としてプロテインを飲むことをおすすめします。 理由は2つあります。 寝る直前に摂取してしまうと、せっかく休もうとしている胃や腸に負担をかけてしまうことになります。 胃腸の弱い人であれば、胃痛や胃もたれの原因になることも。 ピークは就寝後30分~3時間後と言われています。 そして、プロテインは摂取してから体に吸収されるまで時間がかかります。 ですので、就寝する時間から逆算して、その30分~1時間前に飲んでおけば、 成長ホルモン分泌のピークに間に合うのです。 寝る前のプロテインって太る!?ダイエットに影響を与える? 「寝る前にプロテインを飲むと太る」「就寝前のプロテイン摂取はダイエットに逆効果」ということを耳にしたことがあるかもしれません。 これらは基本的には事実ではありません。 太るかどうかは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。 単純に言うと、1日トータルの摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太る可能性があります。 寝る前にプロテインを摂取することだけで決まるわけではありません。 ただし、せっかくプロテインを補給して体を鍛えようとしているのですから、 カロリーコントロールはとても大切です。 カロリーの消費と食事全体の摂取のバランスを万全に行った上で、寝る前にプロテインを摂取しましょう。 寝る前のプロテイン摂取はマッスルフィットプロテインがおすすめです。 素早く吸収されるホエイプロテインとゆっくり吸収されるガゼインプロテインの二つを配合しているから、就寝し始めから断続的にタンパク質を摂取でき、効率的なカラダづくりを助けます。 【朝のプロテイン摂取について】 朝はなぜ効果的なのか 朝は、 体の中から水分や栄養素などが枯渇してしまっている状態です。 筋肉を大きくする役割を持つタンパク質も同様に 欠乏しています。 その状態でプロテインを摂取すると、 効率的なからだづくりに役立つのです。 しかも、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、タンパク質を利用して体の修復を行っています。 筋肉の痛みや体の疲れが 朝起きるとなくなっているのは、成長ホルモンやタンパク質のおかげなのです。 したがってタンパク質は朝、体の中から きれいになくなってしまっているのです。 体にとって大切なタンパク質。 ぜひ毎朝補ってあげたいですね。 ただ、忙しい現代人にとって朝食にかけられる時間は少ないものです。 パンとコーヒー、シリアルだけではタンパク質はほとんど含まれていません。 肉や魚、豆腐などをしっかり摂取したいものですが、 準備する時間も食べる時間もなかなか取れないのが現実です。 プロテインはタンパク質を多量に含みながら手軽に摂取できるのでぜひ活用しましょう。 マッスルフィットプロテインプラスカフェオレ味は、プロテイン中でもホエイ+ガゼイン+大豆+EMRを併せ持ったマッスルフィットの中でも最高品質のプロテインです。 タンパク質のほか、カルシウムや鉄、タンパク質の働きに必要なビタミンB群を7種類も添加されており、忙しい朝にタンパク質以外も補える優れものです! 朝何時ごろ摂取する?最適な時間について 朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。 ただし、起床後すぐは喉を通りづらい、朝起きてすぐはつらいということもあります。 その場合は、まずは水分を摂取して体が目覚めた頃にプロテインを飲むか、あるいはぬるま湯やオレンジジュースと混ぜて さらっと飲めるよう工夫するのがおすすめです。 朝食代わりにプロテインを飲んでもいい?ダイエットになる? タンパク質のみ含まれているプロテインを摂取する場合は、フルーツやパンなどを同時に摂取する事がおすすめです。 また、あまり時間がなく朝食代わりに摂取する場合は、ビタミンがミネラルがバランスよく含まれているプロテインを摂取することが良いでしょう。 そして、プロテインの場合は余分な脂質が含まれていない事が多く、結果的に摂取カロリーを抑えることができ、 ダイエットに最適だといえます。 【まとめ】 プロテイン摂取のタイミングとして、寝る前と朝が効果的な理由をご説明しました。 この2つのタイミングで毎日プロテインを取れば、効率的に元気で健康なカラダが手に入ります。 自分にとって必要な量を適切なタイミングで摂取することが、プロテインの効果を最大限に引き出す秘訣です。

次の